ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破

ここからプレイオフで戦います。

e-Sports ニュース
ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破
  • ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破
  • ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破
  • ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破
  • ZETA DIVISIONが「VCT PACIFIC」プレイオフ進出決定!Gen.Gとの戦いを制し「Masters Tokyo」への第一関門を突破

韓国・ソウルで開催中の『VALORANT』のインターナショナルリーグ「2023 VCT Pacific - League Play」では、5月12日より全チームが連日合計2試合を行うSuperweekが開始。日本から出場するZETA DIVISIONは、韓国チーム、Gen.Gとの戦いにマップスコア2-1で勝利し、プレイオフへの出場を勝ち取りました。

プレイオフは5月19日~5月22日にかけて行われ、セミファイナル・グランドファイナルは5月27、28日に行われます。6月に日本で開催される国際大会「Masters Tokyo」に出場できるのは、プレイオフに進出した6チームのうち上位3チームのみです。

ZETA DIVISIONがMasters Tokyo出場を目指すうえでの第一関門を突破した形です。ここから上位3チームへ勝ち上がってくれることに期待しましょう。


《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  4. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  5. Crazy Raccoon『Apex Legends』部門に元GANBARE OTOUSAN(がんばれお父さん)メンバーが加入!

  6. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  7. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  8. サウジアラビアが700億円超の“eスポーツ都市”を計画中―ケタ違いのスケールでチームや大会を呼び込む

  9. プロゲーミングチーム「DFM」コーチ2名が選手への恫喝で契約解除―tol2選手がTwitterでパワハラを訴える

  10. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

アクセスランキングをもっと見る

page top