『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー

昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー、ラウ・ワイキン氏(プレイヤー名:Toyz)が、4年2ヶ月の実刑判決を言い渡されました。

e-Sports ニュース
『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー
  • 『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー
  • 『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー

『リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends)』のプロプレイヤーとして世界大会の優勝経験もある台湾のプレイヤー、ラウ・ワイキン氏(プレイヤー名:Toyz)が、麻薬取引を行ったとして、4年2ヶ月の実刑判決を言い渡されました。複数の海外メディアが報じています。

ラウ氏は、『リーグ・オブ・レジェンド』のプレイヤーとして2011年頃から活動を始め、2012年に行われた国際大会「Season 2 World Championship」では、台湾チーム「Taipei Assassins」(現在の「J Team」)のミッドレーナーとして活躍し、世界一位の座に輝きました。その後はプレイヤーを引退し、2014年からはコーチやマネージャーなど、複数のチームで裏方として活動を続けていました。

ところが2021年9月には、ラウ氏の自宅から大麻が発見され、またそれをインターネットを通じて売買しようとした疑いで台中警察に逮捕されました。そして今回の第一審において、薬物取引4件と薬物取引未遂2件の罪で、4年2ヶ月の実刑判決が言い渡された形です。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  2. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

    「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  3. CRやFENNELなど強豪チームが激突!『VALORANT』国内大会「VCJ Split 1 Main Stage」が1月28日から放送開始

    CRやFENNELなど強豪チームが激突!『VALORANT』国内大会「VCJ Split 1 Main Stage」が1月28日から放送開始

  4. 「白雪レイド」ら所属のVTuber事務所「ネオポルテ」、二期生を発表!4人のシルエット公開に、「渋谷ハル」も大興奮でコメント

  5. ALGS:APAC Northスプリット1優勝は「Crazy Raccoon」―13チームがマッチポイントを獲得する長丁場を制し、Ras選手も思わず「キモチイー!」

  6. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  7. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  8. パリSGやバルセロナにスポンサードするギャンブル関連企業「1XBet」が蘭で破産―eスポーツチームへの影響も懸念

  9. 『Apex Legends』ALGSで“バンガロール”が注目を浴びる―その理由はパッドのエイムアシストへのカウンター?

  10. 『Apex Legends』国内最強IGLは誰だ!トッププロが争う「IGL MASTERS」が開催決定

アクセスランキングをもっと見る

page top