パリSGやバルセロナにスポンサードするギャンブル関連企業「1XBet」が蘭で破産―eスポーツチームへの影響も懸念

過去には「1x Series」と題されたトーナメントも開催されていました。

e-Sports ニュース
パリSGやバルセロナにスポンサードするギャンブル関連企業「1XBet」が蘭で破産―eスポーツチームへの影響も懸念
  • パリSGやバルセロナにスポンサードするギャンブル関連企業「1XBet」が蘭で破産―eスポーツチームへの影響も懸念
  • パリSGやバルセロナにスポンサードするギャンブル関連企業「1XBet」が蘭で破産―eスポーツチームへの影響も懸念

オンラインギャンブル企業「1XBet」は、オランダの最高裁判所にて正式に破産を宣言されました。同社は複数のeスポーツチームのスポンサーとしてユニフォームなどにも名を連ねており、影響が懸念されます。

1XBetはオンラインでの賭博を提供するサービス(いわゆる“ブックメーカー”として)勢力を拡大した企業です。ところが、一部のプレイヤーに賞金が正常に支払われず、問い合わせにも対応がないとして、発祥の地であるロシアで提訴されたほか、ロシア連邦税務局のブラックリストにも記されているなど悪名高い過去を持っています。ロシアなどでは営業停止となっているものの、現在でも複数の国で営業が続けられています。

近年ではeスポーツ業界でもその存在感を示しており「1x Series」と題された『Dota2』や『CS:GO』のトーナメントも開催されました。また、著名サッカーチーム「FCバルセロナ」や「パリ・サンジェルマンFC」のほか、複数のeスポーツチームのスポンサーでもあるのです。なかでも「Team Spirit」のユニフォームには、胸元に大きく1XBetのロゴが見て取れます。「TundraEsports」や「OG esports」なども、ツイッターアカウントのヘッダーにそのロゴが載っています。

1XBetがチームに対しどの程度のスポンサー料を支払っているかは不明ですが、それが主要な収入源であった場合、チーム運営に大きくない影響を与えるでしょう。

関連する話題として、仮想通貨取引所「FTX」がスポンサー・ネーミングライツを取得していたチーム「TSM」も、FTXの倒産によって経営が不安視され、TSMが経営に問題がないことを告知していました。


《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  2. CRやFENNELなど強豪チームが激突!『VALORANT』国内大会「VCJ Split 1 Main Stage」が1月28日から放送開始

    CRやFENNELなど強豪チームが激突!『VALORANT』国内大会「VCJ Split 1 Main Stage」が1月28日から放送開始

  3. 元『フォトナ』プロ「まうふぃん」選手が『VALORANT』への移行を表明!RiddleからNORTHEPTIONへ期限付き移籍

    元『フォトナ』プロ「まうふぃん」選手が『VALORANT』への移行を表明!RiddleからNORTHEPTIONへ期限付き移籍

  4. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  5. ALGS:APAC Northスプリット1優勝は「Crazy Raccoon」―13チームがマッチポイントを獲得する長丁場を制し、Ras選手も思わず「キモチイー!」

  6. 『Apex Legends』国内最強IGLは誰だ!トッププロが争う「IGL MASTERS」が開催決定

  7. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  8. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  9. 大会参加中に「Discord」を通じて助言を受ける…『シャドウバース』公認大会での不正行為に計12名が厳重処分

  10. 「ムラッシュゲーミング」合否発表が行われる―本格始動は『VALORANT』と『スマブラ』で、大人の事情”により『ポケモン』部門は合格者なし

アクセスランキングをもっと見る

page top