「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】

オフライン大会出場を決めたneth選手に、大規模なオフライン大会への思いや、ブートキャンプを通じた結束力などを伺いました。

e-Sports インタビュー
「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】
  • 「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】
  • 「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】
  • 「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】
  • 「本当にやってきて良かったな」―オフライン出場を決めた直後の「Crazy Raccoon」neth選手が思うのは、ワクワク以上の“感慨深さ”【独占インタビュー】

『VALORANT』の国内大会「VALORANT Champions Tour 2022: Japan Stage 2 Challengers Playoffs」Day3が終了。この日の第3試合「Crazy Raccoon VS REJECT」では、マップスコア2-0でCrazy Raccoonが勝利し、6月25日(土)にさいたまスーパーアリーナで開催されるDay4へ駒を進めることとなりました。

編集部では、オフライン大会出場を決めた試合直後のCrazy Raccoonの「neth選手」へインタビュー。大きな会場でプレイする期待や、ブートキャンプを通して深まった絆などを伺いました。

――オフライン出場、おめでとうございます。まずは、率直な感想をお願いします。

neth選手:エース的なインパクトの強いMunchkin選手が抜け、rion選手が戻ってきて、前のロースターと戦績などを比べられてしまうこともあると思います。まだ終わったわけではありませんがそんな、そんななかでオフライン大会まで出場できて本当にホッとしています。

――対戦相手のREJECTは、一度戦って勝った相手ということで、逆にやりにくい部分などはありましたか?

neth選手:今日のRCvsFAV戦を見ていると、バインドの構成が自分たちと戦ったときと大きく変わっていて、今まで見てきたものが情報的にあまり意味がなくなってしまいました。

また、RCは、Lowerの1回戦から勝ち上がってきているので、勢い付いているのは感じていました。前に戦ったときよりも圧がありますし、実際に怖かったですね。

――アイスボックスではRCが3センチネルという構成でした。戦ってみて如何でしたか?

neth選手:3センチネルとはスクリムでも戦ったことがありませんでした。特に攻めるときのラーク(遊撃)など、ミッドやキッチンとか、抜けることができたとしても、相手のアビリティーが多く、対応するのに時間がかかってしまいました。そういう部分でラウンドを落としてしまったので、ちょっとやりにくかったですね。

――防衛では、rion選手が単身でエリアをキープ、コントロールしている印象がとても強かったですが、戦略のひとつだったんでしょうか。

neth選手:決めていたわけではないですね。rionさんに関しては、正直自由にプレイしてもらっているところもあって、本人が行けると思うならそれを尊重して行かせています。

――任せているんですね。

neth選手:そうですね。

――アイスボックスではrion選手が最前線で守り、そのひとつ手前のラインをイニシエーターのneth選手が守っている場面が多く印象的でした。

neth選手:実際、理にはかなっていません。ですが、やはりrionさんなりの勝負勘がありますし、自分がBに寄ったほうがサポートできるので、そういう意味でもrionさんがAを前線で守るのはアリだと思っています。

――公式配信インタビューでは、BB戦後、個人的なパフォーマンスに納得がいっていないような口ぶりでしたが、RC戦では自信を取り戻したとお話されていました。どのような心境の変化があったのでしょうか。

neth選手:前の大会などでも、途中で調子が下がってしまう場面もありました。今回はファントムを使っていて倒しきれないこともあったので、強気に勝負できる火力の高いヴァンダルに変え、気分を変えたことで自信につながったと思います。

――ロースターの変更から、短期間でとても完成度が高いと感じました。ご自身で、今のチームの「仕上がり」「完成度」をどのように評価していますか?

neth選手:以前まではジェットが必須で入っている構成が多くありましたが、今はメタが変化の時期であり、戦う相手の構成なども定まらず、相手の構成にどのエージェントが入るかわからないことが多いです。

自分たちも構成を変えようと思えば変えることもできましたが、僕らは構成に大きな変化をつけていません。これまでの構成でも、戦い方・守り方を変えれば、相手の構成に対応する力は持っていたので、RCと比較したときに、そういう部分で秀でていたのではないかなと思います。

――ブートキャンプを通して、チームとしてどのように成長できましたか?

