「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

TGS2022にエレコムが出展。新作のハイクラス・ゲーミングデバイスシリーズ「ELECOM GAMING V custom」を発表・展示しています。

特集 イベントレポート
「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】
  • 「エレコムやろ?」と舐めてかかると痛い目を見るかも!―新作ハイクラスゲーミングキーボードとマウスを試す【TGS2022】

9月15日(木)より幕張メッセにて開催中の「東京ゲームショウ2022」会場では、PC周辺機器メーカーのエレコムが出展。最新のゲーミング向けワイヤレスマウス「VM600PE」「VM500」と、キーボード「VK300」「VK310」「VK200」「VK210」を今回のTGSに合わせて発表し、ブースでは実際に試すことができました。今回は新作デバイスの使い心地をレポートします。

ELECOM GAMING V custom」として新たに生まれたハイクラス・ゲーミングデバイスシリーズは、世界を相手に戦うプレイヤーに向けて作られたとのこと。エレコムは過去にも「ELECOM GAMIN」を発売していますが、正直に言って、eスポーツプレイヤーの間での存在感はイマイチ発揮できていないという印象を筆者は持っていました。実際にどのような製品なのかみていきましょう。

持ちやすく、軽量―ワイヤレスマウス「VM600PE」「VM500」

「VM600PE」「VM500」は、日本人の手のサイズに合わせて設計された右利き用マウス。かぶせ持ち・つかみ持ちに最適化されたフォルムが特徴です。「VM600PE」は13,980円、「VM500」は9,480円(いずれもエレコムダイレクトショップ価格)で、両者は形状・重量(約75g)、一回の充電で最大95時間駆動と、表面的なスペックはあまり変わりません。

実際に触ったみると、よく手に馴染むなという印象。筆者は普段つかみ持ちですが、クリック部のくぼみやつかんだ感触は持ちやすく、右側の形状は「Microsoft Pro IntelliMouse」のような印象です。サラサラとした手触りでクリック感もよく、高品質なマウスであると感じました。

追加ソールによって滑り心地をカスタムすることも可能。

左側にある2つのサイドボタンのほか、ホイール下部に2つのボタンがあり、これらは専用の制御ソフト「EG Tool」でカスタマイズすることができるほか、DPIのプリセットを複数登録し、背面のボタンで切り替えることが可能です。

なお2つのモデルで変わってくるのは、最大DPI26,000と12,000、最大検出加速度が50G、30G、そしてセンサーの性能などが「VM600PE」のほうが優れています。また、「VM600PE」にはソールとマウスグリップが付属。こちらは単体販売もあるとのこと。

キーボード「VK300」「VK310」「VK200」「VK210」

300シリーズにはRGBバックライトが搭載され、200シリーズとの違いはこれのみとのこと。また、番号に10が含まれるモデルはテンキーレスモデル、00はいわゆる65%キーボードと呼ばれるモデルです。これらの4つにはそれぞれに銀軸・茶軸・青軸の3つのモデルがあり、合計12種類の製品が登場しました。

特徴的なのが、キーキャップのくぼみです。それぞれのキーに小さなくぼみをつけることで指先のキーへのフィット感を実現しています。また、ゲームで多用するWASD周りをでは、スムーズに指を移動できるように配慮された形状になっています。筆者が試遊した銀軸はアクチュエーションポイントが低いため、誤った入力を防ぐために一役買ってくれている印象です。

センサーやさまざまなシチュエーションでの操作など、長い時間をかけて検証していく必要がある部分については未知数ですが、今回両者のデバイスに触れてみて最初に感じたのは「しっかりとしたゲーミングデバイスだ」というもの。制御ソフトによるカスタマイズやマウス・キーボードともにUSB Type-Cへの対応など、最近のゲーミングデバイスらしいしっかりとした機能なども見られ、エレコムがゲーミングデバイスを選ぶ際の選択肢として存在感を増していくかもしれません。

「東京ゲームショウ2022」は、9月15日~18日(一般公開は16日の14時以降・17日・18日)、幕張メッセ・国際展示場にて開催中。エレコムブースはホール7で出展されています。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. 『第五人格』4周年記念!オフラインイベント「真夏の植物幻想曲」をレポート…プロゲーマーの試合観戦、参加型ミニゲームに大満足のひととき

    『第五人格』4周年記念!オフラインイベント「真夏の植物幻想曲」をレポート…プロゲーマーの試合観戦、参加型ミニゲームに大満足のひととき

  2. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

    うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

  3. 重量わずか187g!最新ヘッドセットに大注目―海外ゲーミングデバイスを扱う「ふもっふのおみせ」ブースレポート【TGS2022】

    重量わずか187g!最新ヘッドセットに大注目―海外ゲーミングデバイスを扱う「ふもっふのおみせ」ブースレポート【TGS2022】

  4. 試遊あり新発見あり、クラッシュあり! はつめ&yunocyが最新PCで最新ゲームを遊び尽くした「東京ゲームショウ2022」インテルブース突撃レポート

  5. 東京ゲームショウにお値段以上「ニトリ」が初出展―カッコいい&オシャレなゲーミング家具をまとめて揃える魅力【TGS2022】

アクセスランキングをもっと見る

page top