『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う

ライアットゲームズは選出チームとのあいだに長期的なパートナーシップを締結することも発表し、独自のインゲームコンテンツ・プロダクトのコラボレーション機会が設けられるとのこと。

e-Sports ニュース
『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う
  • 『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う
  • 『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う
  • 『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う
  • 『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う
  • 『VALORANT』VCT2023は大きく変化ー「Challengers」はリーグへと生まれ変わり、APACは10地域でインターナショナルリーグへの昇格を争う

ライアットゲームズは、タクティカルシューター『VALORANT』の2023年における競技シーン「VALORANT Champions Tour 2023」に関する最新情報を発表しました。主な内容としては、3つの地域(南北アメリカ・EMEA・APAC)で行われる「インターナショナルリーグ」の新設と、そこへの登竜門となる「Ascensionトーナメント」の開催。そして従来の「Challengers」の地域が拡大されます。

「Challengers」は固定されたチームが戦うリーグへ

まず、新たな「Challengers」として、全世界21地域に拡大して開催することが決定しました。参加希望チームはまずオープン予選を戦い、勝ち上がった上位チームがハイレベルなチーム競技環境である「Challengersリーグ」に参加します。

この「Challengersリーグ」のレギュラーシーズンは複数週開催され、2スプリット制を採用。スプリットの終わりには、リーグ王者を決めるプレイオフが開催されるほか、大規模な「Challengersリーグ」については、インターナショナルリーグの試合と配信時間が重ならないように配慮されるとのこと。

これを文字通り受け取ると、これまで実質的にオープン大会であった日本の「Challengers」は、その前行われるオープン予選を勝ち上がったうえで行われる、固定されたチームが戦うリーグへと生まれ変わるようです。

「インターナショナルリーグ」と、その登竜門「Ascension」

2023年より、新イベントシリーズ「Ascension」が登場します。これはそれぞれの広域地域で最強王者を決定する戦い。具体的な形式は発表されていませんが、前述の「Challengersリーグ」を勝ち上がったチームが各地域内で争う「Challengers Ascensionトーナメント」が、3つの地域(南北アメリカ・EMEA・APAC)で行われます。

そして、「Challengers Ascensionトーナメント」を優勝したチームは、「インターナショナルリーグ」へ、2年間昇格(参加)する権利が与えられます。昇格チームは、その後のVCTシーズンで「インターナショナルリーグ」と戦い、同条件でMasters/Championsなどのグローバルイベント出場を目指すことができます。なお、昇格チームは2年後に元のリーグへもどり、再び「Challengersリーグ」「Challengers Ascensionトーナメント」を通じて、再昇格を目指すことになります。

2023年は10チームで行われる「インターナショナルリーグ」ですが、出場枠は徐々に増え、画像の通り最大14チームに達するとのこと。

これまでの日本チームは「Challengers」で各Stageを優勝することでMastersへ出場できていましたが、それが変化するということです。

今回のリーグ調整により、1から日本チームが「Masters」を目指すためには、まず「Challengersリーグ」へのオープン予選を勝ち抜き、日本の「Challengersリーグ」へ参加する必要があります。そのうえで上位成績を残し、APACの10地域がしのぎを削る「Challengers Ascensionトーナメント」で優勝し、「インターナショナルリーグ」への参加権を得て、その次のシーズンで「インターナショナルリーグ」で勝ち抜くことでようやく出場が叶う……というように解釈できます。このほかにも「Masters」や「Champions」への道があるかは、現在リーグ運営に問い合わせ(※1)を行っているところです。

(※1)2022年8月18日21時30分に「インターナショナルリーグに上がらないとグローバルトーナメントの機会がない」との回答を得られました。

各地域のオープン予選、「Challengers」イベント、「Challengers Ascensionトーナメント」の具体的な情報については、今秋後半の発表されるとのこと。また、インターナショナルリーグ、グローバルイベント、パートナーチームについても今後数週間のうちに発表を予定されています。

また、「Championsを目指す旅はVALORANT内から直接始められるべき」という考えのもと、『VALORANT』のゲーム内コンペティティブシステムを開発中。2024年には、ゲーム内で勝ち上がったプレイヤーが、「Challengers」出場へのチャンスを得るとし、『VALORANT』とVCTがシームレスに繋がり、「Challengersリーグ」の下位チームがオンライン出身のスーパースターたちを相手に防衛戦を繰り広げることになります。このシステムに関する詳細は、年末までに情報公開していくとのこと。

プロチームのスキン、来るか?

最後に、ライアットゲームズは「選出チームと長期的なパートナーシップを締結し、継続的・長期的にeスポーツタイトルを運営していくうえで、安定性を確立していきます。このパートナーシップには参入初期費用を含め、参加費用を求めないとし、2022年を通じて、各チームとの締結申請プロセスを進めていきます。また、選出条件を満たすチームには1年単位の経済的支援を実施するだけでなく、独自の限定インゲームコンテンツ・プロダクトのコラボレーション機会を提供していきます」と発信しています。

これはつまり、ライアットゲームズと長期的パートナーシップを結ぶことができるチームのインゲームアイテム、武器スキンやカードなどが登場することを示しています。どのようなアイテムが登場するのか、期待に胸が膨らみますね。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』ALGSで“バンガロール”が注目を浴びる―その理由はパッドのエイムアシストへのカウンター?

    『Apex Legends』ALGSで“バンガロール”が注目を浴びる―その理由はパッドのエイムアシストへのカウンター?

  2. 『LoL』レジェンドプレイヤー“Faker”が「T1」との3年の契約延長を発表

    『LoL』レジェンドプレイヤー“Faker”が「T1」との3年の契約延長を発表

  3. Ras選手「dr1p選手とは、性格的に一緒にプレイするのは難しい」-ALGSに出場中の人気チーム「Crazy Raccoon」がロースター変更へ

    Ras選手「dr1p選手とは、性格的に一緒にプレイするのは難しい」-ALGSに出場中の人気チーム「Crazy Raccoon」がロースター変更へ

  4. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  5. 3年目に突入する“ALGS”が10月8日から開幕―『Apex Legends』プロリーグへの出場をかけた戦いが始まる

  6. RIDDLE456から『Apex Legends』L1ngが加入―naohiro21が外れてストリーマー・リザーブへ

  7. 8月に来日を控えるチーム「Torrent」のEuriece(ユリース)さん、ストリーマーへの転向を発表

  8. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  9. 『Apex Legends』CR「カワセ」&ZETA「すでたき」&DTN「むかい」によるチーム「むかわきん」がボーダーギリギリで“ALGS APAC-N”出場決定― プロリーグ出場チームが出揃う

  10. 『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー

アクセスランキングをもっと見る

page top