ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】

「VALORANT Champions 2023」の初陣を終えた直後のTENNN選手へインタビューを実施。FNATICの強さやチームの状態について伺いました。

e-Sports インタビュー
ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】
  • ZETA・TENNN選手「NRGはレイズパワーで勝ちたい!」…敗れるも“決めていた目標”はクリアしていたFNATIC戦【インタビュー】

アメリカ・ロサンゼルスで開催中の『VALORANT』の年間王者を決める国際大会「VALORANT Champions 2023」。そちらへ出場中の日本チーム・ZETA DIVISIONは初戦の対戦相手であるFNATICにマップスコア0-2で敗北。2大会連続優勝を飾っている同チームに強さを見せつけられました。

1stマップ:フラクチャーではFNATICがフェイドをソーヴァに変更。2ndマップ:ヘイヴンではZETAがチェンバー・キルジョイを同時採用するなど、お互いに新しいエージェント構成を見せた本試合でしたが、FNATICが完璧なセットプレイと戦術でZETAを翻弄した形になります。

そこで本稿では、初陣となったFNATIC戦を終えた直後のZETA DIVISION・TENNN選手に実施したインタビューの模様をお届けします。

■「世界一のチーム」を感じた

――まずは試合お疲れ様でした。FNATICとの対戦はどうでしたか?

TENNN:強すぎましたね。やっぱり「世界一のチーム」って感じがしました。

――フラクチャーではFNATICがソーヴァをピックしていましたね。

TENNN:以前にFNATICが使っていたのはフェイドでした。役割自体はそこまで変わらないので味変かなと思っています。想定はしてなかったですね。

――リコンが普段では見られないような場所に飛んできていましたね。

TENNN:そうですね(笑)

――FNATICへ対する対策はどんなものを用意されていましたか?

TENNN:FNATICはワンピック取った人数有利のときの対応が上手いので、場所をホールドして詰めてくるところを狩られるような動きには、特に注意しようと思っていました。

――FNATICの強さはどんなところにありましたか?

TENNN:全員が強いんですよ。でも今日はAlfajer選手がズバ抜けて強かったです。あとスキル合わせがめちゃくちゃ上手くて崩されましたね。

――逆に、想定よりも上手くいったところはありますか?

TENNN:「2マップあわせてとりあえず10本は取ろう」という話はしていたので、一応ミッションは達成してます。

■次戦の相手・NRGへの印象は?

――なるほど。目標は達成しているんですね。ところで、ひとつ前に行われていた同じCグループのNRGとBLG(Bilibili Gaming)の試合に関して。BLGが勝つことは想像していましたか?

TENNN:うーん……まぁ、ほぼNRGかなとは思ってましたね。

――次の対戦相手となるNRGへの印象はいかがですか?

TENNN:僕たちの構成は、試合の中で対応するのが難しいところがあると思います。そのままゴリ押しで、レイズパワーで潰したいと思います!

――LAと日本では時差が16時間もあります。時差ボケなどは大丈夫ですか?

TENNN:大会当日は大丈夫でした。でもこっちに着いたばかりの練習時は大変でしたね。

――実は私もかなり苦労してるんですが…、どうやって治していますか?

TENNN:とにかく起きることですね。僕は配信などをして、起きていなきゃいけない状況を作っています。

――なるほど...…やっぱり起きていることなんですね。では最後にNRG戦への意気込みをお願いします。

TENNN:約1年半ぶりの試合相手ですが、今回こそは勝ちたいと思っています!

――ありがとうございました。NRG戦も楽しみにしています!


敗北後のインタビューではありましたが、TENNN選手自身からは「次勝とう」という前向きな姿勢が垣間見えました。世界王者FNATICとの対戦で糧となったものは多く、次戦にも期待がかかります。

NRGとの対戦は8月12日午前7時(日本時間)から開幕です。負ければ敗退の大事な一戦。「#ZETAWIN」で惜しみない声援を送りましょう!

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  4. ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】

  5. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  6. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  7. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  8. 差別的発言で問題となった『VALORANT』プロゲーマー2名、正式処分が決定―TenTenは4試合の出場停止、かたやfl1pzjderには警告文のみ

  9. 新ヘッドコーチCarlaoに訊く新生ZETA DIVISION―ACADEMY組のパフォーマンスは“期待をはるかに超えた”【インタビュー】

  10. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

アクセスランキングをもっと見る

page top