eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず

コラボアイテムにはパーカーやTシャツ、マウスパッドなどがラインナップ。現時点ではNA限定販売となっています。

e-Sports ニュース
eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず
  • eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず
  • eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず
  • eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず
  • eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず
  • eスポーツチーム「TSM」が「ヒロアカ」とコラボ!アパレルやキーキャップを発売―ただし日本からは買えず

アメリカを拠点に活動するプロゲーミングチーム「TSM FTX」は、週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「僕のヒーローアカデミア」とのコラボグッズを、公式オンラインストアにて発売しました。

「TSM FTX」は、『Apex Legends』や『レインボーシックス シージ』などの競技シーンで活躍を見せるだけでなく、ストリーマー部門にVTuberの渋谷ハルさんが加入するなど、日本からの人気も高いプロゲーミングチームです。

今回のコラボグッズラインナップには、パーカー(11,400円)や、Tシャツ(5,400円~)といったアパレルグッズだけでなく、キーボードに付け替えて楽しむキーキャップセット(4,600円)やマウスパッド(5,400円~)など、ゲームライフでも実用性のある商品が並んでいます。

MY HERO TEE - TEAL STORM(TSM公式ストアより)
MHA KEYCAPS(TSM公式ストアより)

日本円も表示されているため購入できるかと思いきや、それぞれの商品ページには「NA限定の販売です」との記載があり、残念ながら日本からは購入できない模様。

TSMの日本向けアカウントは、コラボ発表時には10月18日に登場を示唆していたものの、本稿執筆段階ではグッズ販売に関する日本国内向けアナウンスはありません。

10月初旬、告知時のツイート



《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. 「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

    「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

  4. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  5. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

  6. 老舗EスポーツチームFNATIC『APEX』部門が始動!チームBKGKのロースターが加入、日本の国旗を背負う

  7. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  8. 「来年は納得のいく結果を」CR・nethに訊く、インターナショナルリーグへの想いと、makibaへの印象やrion脱退について【インタビュー】

  9. 『VALORANT』アグレッシブな「PRX」はどうやって作られるのか―台パン発動条件やJingggの兵役、smthの評価など気になることをalecksコーチに全部訊いてみた【インタビュー】

  10. 2023年最も視聴されたeスポーツ大会は『リーグ・オブ・レジェンド』Worlds2023…2位以降は日本ではあまり知られていないゲームがランキングを席巻

アクセスランキングをもっと見る

page top