“全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白

チームは彼にとって「2番目の家族」

e-Sports ニュース
“全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白
  • “全てを終わらせること”まで考えていた―『VALORANT』プロゲーマーがうつ病を告白

プロゲーミングチーム「Team Vitality」の『VALORANT』部門に所属するTwisten選手が、文書投稿サービス「TwitLonger」を通じ、自身がうつ病に悩まされていたことを告白しています。

Twisten選手はデュエリストとして活躍する19歳の若きプレイヤー。昨年11月に「Team Vitality」に加入しました。現在ブラジル・サンパウロで開催中の「VCT LOCK//IN」にも出場。初戦を突破するも、第2戦では強豪チーム「Leviatán」にマップスコア0-2で敗北を喫し、大会からの敗退が決定しました。

投稿された文書では、まずTwisten選手がLeviatán戦後の記者会見を欠席した理由を説明しています。大敗を喫した直後では「新鮮な空気が必要だった」とし、怒りや無謀な行動からではないと釈明しつつ、Leviatánはより良いプレイをしていたと賛辞を送りました。

続けて、彼が抑うつ状態にあったことを告白しています。

昨年12月に行われたコミュニティ大会「Red Bull Home Ground」を終えた後、彼はクリスマス休暇のために一度故郷チェコに帰国しました。そして、2年間戦ってきたうつ病が急速にエスカレートし、自傷行為におよび“全てを終わらせること”まで考えていました。彼は父親に救われ、数日の間医療施設に入院したとのこと。この時のことを「人として、プロアスリートとして最も辛い時期であった」と振り返っています。

また、彼にとってチームは2番目の家族であると述べ、自傷行為の跡を隠す必要なく快適なプレイ環境を整えてくれたチームスタッフとメンバーにたくさんの言葉を使って感謝を示しています。

文書の最後では、チームと支えてくれた全ての人々のために戦う覚悟を見せ、チームの応援ハッシュタグ「#VforVictory」で締めくくっています。

Twisten選手とTeam Vitalityが挑むインターナショナルリーグは、3月に開幕予定です。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  2. 『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

    『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

  3. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  4. 差別的発言で問題となった『VALORANT』プロゲーマー2名、正式処分が決定―TenTenは4試合の出場停止、かたやfl1pzjderには警告文のみ

  5. サプライズで会場を沸かせた“SUYGETSU”曰く「Lazは人間的に良い人」…プレゼントの裏側や好きなアニメトップ5も訊いてみる【インタビュー】

  6. 『VALORANT』yay選手「今までで一番落ち込んでいる」チームは予選リーグで全敗―給与は慈善団体に寄付

  7. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  8. 新ヘッドコーチCarlaoに訊く新生ZETA DIVISION―ACADEMY組のパフォーマンスは“期待をはるかに超えた”【インタビュー】

  9. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  10. NaVi・SUYGETSU「ヴァンダルはスプーンみたいなもの、意識してることはない」...VALORANT Champions 2023のオープニングマッチを振り返る【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る

page top