創作投稿サイト「pixiv」が、AI生成作品を“すみ分け”できるよう機能改修へ―完全な排斥はせず

ソーシャルサービス「pixiv」が、AI生成作品に関するサービスの方針についてのお知らせを発表しました。10月下旬には、従来の作品と、AI作品をすみ分けできるような機能を追加する予定です。

コミュニティ クリエイターニュース
創作投稿サイト「pixiv」が、AI生成作品を“すみ分け”できるよう機能改修へ―完全な排斥はせず
  • 創作投稿サイト「pixiv」が、AI生成作品を“すみ分け”できるよう機能改修へ―完全な排斥はせず
  • 創作投稿サイト「pixiv」が、AI生成作品を“すみ分け”できるよう機能改修へ―完全な排斥はせず
  • 創作投稿サイト「pixiv」が、AI生成作品を“すみ分け”できるよう機能改修へ―完全な排斥はせず

イラスト・マンガ・小説などを投稿するソーシャルサービス「pixiv」が、AI生成作品に関するサービスの方針についてのお知らせを公開しました。

お知らせのなかでは、制作過程のすべて、もしくはほとんどをAIによって生成された作品についての問い合わせが多数あるとし、pixivでは2022年10月下旬から、従来の投稿作品とAI生成作品のすみ分けが可能となる、以下の機能を追加することを発表しました。詳細はリリース時に別途アナウンスされるとのこと。

  • 投稿編集時にAI生成作品と設定できる機能の提供

  • AI生成作品を検索時などにフィルタリングする機能の提供

  • 従来の作品とは分けた、AI生成作品のみのランキングの提供

これらの機能は必ずしも恒常的なものではなく、必要に応じて見直しや変更がなされ、利用規約やガイドラインの変更なども検討をしていき、AI技術の利用がより普及していくなかで、AIが関与した成果物の完全な排斥は考えていないとのこと。

技術の急激な発展により、倫理や規定が追いついていない過渡期において、今後も調査・検討を行っていく模様。創作コミュニティーと技術が、うまく共存できる道を模索していく意思を見せました。

AI生成作品がさまざまな側面で議論を呼ぶ昨今、AI創作物とどのように向き合っていくべきか、ひとつの道を示した形です。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

    『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

  2. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

    令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

  3. ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

    ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

  4. 加藤純一さんが妄想する「ムラッシュゲーミング」が、設立前に「VAULTROOM」によってTシャツ化

  5. 公式警告!「使用者をBANする予定」―『VALORANT』APIを不正利用するサードパーティアプリに要注意

  6. 「ちいかわ」作者が『ポケカ』のバオッキーを描く!新パック「VSTARユニバース」でイラストを担当

  7. ソニーが「モバイルモーションキャプチャー」新商品発表を予告―11月29日12時より公式YouTubeチャンネルにて

  8. CRの人気ストリーマー「だるまいずごっど」が2023年からアーカイブ切り抜きを禁止へ―ただし「切り抜き動画の文化が消えるわけじゃない」

  9. 『荒野行動』と「BreakingDown(ブレイキングダウン)」が異種コラボ!朝倉未来や瓜田純士、こめお、10人ニキらがプロゲーマーとサバゲーで本気の勝負

  10. ゲーム実況グループ「三人称」ドンピシャさん、心臓部の胸痛により一時的に活動休止へ―コミュニティからは温かい声が寄せられる

アクセスランキングをもっと見る

page top