ライアットゲームズが2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表―新しいVCT公式リーグとして「China」が追加

ライアットゲームズが2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表!

e-Sports ニュース
ライアットゲームズが2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表―新しいVCT公式リーグとして「China」が追加
  • ライアットゲームズが2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表―新しいVCT公式リーグとして「China」が追加
  • ライアットゲームズが2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表―新しいVCT公式リーグとして「China」が追加

ライアットゲームズは、2024年における「VALORANT Champions Tour」の詳細を発表しました。

◆4年目となる「VALORANT Champions Tour」にさらなる変化が

来シーズンで4年目となる「VALORANT Champions Tour」。2024年度では、いくつかの変更や改良が行われます。

予定されているのは「新たなインターナショナルリーグの導入」「新ロケーションでの国際大会の開催」「年間を通した競技大会への開発サーキット」の3つ。中でも大きな変化といえるのは、Americas、EMEA、Pacificに続く4番目のVCT公式リーグとして「中国」が加わる点でしょう。

※以下、プレスリリースより引用

■シーズンキックオフの新たなスタート

2024年には、シーズンの新たな皮切りとして、各インターナショナルリーグで2週間のトーナメントが導入されます。この新トーナメントでは、シーズン最初の国際大会、Masters Madridで競う全8チームを選抜します。このトーナメントはスペインで開催される初のVCT国際大会となり、その1年の頂点に立つ最強のチームを明らかにします。

■Challengers:プロへの道は続く

来年、eスポーツチャンピオンを目指す大志の生まれる場所であるChallengersがさらに進化します。これを契機にChallengersのスケジュールは規模を拡大し、ティア2により多くの大会を提供するため、1年を通して稼働します。また、Challengersで革新的なチーム所属およびプレイヤー貸出制度を導入することで、インターナショナルリーグ、Challengers、Game Changersを行き来するプレイヤーを増加させます。さらに、新モードのPremierがVCTへの入り口をゲーム内で直接プレイヤーに提供し、プロへの道の礎となります。

■新チームのかつてない成長と台頭

競技のトップティアに属するエリートチームのかつてない数に対応することで、2024シーズンではVALORANT Esportsの頂点を見直します。Ascensionが終了し、Challengersで勝利を収めた3つのチームが、2024シーズンのインターナショナルリーグへの栄誉ある参加権を獲得しました。1年間の過酷な戦いを勝ち抜き、2年間のインターナショナルリーグへの昇格を勝ち取ったのは、The Guard、Gentle Mates、Bleed Esportsです。

■変化を受け入れる:チャンピオンシップポイント

4年目となる来年には、チャンピオンシップポイントを導入し、ダイナミックなシーズンの構造を取り入れます。シーズンの盛り上がりをより高めるために設計されたチャンピオンシップポイントは、各チームのパフォーマンスの尺度および国際大会の選考メカニズムとして機能する、インターナショナルリーグとグローバルトーナメントにおける統一された仕組みです。

■中国のベールを取る:第4の公式リーグ

4番目のVCT公式リーグとして、Americas、EMEA、Pacificという華々しい並びにChina(中国)が加わることで、競技機会が新たな地域へと拡大します。中国コミュニティーの可能性と貢献を踏まえたこの重大な受け入れには、世界で最もグローバルなeスポーツになるというVALORANTの目標が反映されています。新リーグの誕生に加えて、シーズン2回目のMastersが上海で開催され、12チームがチャンピオンシップポイントとChampionsへの出場を懸けて戦います。

◆大会運営は「最も強いプレイヤーたちに光を当てる機会をさらに増やしたい」とコメント

2024年度の大会について、VALORANT Esportsグローバルヘッドを務めるLeo Faria氏は「このゲームで最も強いプレイヤーたちに光を当てる機会をさらに増やしたい」「これまで以上にグローバルに展開し、プレイヤーとファンがVALORANTを体験する新たな方法を生み出していきます」と述べています。

《鈴木 伊玖馬》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

ゲームと乗り物の記事を書いてる 鈴木 伊玖馬

名古屋県生まれ。幼少期に『スターフォックス64』でゲームにハマり、学生時代に『CoD:MW』でFPSにハマり、そのままゲームから卒業できず今に至る。ここ数年でRPGにも手を出し、最近『ドラクエ6』をクリアした。中日ファン、犬派、後ゲームはオフラインでやるタイプ。デカい航空機にはロマンを感じる。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

    『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

    Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  4. 『スマブラ』コミュニティ大会「篝火」スタッフが除名処分―人気選手のアンケート回答を漏洩し誹謗中傷する

  5. なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判

  6. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  7. ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】

  8. PRX・Jinggg「腕が鈍っていなければ絶対競技シーンに戻ってくる」―Champions決勝進出を決めた直後に訊く、兵役前最後の大会への想い【インタビュー】

  9. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  10. 「VALORANT Champions 2023」優勝はEvil Geniuses(EG)―PRXはPacific初の国際大会制覇ならず

アクセスランキングをもっと見る

page top