neth選手:たくさんあるのですが、実際に物理的にみんなが近くにいてくれると自信や元気が出ます。気分が落ちている選手がいるときに肩を叩いてありたり、背中をさすってあげたり、逆にしてもらったりして、みんなで戦っている感が出ますね。

Astellも言ってたんですけど、ボイスチャットだけではどのような表情や雰囲気をしているのかもわからない部分もあります。実際に一緒にいる多くの時間を通して、ゲームに対する話だけでなく雑談も増え、より仲が良くなりました。お互いの考えていることがある程度わかりつつあるようになっているので、そこはブートキャンプしていて良かったなと思います。

――他になにかありますか?

neth選手:みんなで食べるご飯が、美味しいですね(笑)

――公式大会では国内外含め初の有観客開催ですが、どんな思いがありますか?

neth選手:VCTでは初のオフライン有観客ということで、自分もその場にたちたかったので、まず出場できてよかったと思う気持ちがあります。規模が大きく、想像もつかないし、想像を超えるほどすごい場だと思うので。

CS:GO時代は入っても1000人ほどの会場でIgnisとしてAbsoluteと戦っていました。そこから、先日のRAGEのイベントやさいたまスーパーアリーナで開かれる大会というのは、本当に感慨深いものがありますね。ワクワクよりも、本当にやってきて良かったなというのがめちゃくちゃあります。普通に生きていたら自分が立つことがない場ですから、今まで別のゲームから頑張ってきて、こうやって多くの皆さんの前でプレイできるのは光栄ですね。

――最後にファンへ一言メッセージをいただけますか?

neth選手:大会期間中のリプライやダイレクトメッセージなど、山ほど頂き、本当に力になりました。試合前などはSNSはあまり覗かないようにしているのですが、今日のBB戦のあと、今は率直な意見や応援を見て切り替えようと思い、見させてもらいました。本当にRC戦では自信を持ってプレイできたので、助かっています。

Upperで上がれなかったのは悔しいのですが、応援してくれている方を悲しませないように、Day4・5では「すごいCR」を見せるので、応援し続けてほしいです。

――ありがとうございました。オフライン大会での活躍、楽しみにしています。


さいたまスーパーアリーナという大きな舞台でプレイできることを本当に嬉しそうに語る姿がとても印象的なインタビューでした。

オフライン開催のDay4では、Upper Semi Final「ZETA DIVISION vs Northeption」の敗者と戦うことが決定しています。想像もつかない規模の大きな舞台でプレイする「すごいCR」の姿に期待しましょう。試合の模様はYouTubeTwitchで配信されます。

<取材・執筆:岡野朔太郎/編集:矢尾新之介>

 

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

    「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  2. 『Apex Legends』CR「カワセ」&ZETA「すでたき」&DTN「むかい」によるチーム「むかわきん」がボーダーギリギリで“ALGS APAC-N”出場決定― プロリーグ出場チームが出揃う

    『Apex Legends』CR「カワセ」&ZETA「すでたき」&DTN「むかい」によるチーム「むかわきん」がボーダーギリギリで“ALGS APAC-N”出場決定― プロリーグ出場チームが出揃う

  3. 「白雪レイド」ら所属のVTuber事務所「ネオポルテ」、二期生を発表!4人のシルエット公開に、「渋谷ハル」も大興奮でコメント

    「白雪レイド」ら所属のVTuber事務所「ネオポルテ」、二期生を発表!4人のシルエット公開に、「渋谷ハル」も大興奮でコメント

  4. RIDDLE456から『Apex Legends』L1ngが加入―naohiro21が外れてストリーマー・リザーブへ

  5. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

  6. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  7. Crazy Raccoon『VALORANT』部門に「ZETA」makibaが加入?ESLのオープン大会に登録されたメンバーが注目を浴びる

  8. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  9. Ras選手「dr1p選手とは、性格的に一緒にプレイするのは難しい」-ALGSに出場中の人気チーム「Crazy Raccoon」がロースター変更へ

  10. 3年目に突入する“ALGS”が10月8日から開幕―『Apex Legends』プロリーグへの出場をかけた戦いが始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top