ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】

「ZETA DIVISION」Laz選手がIGLを担うに至ったきっかけ。そして、まだまだ油断のならないリーグの行方について。朗らかな空気感の中で話してもらいました。

e-Sports インタビュー
ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】
  • ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】

『VALORANT』のインターナショナルリーグ「VALORANT Champions Tour 2023: Pacific League」のWeek6。フィリピンチーム「Team Secret(以下、TS)」にマップスコア2-1で勝利を収めた日本チーム「ZETA DIVISION(以下、ZETA)」は現在、4勝2敗という戦績で“リーグ総合5位”というポジションに着いています。

今年6月に日本で開催される「Masters Tokyo」に繋がるプレイオフへ進めるのは上位6チーム。現時点で圏内には入れているものの、まだ世界トップチームとの3試合を残しており、なおも険しい道のりが続きます。

そんななか、今回はcrow選手に続いてチームのキャプテンである「Laz」選手にインタビューを敢行。あわや“1vs5のクラッチACE”という場面も見られた「TS戦」の振り返り、そしてチームの成長について話してもらった様子をお届けしましょう。


◆IGLをやる以上はしっかりやるし、通用すると信じている

――まずは勝利おめでとうございます!今回の対戦相手「TS」の印象はいかがですか?

Laz:昔からよく見る選手がいっぱいいて、戦い方もすごくユニークでアドリブの効いた良いチームだなと感じましたね。

――今日は「ZETAの庭」とも言われている「スプリット」を、配信試合では久しぶりにプレイされていましたね。

Laz:久しぶりに大会でプレイできて良かったです。メタもかなり変わっていて、僕らが1年前にやっていた構成が完全に主流になっているので、またここから上手くなっていく必要はあるなと思っています。

――Laz選手は「VCT PACIFIC 2023」が始まってからIGLを担うことになったとのことですが、そのきっかけについて教えてください。

Laz:IGLがいるチームといないチームとでは、結構な差があると去年から思っていたんです。特に「Masters Reykjavik」のOpTic Gaming戦でFNS選手のIGLを体感してからは、ずっと壁を感じていましたが、「VCT 2022 Stage2」では調整の時間がなく、以前の体制のまま戦わざるを得ませんでした。

「2022 VCT Champions」では、僕のチェンバーでゴリゴリ戦いに行くような形を採用し、僕が喋れなくなる分をcrowに負担してもらっていたんですが、あまり上手くはいきませんでした。そして「LOCK//IN」では、普段すごく頭が回るSugarZ3roならできるんじゃないかと、彼の経験にもなるのでやってもらい、そうして「やっぱりガッツリ担当する人間が必要だ」とチームで話し合うことになったんです。「だったら、もう俺しかない」という経緯ですね。

Laz:僕自身がIGLに向いているとは考えていませんが、やる以上はしっかりやるし通用もすると思っています。そんな新しい体制のなか、みんなやりづらい場面もいっぱいあると思うんですが、それでもついて来てくれて、ちゃんと強い形になってきているのがすごく嬉しいですね。チームが強くなっていくのを見て取れるのはすごく嬉しいです。

――IGLという役割に適したロールを、Laz選手は選択している形ですかね?

Laz:そうですね。例えばセンチネルをやりながらのIGLはかなり厳しいです。センチネルは本隊と合流せず、ひとりで動いていることも多いので、本隊で何が起きているのかを自分の目で見れません。そして、ソロプレイで撃ち負けてしまっても終わりです。ソロプレイの撃ち合いに集中しながら、本隊の状況がわからないまま指示を出す……これは無理です。

なのでイニシエーターで本体と合流しつつ、先頭の撃ち合いはDepなどに頼んで、僕はずっと考えながらスパイクプラントまで行き、その後はすべてほったらかして「撃ち合いだ!」といった感じですかね。

――IGLを担うようになってから、撃ち合いなどのパフォーマンスは下がってしまったと思っていたのですが、最近はみるみる改善していますよね。特に3rdマップ:フラクチャーでは大活躍でした。第11ラウンド目ではあと一歩で1vs5のクラッチACEでしたが、あの場面の心境はいかがでしたか?

