「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】

「REALFORCE(リアルフォース)」を展開する東プレは、新型ゲーミングキーボードを初公開しました。

特集 イベントレポート
「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】
  • 「リアルフォース」がゲーマーに向けてイメージを一新!新型ゲーミングキーボードはゲームに特化したスペックに【TGS2022】

9月15日から18日にかけて、幕張メッセにて「東京ゲームショウ(TGS 2022)」が開催されています。日本製プレミアムキーボード「REALFORCE(リアルフォース)」を展開する東プレは、新型ゲーミングキーボードを初公開。同社がゲーマー向けのキーボードを展開するのは2018年の「REALFORCE RGB」以来になります。

新型ゲーミングキーボードは、フローティングデザインを採用し、REALFORCEと同様の静電容量無接点方式のスイッチを備えています。押下圧は45gと30gの2種類を用意。REALFORCEの打鍵感を残しながらも、RGB LEDを備えるなどゲーマーに特化した製品に。

2022年度中の発売を予定しており、一部機能やソフトウェアは開発中。価格は3万円程度とのことで、昨今のゲーミングキーボード市場の価格帯を考えると、決して高すぎるという価格ではありません。

ブースにはテンキーレスモデルの黒のみの展示でしたが、今後はフェイスプレートの変更などデザイン面の拡張も視野に入れているようです。

担当者によると、今回の新型ゲーミングキーボードはゲーマーに向けた本格的なモデルになる予定で、本製品を通して「ゲームにもREALFORCE」というイメージの醸成を目指すということです。

ブースには「REALFORCE R3」シリーズの天板カバーも展示。ポップなカラーが用意されており、若年層のターゲットにしているという。
《松田和真》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

    FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

  2. 『サイバーパンク2077』がこんなに快適!ウルトラ設定でもサクサクな“最強スペック”搭載のゲーミングPC「GALLERIA UA9C-R49」の実力がヤバい

    『サイバーパンク2077』がこんなに快適!ウルトラ設定でもサクサクな“最強スペック”搭載のゲーミングPC「GALLERIA UA9C-R49」の実力がヤバい

  3. 『VALORANT』新デュエリスト「アイソ」は“楽しい”けど“ピックしにくい”トリッキーキャラ…チームプレイに組み込めるかはエイム次第【先行プレイレポート】

    『VALORANT』新デュエリスト「アイソ」は“楽しい”けど“ピックしにくい”トリッキーキャラ…チームプレイに組み込めるかはエイム次第【先行プレイレポート】

  4. 『Apex Legends』ファンは必見!コラボメニューたっぷりのタワーレコード渋谷店2階「ネッシーカフェ」を体験してきた

  5. ロサンゼルスのライアットゲームズ本社に潜入…全ての家庭用ゲーム機が集まる部屋やゲーセンまで完備?ゲーム愛に溢れる社屋をレポート

  6. 『Apex Legends』イベント「ALDS ver.4」では大逆転劇に魅入られる白熱したバトルが展開!主催コミュニティリーダーへ今後の展望も聞いてみた【イベントレポ】

  7. crow「今まで体験したことがないくらい大変だった」―惜しくも「Masters Tokyo」へ届かなかったZETA DIVISION、T1戦後に語るリーグを通じた苦労と収穫【インタビュー】

  8. オフシーズン長くない?eスポーツの冬ってどう?『VALORANT』などライアットゲームズのeスポーツ責任者に気になることを聞いてみた【Masters Tokyo】

  9. 『VALORANT』SCARZの名コーチ「Fadezis」がチームに残ったワケとは…新メンバーのポテンシャルや新しいコーチ体制を訊く【インタビュー】

  10. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

アクセスランキングをもっと見る

page top