なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判

勝負の年

e-Sports ニュース
なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判
  • なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判
  • なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判
  • なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判
  • なぜ?『シージ』世界大会へ日本などが多くの枠を得る―「実績もないのに」と新体制に海外から批判

『レインボーシックス シージ』の競技シーンを運営する「BLAST」は、2023年の新たなフォーマットを発表。2022年と比較して大きく変わる内容の一部には、「日本や韓国からの出場チームが多すぎる」と海外から批判も飛び出しています。

2023年における国際大会は、2つのシーズン(ステージ)ごとに行われる「Major」と、それぞれのステージやMajorで獲得するグローバルポイントの上位チームが参加する、年間王者決定戦「Six Invitational」の計3回です。

まず、アジアを中心に一部の地域は細分化され、なかでも日本は独立した地域として認識されました(APAC NORTHは消滅)。Majorへ出場するのはこれまでと同じEU・NA・LATINの12チームと、APACやMEMAなど細分化されたリージョンの12チーム、計24チームがMajorへ出場するのです。

これにより、日本からは3チーム(フェーズ1へ2チーム・フェーズ2へのシードが1チーム)が出場できるようになりました。これまではAPAC NORTHとして「まずは日本チームが国際大会へ出場できるかどうか」という段階から息をのんでいた日本からすると嬉しい変更ではあります。

しかし、Majorへ出場する24チームのうち、実に9つの枠をAPAC地域が占めることを意味し、一部では“多すぎる”と批判も飛び出しているのです。

eスポーツディレクターのWei Yue氏は「APAC地域はもう存在しない」と批判を一蹴し、年間王者を決めるSix Invitationalへのポイント計算は緻密に行われているため結果としてパワーバランスは顕在化するものである考えいるようです。なお、公式発表では今後のパワーバランスを考慮して枠は増減する可能性があることを示唆しています。

そして、批判の一因には「実績」も含まれます。

これまで競技シーンにおいてAPAC地域のチームが国際大会で躍進したことは片手で数えられるほどしかありません。Six Invitational 2019における「野良連合」や、「DWG KIA」など、何度かベスト4まで勝ち進むこともありましたが、お世辞にも実績をあげられているとは言い難い結果です。日本チームに限った話では、CAGこと「CYCLOPS athlete gaming」が幾度となく世界大会へ出場していますが、未だに一度たりともプレイオフへ進出することができていません(本当に本当に惜しいところまでは行ったし、メンバーを変えて挑んだ先日のSix Invitationalも、頭角は見えていた)。

過去DWG KIAでプレイしていたRIN選手は、この批判は“当たり前”とし、公式キャスターであるともぞう氏も“理解はできる””としています。

しかし、両者が投稿しているように、裏を返せばこの枠の増加によって日本・韓国、APAC地域のチームが世界で戦えることを証明するチャンスが訪れたと考えられます。

また、これまでは地域リーグに属するチームのみがMajorに出場していたのに対し、日本からオープン予選を勝ち上がることで、アマチュアチームがいきなり国際大会に出場することも、(他の日本リーグチームを倒す必要があるとはいえ)理論的には可能です。

世界の壁を乗り越えられる日本チームが現れるのか、それとも批判の通りだったのか、マイナーリージョンにとっては“結果”が求められる一年となるでしょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  2. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  3. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  4. 2023年最も視聴されたeスポーツ大会は『リーグ・オブ・レジェンド』Worlds2023…2位以降は日本ではあまり知られていないゲームがランキングを席巻

  5. 『VALORANT』公式試合でチート疑惑…対策ソフトが不正を検出し没収試合に。その前に負けたチームのオーナーが怒り心頭

  6. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  7. RIDDLEが『VALORANT』部門を設立!元ZETAアカデミーのyatsuka、Caedye、Aace、VorzにSeoldamとMaufinが合流

  8. 「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

  9. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  10. ZETA DIVISION・Laz「秘密兵器「チェンバー」で自信を取り戻した」―VALORANT Champions 2023出場を決めた要因を語る

アクセスランキングをもっと見る

page top