「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】

コペンハーゲン行きを決めた「Northeption(ノーセプション)」のオーナー・大輪 和広さんにインタビュー。それぞれの選手への印象や、ファイナルの前後でどのようなやり取りがあったかを伺いました!

e-Sports インタビュー
「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】
  • 「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】
  • 「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】
  • 「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】
  • 「選手のみんなは僕の子供みたいなもの」…世界大会出場を決めた「Northeption」大輪和広オーナーへ心境を訊く【独占インタビュー】

さいたまスーパーアリーナにて開催された『VALORANT』の国内大会「VALORANT Champions Tour 2022: Japan Stage 2 Challengers Playoffs」のグランドファイナル。

この試合では北海道発のプロゲーミングチーム「NORTHEPTION」が、Stage1から数えて3度目となった「ZETA DIVISION」との戦いを見事に制し、マップスコア3-1で勝利。これにより、2022年7月10日~25日にかけてデンマーク・コペンハーゲンで行われる「2022 VCT Masters Copenhagen」へ出場することが決定しました。

編集部では、世界3位の戦いを勝ち抜いた直後の「NORTHEPTION」を運営する株式会社札幌ビケ足場の代表取締役社長・大輪和広さんへインタビューを実施。今の思いや選手たちへのキャラクター像、ファイナルの前後でどのようなやり取りがあったかを伺いました。

ーー本当に優勝おめでとうございます。優勝する姿を見てどう感じましたか?

大輪オーナー:ありがとうございます。昨年の移籍やロースター変更などを経た、新たなチーム編成だったので、感慨深いというかありがたいというか……。みんな本当によく頑張ってくれたなという思いです。

ーー優勝後、選手たちとどんな会話をしましたか?

大輪オーナー:昨日は、まずはお祭りのような環境を一生懸命楽しんでと伝えました。優勝したあとは「ようやったなあ」と(笑)。僕も今までのことを思い出しながら泣いていましたね(笑)

ーー昨日の時点でもくるものがありましたか

大輪オーナー:グランドファイナルへ行けたという時点でもう感動していましたね。もう歳なので涙腺が緩く、ちょっとのことですぐ泣いてしまいます(笑)


ーー選手とオーナーは、どのような関係性なのでしょうか?

大輪オーナー:フランクに話もしますよ。僕は今年で46歳になるんですが、選手のみんなは僕の子供みたいなもので、暖かい視点で見ています(笑)

ーーオーナーという視点から見て、選手たちのキャラクター像や印象を教えてください。

大輪オーナー:DerialyとMeteorは、完全に僕の息子みたいな存在です(笑) 「ご飯食べたい」と言われれば食べさせるという(笑)

ーーラーメンもたくさん食べてましたよね(笑)。ちなみに支払いのほうは......?

大輪オーナー:はい、僕の方で(笑) 「オーナー、ラーメンいこラーメン!」という感じでした(笑) BlackWizとxnfriはチームのことをよく考えて提案なんかもしてくれる、長男のようなまとめ役ですね。JoXJoはただの食いしん坊です(笑) JoXJoとbailはすぐ「お肉お肉、和牛和牛」と欲しがり、莫大なお金がかかります(笑)

まさに親孝行のようなツイートで、こちらまで涙腺が緩んでくる

ーー北海道から試合のために関東へ移動してきて、REJECTの施設を借りて練習されていましたよね。こちらは、どういったきっかけで?

大輪オーナー:REJECTの方に北海道へ来ていただいたこともあったりと前々から交流があったんです。ありがたいことに、都内で練習する場所がないなかで助けていただきました。

ーー恩返しができましたね!

大輪オーナー:いや本当です。ありがたいです。前日の練習がなければこうなっていなかったかもしれません。さっきもメールをいただきました(笑)

ーー「Northeption」は複数の国籍を持つ選手たちを抱えていますが、苦労などはありますか?

大輪オーナー:やはり言葉の壁や文化の違いなどがあります。僕は本業として建設業をやっておりますが、そちらでも外国人雇用をしているので、そこで培ったノウハウも活かせていると思います。

ーー新たなロースターになったにも関わらず、強さを維持できているのは何故だとお考えでしょうか?

大輪オーナー:選手たちの意識の高さと、僕らのサポートが相乗効果として結果に表れているのかなと思います。

ーー昨日のCRも、昨日今日と戦ったZETAにも。元「Northeption」の選手が今ではさまざまなチームで活躍していますが、どのようなお気持ちなのでしょうか?

大輪オーナー:不思議な感覚ですね。今回出場している選手も10名くらいは元「Northeption」なので、自分でも「すご!」って思います。大きな規模のオフライン大会の中で、元チームメンバーも集まったりして楽しかったですね。

ーー大きな結果を残した『VALORANT』部門ですが、他部門へも大きな刺激になったと思います。

大輪オーナー:既に他部門からお祝いの言葉とともに「僕らも頑張ります」とメッセージが来たりしています。追いつけ追い越せではありませんが、成績というのは選手たちにとってステータスであり、僕らとしてもチームへ変化を加える指標のひとつでもあります。今回の結果は既に大きな刺激になっていますね。

ーーチームのロースターを変えようかなどの発案はどなたがされるのでしょうか?

大輪オーナー:我々は2部門ごとにマネージャーがついていて、選手管理を担っています。僕の方からは大きく口出しはしていません。

ーー最後にこれからの「Northeption」について、意気込みなどあれば教えてください。

大輪オーナー:僕はこれまで通り、チーム・選手たちをどれほど盛り上げていけるかサポートするのが役目に徹していきます。みんなの応援を引き続きよろしくお願いします!


誇らしげに息子たちのことを語る大輪さんの表情は、まさに親のそれと同じもので、選手たちのことを楽しそうに語る姿がとても印象的なインタビューでした。

「Northeption」は2022年7月10日~25日にかけて、デンマーク・コペンハーゲンで行われる「2022 VCT Masters Copenhagen」で、世界戦に挑みます。日本から惜しみない応援を送りましょう!

<取材・執筆:岡野朔太郎/編集・撮影:矢尾新之介>

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. 「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

    「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

  4. 『VALORANT』アグレッシブな「PRX」はどうやって作られるのか―台パン発動条件やJingggの兵役、smthの評価など気になることをalecksコーチに全部訊いてみた【インタビュー】

  5. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  6. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  7. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  8. ZETA・VALORANT GCにKOHAL選手が加入―世界を知るクールなIGLがFENNELから電撃移籍

  9. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  10. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

アクセスランキングをもっと見る

page top