「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ

横浜アリーナで開催されるオフラインイベントでは、CRカップの決勝戦や、『LoL』を採用した「The k4sen」のほか、プロプレイヤーとストリーマーチームの真剣勝負のほか、プロプレイヤーによるエキシビションマッチが行われます。

e-Sports ニュース
「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ
  • 「CRカップ」や「The k4sen」とも連携!オフライン・オンライン統合イベント「Riot Games ONE」が2ヶ月にわたって開催決定―フィナーレの会場は横浜アリーナ

合同会社ライアットゲームズは、日本オリジナルのイベントとして、今年の集大成となる2ヶ月間のオンライン・オフライン統合イベント「Riot Games ONE(ライアットゲームズ ワン)」を初開催することを発表しました。メインタイトルとなるのは、人気タクティカルシューター『VALORANT』です。

オンラインイベントでは、11月初旬から12月22日にかけて、人気ストリーマーやプロ選手たちによるさまざまなオンラインイベントが開催されます。11月5日(土)には「Twitch Rivals: VALORANT Showdown Japans」を、11月12日(土)・13日(日)には「第4回 Crazy Raccoon Cup VALORANT powered by Riot Games ONE」が開催され、その他にもイベントが予定しているとのこと。

また、「Riot Games ONE」のフィナーレを飾るオフラインイベントは、12月23日(金)・24日(土)の2日間、 横浜アリーナで開催。DAY1となる23日 (金)は、人気ストリーマーが中心となった演目が予定されています。「Riot Games ONE x Crazy Raccoon Cup Special」として、12月19日~21日にかけて行われるオンラインでの対戦で勝ち上がった2チームによる決勝戦が、BO3で繰り広げられます。

そのほかにも、『League of Legends』を採用した「Riot Games ONE x The k4sen」と、『VALORANT』の高いプレイイングスキルを持ったストリーマーとプロ選手5名で構成された即席チームと戦う「THE DEFIERS」が行われます。

また、Day1のオープニングでは、「Riot Games ONE」のオフィシャルテーマソング「SCORPION」を歌う「Reol」によるライブパフォーマンス「Riot Games ONE Special Opening Show by Reol」も行われます。Day2も詳細は後日告知されるものの、『VALORANT』ファン納得のアーティストによるライブパフォーマンスも予定しているとのこと。

<Reol コメント> (プレスリリースより)
Riot Games ONEへ、SCORPIONという楽曲を書き下ろしました。VALORANTをはじめとする Riot Gamesのゲームに導かれて、またひとつ新しい扉が開かれた感覚です。劣等感を持つ人間 は誰より優しく強くなれる。わたしとあなたがコンプレックスすら武器に変えて、憂き世を戦ってい けますように。弱さを知るすべての人への応援歌。

そして、24日(土)のDay2では、「Riot Games ONE PRO INVITATIONAL」として、世界レベルのプレイヤーを擁する国内外のプロチームを招待し、エキシビションマッチをBo1形式にて6試合行います。

2日間の模様は、Riot Gamesおよび『VALORANT』の公式Twitchチャンネル、『VALORANT』の公式YouTubeチャンネルでもライブ配信予定です。 イベント当日のタイムテーブルや物販情報、各ステージの参加チームおよび参加者については 後日改めてアナウンスがあるとのこと。

オフラインイベント開催概要(プレスリリースより)
開催日程:2022年12月23日 / 24日
開催時間:DAY1:開場11:00 開演12:30 終演21:00 (予定)
DAY2:開場11:00 開演12:30 終演21:00 (予定)
会場:横浜アリーナ
主催:Riot Games
制作・運営:RAGE

チケット情報(プレスリリースより)
公式先着先行受付期間:
受付開始 2022年11月10日 (木) 20:00
受付終了 2022年12月7日 (水) 23:59
※各日約1万人来場予定
チケットの種類:
S指定席 ¥9,800 (税込)
A指定席 ¥7,800 (税込)
B指定席 ¥5,800 (税込)
※座席図については後日お知らせします。
来場特典:
来場者向けにVALORANTのゲーム内で使用できる限定特典や、抽選でもらえるイベントオリジ ナルグッズの配布も予定しています。

「Riot Games ONE」発表に先駆けて都内で行われたメディア向け発表会では、合同会社ライアットゲームズのCEO、藤本恭史氏が登壇し、今年一年を振り返りました。

左から、ライアットゲームズCEO藤本恭史氏、Riot Games ONEプロデューサー・『VALORANT』ブランドマネージャー佐藤翔太氏

藤本恭史氏:まず、『VALORANT』の大躍進として、ゲーム自体の成長はもちろん、ストリーマーらによるカスタムマッチや配信活動や、「RAGE VALORANT」の開催など、外環境が大きく変化し、ストリーマーやイベントオーガナイザーがさまざまな趣向を凝らしてエンターテイメント性の高いものを生み出しました。また、競技シーンの成長として、『LoL』の国際大会「Worlds」において「DetonatioN FocusMe」がLJL史上初の国際大会BO5勝利を収めたことや、「VCT Masters Stgae1」で「ZETA DIVISION」が世界3位に輝くなど、日本のチームが国際大会で躍進する一年でした。

また、ウォッチパーティとしてストリーマーの視点から試合を見ていく施策などを通じて、今までeスポーツに触れる機会がなかったファンに届けることができました。他の地域と比べても日本から多くの視聴者を獲得し、ツイッターでは日本から発生したワードが世界トレンドへあがるなど、これまで競技シーンにおいて遅れ気味だったものが、日本から発信、リードしていくように変化し、2022年はライアットゲームズにとって大きな一歩を進むことができました。

そして、さいたまスーパーアリーナで行われた「Challengers Japan Stage2 Playoff Finals」国内大会では2日間で26,000人という国内のeスポーツ市場最多動員記録を更新し、「Masters Stage2」では最高同時接続数50万を突破するなど、ファンのエキサイトメントが示されています。そのなかで、『VALORANT』はZ世代がファン層の中心になり、独自のゲームカルチャーを作り出してくれていると感じています。


同氏が語ったような、大きな飛躍の年となった2022年を総括して、盛り上げてくれたファンやコミュニ ティ、パートナーと一緒になって楽しめる日本独自のイベントプログラムが「Riot Games ONE」です。「GAMES, FANS, RIOT, AS ONE」をコンセプトに、前述のオフライン・オンラインのプログラムが行われます。

『VALORANT』を中心にコミュニティとパートナー企業が一体となって行われる今回のイベント、どのような盛り上がりを見せるのか、一年の締めくくりを楽しみに待ちましょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  2. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  3. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  4. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  5. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  6. まごうことなき国際大会の風格―『VALORANT』VCT 2023 Masters Tokyoが開幕!会場へのアクセスや雰囲気をレポート

  7. ムラッシュゲーミングが“死体撃ち”で大会運営から注意される―加藤純一オーナーも「キツく言いましたので許してあげて下さい」

  8. 『VALORANT』スーパースター・aspasが「ZETA」Depと日本サーバーに降臨!「アスパスデース」と日本語を学びながらランクマッチを楽しむ

  9. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  10. 「VCT 2023 Masters Tokyo」RPX・smth(something)選手間に合わず―ビザの関係で入国できず、代わりにCigaretteS選手が出場

アクセスランキングをもっと見る

page top