「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】

「Masters TOKYO」に挑むPaper Rex(PRX)のf0rsakeN選手へ、something(smth)選手が不在の中でどのように試合に挑んでいるのか話を伺いました。

e-Sports インタビュー
「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】
  • 「ロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はある」―something選手不在のPRX、気になるチーム状況をf0rsakeN選手に直撃【インタビュー】

世界各地域から12チームが集まる『VALORANT』の世界大会「VCT2023 Masters TOKYO」。そのDAY6にて、Pacific1位「Paper Rex(PRX)」がPacific2位の「DRX」と対戦しました。本試合、特に話題を集めたのは、今年3月に加入してPacific MVPにも輝いた「something」選手がビザ問題により出場できなかったことでしょう。



そんななかでPRXは1stマップ:スプリットでf0rsakeN選手がジェットを起用して13-10で勝利、続く2ndマップ:バインドでは以前のレイナ構成からゲッコー構成へと変更を行い、13-10で勝利します。そこで今回は試合直後に「f0rsakeN」選手へ、something選手が不在の中でどのように試合に挑んだのか話を伺いました。

◆smthは合流できるかもしれないけど、相当遅くなる

――試合お疲れ様でした。本日の試合を振り返っていかがでしたか?

f0rsakeN:全体的にはよかったね。2-0できたし。正直、CigaretteS(Cgrs)入りで勝てたのが信じられないんだけどね。

――something選手がいないこともあり、以前使用していたジェットを1stマップでは使用していましたが久しぶりのジェットはどうでしたか?

f0rsakeN:違うロールに慣れるのは簡単じゃないけど、自信はあるし苦じゃなかったよ。

――2ndマップ:バインドの第11ラウンドでは味方のd4v41選手から不意に撃たれていましたね(笑)

f0rsakeN:びっくりしたよ、敵に撃たれたかと思ったからね(笑)。でも試合を楽しめてよかったよ。

――現在、something選手がビザ問題で来日できていませんが、今大会中に合流できそうですか?

f0rsakeN:合流できるかもしれないけど、相当遅くなるだろうね。Alecksのほうが状況を把握していると思うよ。

――同選手が来日できないことが判明して数週間経ちましたが、その間の練習は上手くいきましたか?

f0rsakeN:今のところうまくいっているよ。たくさんのチームと対戦して、勝ったり負けたりさ。

◆チームのIGLは誰が担っている?

――IGLを担当していたBenkai選手がベンチ入りしたことで、誰がIGLを担っているのか気になっています。先ほどのプレスカンファレンスではCgrs選手とおっしゃっていましたが……。

f0rsakeN:あれは嘘(笑)。今のPRXはみんながIGLで、固定のIGLはおらず、みんながコールしているんだ。マップによるけど、戦術は僕が決めることが多いね。

――話は変わりますが、「forsaken」というとゲームタイトルから元プロ選手の名前と様々です。名前の由来はなんですか?

f0rsakeN:実を言うと名前を考えたのは僕の友達なんだ。僕が子供の頃、名前が考え付かなくてつけてもらった名前さ。

――本日の試合、会場は大盛り上がりでした。日本のファンの反応はいかがですか?

f0rsakeN:日本の観客はいつも盛り上がってくれるね。いつもたくさんの人が両チームを応援してくれているし、楽しんでくれている。


「VCT2023 Masters TOKYO」もついにPLAYOFFSが開幕。6月19日(月)に行われる次戦の相手は、EMEA2位の「FNATIC」です。something選手が不在のなかで、どこまで勝ち上がることができるのか、また同選手の合流は間に合うのか、引き続き注目が集まります。

《HR7》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  4. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  5. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  6. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  7. 『Apex Legends』国内最強IGLは誰だ!トッププロが争う「IGL MASTERS」が開催決定

  8. 東アジアLCQ優勝は中国代表「EDward Gaming」ー中国チームが国際大会「Champions」への切符を勝ち取る

  9. マクロとミクロが強いのはどっちだ!加藤純一率いるムラッシュゲーミングとSengoku Gamingの公開スクリムが決定!実況解説まで用意される豪華っぷり

  10. 『LoL』Worlds 2023が開幕…日本代表DFMの初戦は10月11日(水)16時よりスタート!

アクセスランキングをもっと見る

page top