Laz:いやー惜しかったなと思います(笑)。IGLを担ってから撃ち合い時の感覚が以前とまったく違って、どこか雲の上にいるような状態が続いているんですが、その状態でも何とかやれるようにしなければと試行錯誤した結果、弾が当たるようになってきていますね。

――とはいえLaz選手は「クラッチキング」と呼ばれるほど少人数戦に強い印象があります。その強さの理由はどんなところにあると思いますか?

Laz:個人的には、2vs2や3vs3に関してはcrowの方が上手いと思っています。自分がやりたいことと、味方の位置からできそうなことを加味してアイデアを出すのが僕より上手いんですよね。僕はやりたいことがあった場合、これから自分がどうするのかをはっきり周囲に伝えて、それができそうであれば連携をとってラウンドを終わらせる。つまり、どうシナリオを伝えるかがカギになっています。

1vs〇のシチュエーションになった場合は、昔からソロプレイが好きだったこともあって、これまでの経験と知識を活かして一人ずつ薙ぎ倒していく感じですね。個人的には1vs〇の方が得意です。

――ともあれ、これでZETAは4勝2敗となりました。まだ2位も目指せるポジションかと思います。

Laz:引き続きボスラッシュ……PRXなどトップレベルのチームとの試合が続くので、厳しい戦いになると思います。ただチームの状態は良く、実力もついてきているので良い試合ができるんじゃないかなと楽しみにしています。

2位抜けに関しては、先週のTLN戦の敗北が痛すぎてあまり考えていません。もちろん狙えたらとは思いますが、他のチームの勝敗次第になりそうです。

◆Laz選手は感情が豊かになった?

――最近、試合中のLaz選手の表情が豊かになったと感じでいます。感情を無くしたcrow選手の分を、Laz選手が吸収しているんじゃないかとも言われたりしていて、その理由について教えていただけますか?

Laz:みんながやりやすい雰囲気にしたいというのは常々思っています。僕は放っておくと顔の表情が無くなりがちなので、気を付けていますね(笑)。やっぱり他の選手を見たときに、楽しそうだとこっちも楽しくなりますよね。以前よりソロプレイに集中しなくなった分が表情に出てきているのかもしれません。

――それと今回、crow選手が体調不良でした。チームの中で代わりにbarce選手が出場するみたいなことは話し合われましたか?

Laz:プレイできないくらいに体調が悪ければ頼んでいたかと思いますが、crowも「試合には出れる」「大丈夫」と言っていたので、このまま頑張ろうといった形になりました。

――最後に応援しているファンへメッセージをよろしくお願いします。

Laz:まずは、いつも応援ありがとうございます。まだまだボスラッシュが続き、激闘に次ぐ激闘になると思うので、これからも応援をしていただけると嬉しいです。チームも週を追うごとに強くなっていて、どのくらい強くなれるのか僕も楽しみにしているくらいなので、その成長具合にも期待していてください。先週のTLN戦は、みんな疲れちゃってダメでした(笑)


試合中に限らず、本インタビュー中も朗らかな雰囲気で受け答えをしてくれたLaz選手。待ち受けるボスラッシュにも物怖じせず、自身もチームの進化を楽しんでいる様子が印象的でした。

「ZETA DIVISION」は5月6日に行われる次戦にて「PRX」と戦います。世界大会「MastersTokyo」へ続くプレイオフ進出が盤石となる一勝へ、アツい期待を寄せましょう。

《HR7》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

    Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  4. 『スマブラ』コミュニティ大会「篝火」スタッフが除名処分―人気選手のアンケート回答を漏洩し誹謗中傷する

  5. 「AIにゲームを実況・解説させる」動画が話題に…しかし海外eスポーツキャスターたちは否定的、「よく言えば模倣、悪く言えば窃盗」と痛烈な批判も

  6. 撃ち合いが強く、裏画面にも行かない“yueさん”が話題―『VALORANT』選手とキャスターの名前が奇妙なつながりで話題を呼ぶ

  7. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  8. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  9. 「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

  10. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

アクセスランキングをもっと見る

page top