ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】

ZETA DIVISION・TENNN選手にインタビューを実施。スプリットで見せるヴァイパーへの手応えや、リーグ終盤ならではの感じ方などを伺いました。

特集 インタビュー
ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】
  • ZETAにとってスプリットは「自信のあるマップ」だった―PRXの強さやヴァイパーの使用感をTENNN選手に訊く【インタビュー】

『VALORANT』のインターナショナルリーグ「VALORANT Champions Tour 2023: Pacific League」のWeek7にて、日本代表「ZETA DIVISION(ZETA)」はシンガポールの強豪「Paper Rex(PRX)」に対してマップスコア0-2で敗北(1stマップ:スプリット6-13・2ndマップ:アセント10-13)しました。

PRXはこの勝利によってリーグでの勝敗が5勝2敗。DRXに続いて単独2位という結果になりました。ZETAはMasters Tokyoへ続く道であるプレイオフ確定まであと一勝という状況が、来週まで持ち越しといった形に。

そんななか今回は、残る「T1」「Gen.G」戦への緊張感が高まるZETAから「TENNN」選手にインタビューを実施。スプリットで見せるヴァイパーへの手応えや、リーグ終盤ならではの心持ちについて伺いました。

◆準備してきたものを発揮する前に破壊された

――本日の試合お疲れ様でした。率直な感想をお願いします。

TENNN:相手が強かった...って感じですね。

――重要な戦いが続きますが、どのような気持ちで試合に臨みましたか。

TENNN:もちろん「勝つ」という気持ちで戦っていました。「とにかくプレイオフへ進むことに集中しなければ」と「2位で通過したい」という2つの思いがありましたね。

――PRXが仕掛けてくることは、おおよそイメージできていたのでしょうか。

TENNN:そうですね。とにかく撃ち合ってくる相手で、他のチームではありえないくらい詰めてくる動きをしてきます。それが大会という場だと音の聞こえ方などを含めてすごく強くて、対応できなかったですね。

――どのような対策を練って挑まれたのでしょうか?

TENNN:シンプルに撃ち合いで解決するか、事前に決めているセットを押しつけるかでした。しかし、それすらさせてもらえませんでしたね。

――PRXは個々のフィジカルの強いチームとして知られていますが、そのような部分でプレッシャーは感じましたか?

TENNN:総合的なプレッシャーはありませんでしたが、撃ち合いがめちゃくちゃ重要になることはわかっていたので、その部分に関してはプレッシャーはあったかもしれません。

――PRX側はロースターの変化もめまぐるしいですが、そういったやりにくさはあるんでしょうか。

TENNN:選手が変わってもやってることのコンセプト自体は変わらないので、あまりやりにくさは感じないですね。

――押され気味の試合展開で、メンタル的な負担も大きかったと思います。

TENNN:今日はアセントでやらかしたシーンが多くて、前の試合よりはメンタルに来てますね。でもまぁ、終わってしまったことなので次で勝てば良いと思っています。

◆TENNN「自身のヴァイパーは“まだまだ”」

――スプリットは2度目のプレイでしたが、完成度はどのような印象でしょうか。

TENNN:練習の段階では2~3番目くらい自信のあるマップでした。今回は半分くらいのラウンドが撃ち合いで終わってしまって、決めていたことが全然できませんでした。ミクロの部分で破壊されちゃいましたね。

――ロールがセンチネルになってから試合を重ねましたが、センチネルとしてのチームへのフィット感を、自身でどのように捉えていますか?

TENNN:キルジョイは前のチームから使っていたこともあって、大会を通して立ち回りなど良くなっていると思います。むしろコントローラーのヴァイパーに関してはまだまだで、海外のヴァイパー使いには追いつけてないですね。プレイオフまでにはそれに追いつけるくらい上手くなりたいです。

――どういったところで差を感じますか。

TENNN:ガスの管理やポイズンクラウドの回収などですね。特にSugarZ3roはとても上手いんですが、僕はまだまだ使い慣れてないと感じますね。

――ダブルコントローラー採用の際は、もうひとりのスモーク使いであるSugarZ3roさんと特別なコミュニケーションがあったりしますか?

TENNN:特にはないですね。自分のやりたいようにやってます。

――キルジョイの動きは良くなってきているとのことですが、センチネルとして“生き残らなければならない”ことへのもどかしさはありませんか。

TENNN:前の僕を見ていた人はわかると思うんですが、元々はめちゃくちゃ前に行くプレイヤーだったんです。壁の前でずっと撃ち合う準備はしてたりするんですよ、けどなるべく行かないように、必要に応じて出るときは出るよ、という感じでやってますね。

――リーグも終盤ですが、キルジョイという立場で「やることがバレているな」と感じる場面などあるのでしょうか。

TENNN:ありますね。僕が置いているナノスワームの位置がほとんどバレていて、起動する前に壊されるシーンが多いです。どのチームもやっぱり(相手の試合を)見ているんだなと実感しますね。

――最後に次戦への意気込みをお聞かせください。

TENNN:あと一勝でプレイオフに行けるので、絶対勝ちます。いつも応援ありがとうございます。


自信のあるマップとして事前に多くの準備を積んでいたものの、残念ながら今回はそれを実行する前段階でPRXに破壊されてしまった試合に。着実な成長を遂げてきたZETAに対するひとつの壁であり、世界で戦う上では乗り越えなければならないものでもあるでしょう。

ZETA DIVISIONは5月12日に「T1」、14日に「Gen.G」と対戦します。残る2試合の結果によってプレイオフへの進出が決まる……そんな大事な戦いを見逃さないようにしましょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

特集 アクセスランキング

  1. FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

    FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

  2. 「ZETA DIVISION」XQQコーチ曰く「各々のパフォーマンスを出せる環境になってきた」―チーム“立て直し”や「闇crow」を紐解く【独占インタビュー】

    「ZETA DIVISION」XQQコーチ曰く「各々のパフォーマンスを出せる環境になってきた」―チーム“立て直し”や「闇crow」を紐解く【独占インタビュー】

  3. ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

    ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

  4. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

  5. 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

  6. 『CoD ウォーゾーン 2.0』はPS5コントローラーを圧倒的に推奨!エイムアシスト以外でエキスパートが支持する理由

  7. Fisker「NOEZ FOXX」加入の決め手はeスポーツへの熱量と、勝てるチームを作りたい気持ち…DJ Foyとの関係やチームの状況を訊く【インタビュー】

  8. 「『VALORANT』は終わり無く続けていきたいと思っている」―開発者に訊くリリースからの3年間とこれから

  9. Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】

  10. 『VALORANT』SCARZの名コーチ「Fadezis」がチームに残ったワケとは…新メンバーのポテンシャルや新しいコーチ体制を訊く【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る

page top