本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた

ご本人に負けず劣らずの怪文書です。心して読んでください。

コミュニティ クリエイターニュース
本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた
  • 本人直伝!“サロメ構文のススメ”が公開ー現役ライターが壱百満天原サロメの文章を真面目に紐解いてみた

『バイオハザード』シリーズの実況配信や、「わたくし」「ですわ~」など、やたら耳に残るお嬢様口調で一世を風靡するバーチャルライバー「壱百満天原サロメ」さん。その特徴のひとつである、顔文字を多用した“サロメ構文”を解説する“サロメ構文のススメ”が、同氏のTwitterで公開されています。

画像では「皆さん 24時から配信に是非来てください」という内容を、サロメ構文として再構成する実践形式で解説が行われています。そしてポイントとして挙げられているのが、絵文字の多用することや、話したいことや脈略のない文章を好きに書くこと。そこで本稿では、現役ライターである筆者がこのサロメ構文を詳しく紐解いていきましょう。

内容を伝える一段落目

壱百満天原サロメさんツイッターより引用、編集部にて加工

まず言えるのは、一段落目で最も伝えたい内容を簡潔に記しているのが特徴的です。そして「24時」という最も重要である時刻を強調しており、「配信」というワードをサロメイト(壱百満天原サロメさんのファンの総称)が実際に使用するPCやスマートフォンで強調表現することで、共感性の高いものになっています。お決まりの100点満点の絵文字やキラキラしたハートの絵文字もふんだんに使うことで、それらの強調絵文字が不自然にならない整合性が取れた内容になっているのも見事です。

怪文書、二段落目

壱百満天原サロメさんツイッターより引用、編集部にて加工

二段落目以降は、一見すると怪文書のようですが、これもサロメ構文の欠かせないポイントであり、そのときの「話したいこと」と「脈略のないこと」を書くことで、独特の世界観が作り上げられています。サロメさんが「今起きていること」や「明日朝早い」ことなど、その突拍子もない内容は事実、配信とあまり関係がないことであり、「今配信の告知をしてるんだから、そりゃ起きてるだろ!」とツッコみたく気持ちもあるのですが、次の段落に目をやると“重要なキー”が隠されていることに気づきます。

思考とろける

壱百満天原サロメさんツイッターより引用、編集部にて加工

筆者が重要と捉える三段落目には、早くゲームがしたい旨とサロメイトを気遣うような一言が含まれています。これらのワードによって、「早くゲームがしたい」=「早くみんなとの配信を楽しみたい」といった構図が成り立つことをサロメイトへ気づかせると同時に、サロメさんが我々サロメイトのことを気遣ってくれているという事実が、思考を溶かすような“文章の終着点”となるのです。

まとめると、一段落目で確実に内容を伝えることで、配信の告知としての機能をしっかりと果たしつつ、二段落目でサロメさん独自の世界観を演出、最後の三段落目では、サロメイトの思考をドロドロに溶かし、サロメさんの世界観に釘付けにするという……とても機能的であり、理にかなった文章と言えるでしょう。

言葉を選ばずに述べると、サロメさんの絵文字を多用した文章は、筆者としてはやや苦手なものでした。ところが、実際にひとつひとつ紐解いていくと、そこには確実に意味と機能があり、文章として成立していることに驚かされたのです。昔と今では常用している言葉や文体が異なるようにサロメ構文もまた、新しい文章の様式のひとつといえるのかもしれません。歳を重ねても、まだまだ学ぶことは多いものです。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

コミュニティ アクセスランキング

  1. 『VALORANT』で“ペンタブ”を使ってほぼ最高ランクまで上げる海外ストリーマー誕生…『osu!』ができるならFPSもできる

    『VALORANT』で“ペンタブ”を使ってほぼ最高ランクまで上げる海外ストリーマー誕生…『osu!』ができるならFPSもできる

  2. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  3. 今年の『GTAV』トップストリーマー“世界”ランキングにファン太・らっだぁ・叶・釈迦が入る…VCRGTAやストグラなど人気企画が牽引

    今年の『GTAV』トップストリーマー“世界”ランキングにファン太・らっだぁ・叶・釈迦が入る…VCRGTAやストグラなど人気企画が牽引

  4. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  5. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  6. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

  7. 釈迦・加藤純一・葛葉が2023年に最も多く視聴された日本ストリーマートップ3に…釈迦はアジアでも2位、総配信時間は約3,500時間にも及ぶ

  8. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

  9. 『Apex Legends』ストリーマー「ゆふな」が“味方を見捨てた”プレイで謝罪―生き残るゲームでただ生き残る

  10. 【2023年7月~9月】最も“伸びた”ストリーマーランキングにまんさや・ファン太・叶など「スト鯖GTA」参加者が名を連ねる…イベントで人気の天鬼ぷるるも

アクセスランキングをもっと見る

page top