「ピアスをつけ忘れた」として謝罪へ―不備が続く『アイドルマスターSideM GROWING STARS』運営の管理体制を見直しへ

アイドルプロデュース&リズムゲーム『アイドルマスターSideM GROWING STARS』は、10月6日発売の「週刊ファミ通」表紙イラストにて、クリエイティブ上の誤りがあったとして謝罪しました。

コミュニティ ゲームニュース
「ピアスをつけ忘れた」として謝罪へ―不備が続く『アイドルマスターSideM GROWING STARS』運営の管理体制を見直しへ
  • 「ピアスをつけ忘れた」として謝罪へ―不備が続く『アイドルマスターSideM GROWING STARS』運営の管理体制を見直しへ
  • 「ピアスをつけ忘れた」として謝罪へ―不備が続く『アイドルマスターSideM GROWING STARS』運営の管理体制を見直しへ

iOS/Android向けアイドルプロデュース&リズムゲーム『アイドルマスターSideM GROWING STARS』は、10月6日発売の「週刊ファミ通」表紙イラストにて、クリエイティブ上の誤りがあったとして謝罪しました。

その誤りとは、登場するキャラクター「伊集院北斗」のピアスの位置。「週刊ファミ通」のツイッターに投稿された表紙イラストを確認すると、左耳にはピアスがついていないように見えます。

『アイドルマスターSideM GROWING STARS』は、2021年8月にサービスを終了した『アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!』に次ぐ、リズムゲームを取り入れたスマートフォン向けゲームです。プレイヤーは芸能事務所「315プロダクション」のプロデューサーとしてアイドルたちをプロデュースしたり、リズムゲームでライブステージを成功へ導いたりと、トップアイドルを目指して日々成長する姿を見届けるのです。

その中で「伊集院北斗」は、『THE IDOLM@STER 2』で初の男性ユニットとして登場した「Jupiter」のメンバーの一人。公式サイトの動画を確認すると、右耳にはピアスのような装飾はなく、左耳にのみ、キラリと光る装飾が確認できます。

また、ピアスへの謝罪に続くツイートでは、直近に続くミスへの管理体制などの見直しを行うことを表明しています。過去のツイートを確認すると、キャラクターの一人称の誤りや誤字などにより、10月3日から複数回の再投稿が行われており、これに対するチェックの甘さなどが、プロデューサー(ファンの総称)を不安にさせているようです。プロデューサーたちが安心してアイドルたちをプロデュースできるよう、改善が望まれています。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

    ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

  2. 『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

    『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

  3. なぜ「ゲームの表現」は規制されるのか?CEROこと“コンピュータエンターテインメントレーティング機構”にインタビュー

    なぜ「ゲームの表現」は規制されるのか?CEROこと“コンピュータエンターテインメントレーティング機構”にインタビュー

  4. 『荒野行動』と「BreakingDown(ブレイキングダウン)」が異種コラボ!朝倉未来や瓜田純士、こめお、10人ニキらがプロゲーマーとサバゲーで本気の勝負

  5. 『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る

  6. CRの人気ストリーマー「だるまいずごっど」が2023年からアーカイブ切り抜きを禁止へ―ただし「切り抜き動画の文化が消えるわけじゃない」

  7. ソニーが「モバイルモーションキャプチャー」新商品発表を予告―11月29日12時より公式YouTubeチャンネルにて

  8. 人気YouTuber「ブライアン」が約7ヶ月ぶりに動画投稿―その内容は“らしさ”溢れるモーニングルーティン

  9. eスポーツと建設業界の関係強化が進行中!建機の遠隔操作にプロゲーマーの妙技が役立つと注目される

  10. YAGOO氏が「ホロライブ検定」に不合格!-正解率2%足りなかった社長、履歴書に書けない

アクセスランキングをもっと見る

page top