『Apex Legends』に最も欲しい機能?試合後に“自分の歩いた道”を確かめたいユーザーの声に賛同集まる

振り返ることは、自分自身の成長にも繋がります。

コミュニティ ゲームニュース
『Apex Legends』に最も欲しい機能?試合後に“自分の歩いた道”を確かめたいユーザーの声に賛同集まる
  • 『Apex Legends』に最も欲しい機能?試合後に“自分の歩いた道”を確かめたいユーザーの声に賛同集まる
  • 『Apex Legends』に最も欲しい機能?試合後に“自分の歩いた道”を確かめたいユーザーの声に賛同集まる
  • 『Apex Legends』に最も欲しい機能?試合後に“自分の歩いた道”を確かめたいユーザーの声に賛同集まる

現在の『Apex Legends』において、試合の振り返りをすることはできません。累計のキル数やダメージ、倒れる直前のダメージログを確認することは可能です。しかし、どこに降下し、どこで戦い、どのような動きをしたかを確かめるのは、プレイヤーが外部のキャプチャソフトを利用するほかありません。

海外掲示板Redditのあるユーザーは、試合中に起こったことをトラックし、どのようにプレイヤーが動いたかを可視化する機能を熱望。賛同する声が寄せられています。

このユーザーは、ドロップシップから降下した場所や辿ったルート、キル・ダウン・復活・死亡・勝利などの場所をマップに表示し、移動距離や生存時間をよりわかりやすく知ることができるようにしてほしいと述べています。また、イメージ図も添付して投稿。簡単なイメージですが、自分の行動が可視化されるのは興味深いでしょう。

賛同するユーザーのなかには、他のゲームと比較する声も見られます。例えば、バトルロイヤルジャンルの火付け役とも言われている『PUBG: BATTLEGROUNDS』では、専用のAPIによって運営されるサードパーティ製のサイト「PUBG Replay」を利用することで、試合全体を細かく確認できます。過去14日間に遡って試合の様子をリプレイすることができるほか、他プレイヤーがどんな装備をしていたのかや、HP状況まで知ることができるのです。

なお、『Apex Legends』ではこのような機能を実現しているサイト(DGS)なども存在しますが、これらはカスタムゲームのみ確認できます。一般的なプレイヤーが主にプレイしているであろうランクマッチなどには対応していません。

ジャンルは異なりますが、『VALORANT』や『オーバーウォッチ 2』など競技性の高いタイトルでは、ゲーム内のリプレイ機能(またはラウンドごとのプレイヤーの動きなど)によって、これまで述べてきた試合後に振り返りたい要素を確認できます。

上達を目指すプレイヤーにとって、試合を振り返ることは成長における大切な要素であり「ここで倒れたのは勿体なかったな」や「このスキルの使い方は意味がないな」などの学びは、ゲームの楽しみ方のひとつです。

リリースから4年を迎えた『Apex Legends』には、根本的なQoLの改善が望まれているのかもしれません。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. VTuberグループ「ぶいすぽっ!」全メンバーのゲーミングキーボードが発売決定!ラピッドトリガー対応のテンキーレスモデル

    VTuberグループ「ぶいすぽっ!」全メンバーのゲーミングキーボードが発売決定!ラピッドトリガー対応のテンキーレスモデル

  2. ティファに“別人疑惑”が!? 『FFVIIリバース』最新映像で新要素が判明し、謎は深まる!─担架で運ばれる新シーンも不可解

    ティファに“別人疑惑”が!? 『FFVIIリバース』最新映像で新要素が判明し、謎は深まる!─担架で運ばれる新シーンも不可解

  3. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  4. 「CR FES 2023」詳細発表…天月やRasに、じゃすぱーも登場!?望月けいが手がけるビジュアルも公開

  5. 『Apex Legends』ストリーマー「ゆふな」が“味方を見捨てた”プレイで謝罪―生き残るゲームでただ生き残る

  6. 2023年のVTuber平均同接ランキングトップ3は宝鐘マリン、兎田ぺこら、湊あくあ…ホロライブとにじさんじがトップ10を総なめ

  7. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

  8. 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

  9. 『Dark and Darker』開発元オフィスに強制捜査―ネクソン開発中止ゲームのアセット流用疑惑で

  10. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

アクセスランキングをもっと見る

page top