CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

現時点ではトライアウトを受けただけですが、競技シーンへの復帰に前向きであると示しています。

e-Sports ニュース
CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる
  • CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる
  • CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」のストリーマー部門に所属する「Seoldam(ソルダム)」さんが、『VALORANT』の競技シーンに復帰する意向を持っていると、海外のジャーナリストが報じています。

シンガポールのプロゲーミングチーム「Bleed eSports」のアナリストであり、『VALORANT』を扱う海外メディア「Run It Back」の記者であるOminous氏は、自身のツイッターで、Seoldamさんがインターナショナルリーグに出場するチームのトライアウトを受けたと投稿しています。2023年、『VALORANT』の競技シーンに新設されるリーグである「インターナショナルリーグ」では、現在ロースターの再編を行うチームが多くみられ、その中で競技シーンに復帰しようという構えです。

Seoldamさんは2021年のVCTでは日本チーム「NORTHEPTION」のメンバーとして活躍を見せ、特に「APAC Last Chance Qualifier」では、「Champions」出場まであと一歩というところまで勝ち進みました。

2022年3月には“一旦プロは休憩”と話し、「Crazy Raccoon」のストリーマーとして再出発しました。『VALORANT』や『Apex Legends』などのFPSを中心にストリーマーとして活動し、人気を高めています。現段階ではトライアウトを受けただけであり、加入などの具体的な復帰は報じられていないものの、「NORTHEPTION」時代に見せたスーパープレイを、もう一度世界の場で見たいというファンの思いは強いでしょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『VALORANT』DFMのReita選手、韓国の理髪店でとんでもない髪型にされてしまう

    『VALORANT』DFMのReita選手、韓国の理髪店でとんでもない髪型にされてしまう

  2. 『VALORANT』yay選手「今までで一番落ち込んでいる」チームは予選リーグで全敗―給与は慈善団体に寄付

    『VALORANT』yay選手「今までで一番落ち込んでいる」チームは予選リーグで全敗―給与は慈善団体に寄付

  3. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  4. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  5. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  6. 差別的発言で問題となった『VALORANT』プロゲーマー2名、正式処分が決定―TenTenは4試合の出場停止、かたやfl1pzjderには警告文のみ

  7. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  8. 『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

  9. 『Apex Legends』人気ストリーマー「NIRU」が競技シーンに参戦…「最後の挑戦」としてSplit 2予選から参入

  10. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

アクセスランキングをもっと見る

page top