孫にも一目置かれる存在へ―シニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」の宣材写真がイケすぎ

新規メンバーも募集中。秋田県在住かつ60歳以上の方は要チェックです!

e-Sports ニュース
孫にも一目置かれる存在へ―シニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」の宣材写真がイケすぎ
  • 孫にも一目置かれる存在へ―シニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」の宣材写真がイケすぎ
  • 孫にも一目置かれる存在へ―シニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」の宣材写真がイケすぎ

秋田県を拠点に活動する日本初のシニアeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」が、“バリイケ”宣材写真を公開しました。検索エンジンからホームページが見つけにくいとのことで、アクセス数アップを目指して認知度の向上を目指しています。

実際にホームページでは、いぷさむ選手(70歳)、AKITA白影選手(67歳)、Mark25選手(66歳)、ナギ選手(62歳)が、俳優のようなクールな宣材写真でトップページに登場しています。AKITA白影選手はゲーミング宣材写真によくみられる腕組みポーズも披露。

2021年9月に発足した「マタギスナイパーズ」は、プロプレイヤーを目指す65歳以上のシニア層が、「孫にも一目置かれる存在」をスローガンに活動をしているeスポーツチームです。60~64歳の“ジュニア選手”も在籍し、現在の平均年齢は68歳とのこと。直近では『Apex Legends』や『VALORANT』といったシュータータイトルを中心に活動をしています。

eスポーツが高齢者に向けた認知症予防や健康のために活用されている例は全国各地で見られますが、本格的なチームとしてプロプレイヤーを目指す試みは日本では珍しいものです。秋田県が掲げるエイジフレンドリーシティ(高齢者にやさしい都市)の取り組みの一環として、「いきいきエイジの日」イベントで紅白戦を行うなど、地域に密着した活動もみられます。

なお、秋田県は日本でも屈指の高齢化が進んだ都道府県として知られており、内閣府が発行する「令和4年版高齢社会白書(全体版)」によると、令和3年(2021年)時点の高齢化率では、38.1%と全国で最も高くなっているだけでなく、令和27年(2045年)には50%を超えると予想されています。

マタギスナイパーズでは秋田県在住の60歳以上を対象に新規メンバーも募集中。週に一回以上の練習と、本気でゲームに打ち込むことができることが求められます。基準を満たす方は挑戦してみるのも良いかもしれません。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

    DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

    Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  4. 『VALORANT』DFMにneth・Meiy・ぽぽがちが移籍加入…元Crazy Raccoonのメンバーが国際リーグで戦う

  5. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  6. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  7. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  8. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  9. 『VALORANT』アグレッシブな「PRX」はどうやって作られるのか―台パン発動条件やJingggの兵役、smthの評価など気になることをalecksコーチに全部訊いてみた【インタビュー】

  10. 「尊敬しているし、ベストな彼を見たい」―FNATIC・Boasterが、ZETA戦後に明かす“Laz”とのやり取り【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る

page top