PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】

今大会を最後に兵役に就くためJinggg選手にインタビューを実施。最後の大会への想いや、兵役を終えたあとの意思などを伺いました。

e-Sports インタビュー
PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】
  • PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】

VALORANT』の年間王者を決める国際大会「VALORANT Champions 2023」がアメリカ・ロサンゼルスで開催中。Pacificリーグ1位のPaper Rex(PRX)は、8月25日に行われたUpper Bracket Finalにて、Evil Geniuses(EG)と対戦。マップスコア2-1で勝利しました。

PRXはこの勝利によってGrand Final(決勝)へ進出します。PRXは昨年Stage 1 Masters Reykjavíkではベスト4、Stage 2 Masters Copenhagenでは準優勝、今年6月のMasters Tokyoでもベスト3と、上位に食い込むもののトロフィーを掲げるには至っていません。

そして、チームでデュエリストを担うJinggg選手は、兵役により2024年よりチームを去ることが明らかになっています。彼にとって今回のChampionsは兵役前最後のトーナメントとなるのです。そんなJinggg選手へ、Upper Bracket Finalの後にインタビューを実施。大会にかける想いや、兵役後の活動について伺いました。


◆チームのモットーは「勝つことより、楽しむことを大切に」

――Grand Final出場おめでとうございます。今日から会場が大きな「Kia Forum」へ変わりましたが、印象はいかがでしたか?

Jinggg:こちらの会場は良いね。これまでよりも大きくて、観客もたくさんいて、エキサイティングで全体的に良い気分だよ。

――Grand Finalまで出場を決めました。今大会へ向けた思いを聞かせてください。

Jinggg:僕らのチームは「勝つことより、楽しむことを大切に」という、マインドセットでいつも戦っているんだ。もちろん勝利も意識しているけど、楽しめば楽しむほど流れがよくなって、より良いプレイができると思ってる。だからこの大会も楽しむように心がけているよ。

――いつもお母様が会場に応援に来ていますよね。

Jinggg:母は僕を一番応援してくれる人で、いつも応援に駆けつけてくれるんだ。今回も会場に来てくれて、試合前に励ましてくれたよ。いつもサポートしてくれて感謝しかないね。

◆EGは“間違いなくトップ3にいるべきチーム”

――EGとの試合の印象を教えてください。

Jinggg:接戦だったね。1stマップ(アセント)では10-13で負けてしまったけど、気持ち的には僕らが優勢だったんだ。マップの終わり際にミスが積み重なって、それを付けけ込まれてしまったのは反省点だよ。勝つべきマップだったね。

――その後はいかがでしたか?

Jinggg:アセントではEGは自信がついたんだと思うけど、2nd・3rdマップではEGに押され気味だったと思う。でもすべきことを完璧にこなして、結果的に勝つことができたよ。

――アセントではWコントローラー・Wデュエリストと、かなりクレイジーな構成ですよね。

Jinggg:Pacificリーグから似たような構成を続けてるし、僕らにとっては当たり前な感じだよ。むしろEGの構成のほうがずっとクレイジーだと思うね。パールでのヨルを入れた構成は戦ったことがなかったから、楽しい試合になったよ。

――実際にEGと戦ってみてどんな印象を受けましたか?

Jinggg:彼らは実力のあるチームだよ。Masters Tokyoから成長をし続け、間違いなくトップ3にいるべきチームだと思うよ。

――PRXはアグレッシブな戦いができるのは何故なんでしょうか?

Jinggg:攻めるとき「自分ならやれる」という自信があるからだね。これまでの経験から、相手への予測と攻めるタイミングがよく分かるんだ。それがアグレッシブさに繋がって、もっと自信を持てるようになるんだ。

――ところで、Jinggg選手はWooting(キーボード)を使っていますよね? 現在ラピッドトリガーブームが訪れていますが、やはり普通のキーボードとプレイは変わりますか?

Jinggg:少しアドバンテージがあると思うよ。でも僕にとってはラピッドトリガーはあまり影響がないね。それよりWootingの感触に惚れ込んでしまったから使っているというのが理由だよ。もちろんラピッドトリガーのおかげでストレイフが早くなるとは思うけど、正確に計ったことがないので気のせいかも(笑)

◆最後の大会に賭ける想い

――alecksコーチに、Jinggg選手は来年から兵役によってチームを去ると聞きました。なぜ去年に行かなかったのでしょうか?

Jinggg:シンガポールではいつ兵役に就くかは時期が分からないんだ。今年は兵役の手紙が届いたから来年から行くん。

――今回のChampionsは最後のトーナメントとなりますが、特別な想いはありますか?

Jinggg:特別な感情は湧いてくるよ。頭では考えないようにしているけれど、やっぱりどこかで「これが最後の大会になる」ことが頭の隅にあるんだ。だからこそ、良い成績を残したいし、優勝も狙いたい。でもプレッシャーを自分にかけないようにしてる。でもやっぱり、この大会はいつもより感情的になってしまいます。

――兵役を終えたら競技シーンに戻るつもりはありますか?

Jinggg:兵役義務が終わって、まだ僕の腕が錆びついていなければ絶対に戻ってくるよ。選手としてプレイするのが一番楽しいから、戻ってきたいね。

――決勝を前に少し気の早い話ですが、今年1年のVCTを振り返っての感想を聞かせてください。

Jinggg:LOCK//INからChampionsを振り返るととても長かったと感じるよ。大会間の休みがあまりなかったし、Masters TokyoとChampionsを経て正直言うとみんな疲れて燃え尽きている印象も受ける。長い期間プレイを続けて疲れ切っているけど、僕らにできることはただ集中してプレイをし続けるだけだ。そして今、Grand Finalへ出場できたことはとても嬉しいよ。

――では最後に日本のファンへメッセージをお願いします。

Jinggg:僕らの試合を観続けてくれたファンのみなさんに本当に感謝しています。みなさんが楽しんでくれたら嬉しいです。これからも応援し続け、僕の復帰を待っていてもらえたら嬉しいです。本当にありがとうございます。

――ありがとうございました。


PRXは8月27日午前4時(日本時間)より、Grand Finalにて再びEGと対戦します。今回はマップ3本先取のBO5。再び勝利を掴み、Pacificチーム初の国際大会優勝を収めることができるのか、注目が集まります。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 乃木坂46から岩本蓮加、日向坂46から丹生明里も参戦!『VALORANT』大会「ゲーミングデイズ」全チームメンバーが公開

    乃木坂46から岩本蓮加、日向坂46から丹生明里も参戦!『VALORANT』大会「ゲーミングデイズ」全チームメンバーが公開

  2. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

    CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  3. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  4. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  5. 『VALORANT』DFMのReita選手、韓国の理髪店でとんでもない髪型にされてしまう

  6. 『Apex Legends』国内最強IGLは誰だ!トッププロが争う「IGL MASTERS」が開催決定

  7. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  8. 「The Guard」『VALORANT』北米リーグ昇格が突如中止…選手はTwitterでその事実を知り「打ちのめされた」と悲痛な叫び

  9. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  10. タレットバグで前代未聞の試合やり直し、FNATIC「Boaster」痛恨ハーフアーマー、日本配信に外国人集結など―『VALORANT』世界大会「Champions」Day13がカオスすぎた

アクセスランキングをもっと見る

page top