Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか

圧倒的なパワーで中国チームを倒した「NORTHEPTION」Derialy選手にインタビューを実施。MASTERSを経たチームの成長や、綺麗な動きを見せたラウンドの振り返り、中国チームへの印象などを伺いました。

e-Sports インタビュー
Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか
  • Derialy「さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたい」ーMASTERSを糧に磨き上がったNORTHEPTIONを語る。そしてMeteorに“アカイケンチ”は伝わったのか

トルコ・イスタンブールにて9月に開催される、年に一度の世界王者の座をかけて争う「VALORANT Champions 2022」。その最後の出場権をかけた最終予選「VALORANT East Asia Last Chance Qualifier(LCQ)」が、いよいよ8月8日(月)から開幕しました。

そのDay2・Match2で日本代表の1チームである「NORTHEPTION(Nth)」は、中国代表「KONE ESPORTS(KONE)」と対戦。マップスコア2-0で初戦勝利を収めます。

KONEピックの1stマップ:ヘイヴンでは、アタッカースタートのNthがそのらしさを爆発させ、一歩も譲らぬ圧倒的な力を見せつけ、ラウンドスコア13-1で快勝。KONEに対して文字通り何もさせずにねじ伏せました。

xnfri選手のKDRが11.5という、意味不明な数字を叩き出す≫

続くNthピックの2ndマップ:スプリットでは、ディフェンダースタートのKONEがピストルラウンドを取るも、ペースはNthがしっかりと握り、KONEが追いかける形に。ラウンドスコア7-5と、決して油断できないスコア差での折り返し。ディフェンダーに転じたNthが撃ち合いによるエリア取りで最後までリードをつなぎ、13-7で勝利。マップスコア2-0で快勝を見せました。

今回は、快勝を見せた試合直後の「NORTHEPTION」Derialy選手に、インタビューを実施。チームの雰囲気や気になるラウンドの裏側、そして「VALORANT Champions Tour 2022 Stage 2 Masters Copenhagen」を経て、どのような経験を積んで成長したのかを伺いました。

ーーまずは初戦勝利をおめでとうございます!試合を終えての感想をお願いします。

Derialy選手:ありがとうございます!最初に出てくる言葉は“一安心”かなと思います。

ーー特に1stマップ:ヘイヴンでは13-1と圧倒的な内容でしたが、チームの雰囲気はいかがでしたか?

Derialy選手:ラウンドを重ねるにつれて、みんな雰囲気も良く、テンションが上がっていって、ラウンドを重ねれた要因のひとつなのかなと思います。

ーーNORTHEPTIONらしい、押し付けるような戦術がずっと通じていましたが、その要因はどこにあると思いますか?

Derialy選手:自分たちのチームの長所は、相手にしてくることへの対応力の早さだと思っています。相手が試合の中盤に対策はしてきてるのですが、そこへ対策を仕返してたのが大きいかなと。

ーーヘイヴンではどのように相手の防衛をかわしていったのでしょうか?

Derialy選手:ガレージへ行く時もそうですが、自分たちが入った瞬間にカウンターをしてくるところなど、相手のクセを確認しつつ、それをIGLであるJoXJo選手に伝えて、最終的な決断を下しています。

ーー公式の国際大会へ初参加となる中国チームと戦うというところで、試合前の印象はいかがでしたか?

Derialy選手:普段のスクリム相手には、中国のチームが多いんですが、勢いを掴まれたら大変になることはわかっていて、大会でも勢いに乗らせたら止められないのかなという不安はありました。でも今回は、自分たちがその勢いを掴めたのが良かったですね。

ーースプリットの方ではKONE側も、綺麗なセットを組んできてるなというイメージもありましたが、いかがでしたか?

Derialy選手:スプリットでは僕たちがアタッカーの時、僕らがエントリーしたタイミングでのカウンターにやられてしまうことが多かったんです。そういうところもJoXJo選手がIGLとして対応して、そうならないようにコールしてくれたので、IGLの手腕も勝利の要因のひとつでした。

ーーDerialy選手も、とても自信を持って撃ち合いに行く姿が印象的で、めちゃくちゃ勝率も良かったと思ってるんですが、どのような思いでしたか?

Derialy選手:ヘイヴンやスプリットのBメインでも撃ち合っていましたが、正直、自分としてはあまりそういうプレイは良くないのかなと思っていました。もちろんエリアコントロールの際にどうしても撃ち合わなきゃいけないところもありましたが......そういうところで勝てましたね(笑)

Derialy選手の4キルが飛び出したラウンド。素晴らしいカバーからヘヴンの良いポジションを取り、リテイクを許さなかった

ーーヘイヴンのラウンド6、Bへの設置後にガレージでキルジョイのロックダウンが発動された場面では、それぞれのリンクへキレイに攻撃を仕掛けていましたが、どのようなコミュニケーションがあったのでしょうか?

Derialy選手:あのラウンド序盤は、相手のプッシュを待っていて、そこからBに行こうと決めていたんです。そして敵がAをプッシュしてきている懸念が出てきて、Aリンク側へエリアを広げようというなかで、ガレージでロックダウンが発動されたんです。であれば、C側は枚数が薄いという情報もあったので、その場にいたMeteor選手と一緒に詰めようという判断でしたね。

ーーMASTERSを終えたNORTHEPTIONとして、もう一度世界大会に出たいっていう気持ちはひとしおだと思いますが、今回のLCQに対して、どのような思いを持って挑んでいますか?

Derialy選手:もちろん、もう一度世界大会に行きたいという強い気持ちがあります。この先、一度も負けずに勝ち上がって世界大会へ出場し、さらに完成度を上げた今のチームで世界大会に挑みたいと思っています。

ーーMASTERSでの経験はどのように活かせていると感じていますか?

Derialy選手:コペンハーゲンで行ったEU地域のスクリムは、カウンターやエイムも強くて、そんな相手に対して、チームとしてどのように適応していくかという話し合いが増えたことが、とても良い経験でした。カウンターの方法やセットの作戦も、ヨーロッパのレベルがとても高かったので、レベルの高いものに対して、自分達がどのように対応するか考えることができたのが一番大きかったと思います。

ーー実際にMASTERSが終わってから、チームとして変わった部分などはありますか?

Derialy選手:僕たちのチームの動きとして、決まった作戦というのは多く持っていません。もちろんベースとなる作戦はありますが、その試合の要所で、部分的な判断を、少しずつレベルアップしていっているところです。また、チームとして、よりまとまって大会へ向かって挑めていると思います。

ーーチームの結束力が大きく成長したんですね。

Derialy選手:そうですね!

ーーNORTHEPTIONの相手に押し付けるような戦い方は、素人目から見ると対策されやすいような印象を受けてしまいますが、実際のところどうなんでしょうか。

Derialy選手:特にスプリットの防衛では、相手に対策されてしまった部分もありました。そういう部分ではbailコーチがタイムアウトを取ってくれて、守り方の戦術の見直しを行いました。もちろん対策はされてしまうんですが、更に対策をしていく感じですね。

ーー試合後の公式配信のインタビューで、OoodaさんがMeteor選手へ聞いた「アカイケンチ*」については、無事伝わりましたか?

Derialy選手:今まさにそのことについて話し合ってて、未だに伝わってないのかなと思います。すごい真剣に話し合ってます(笑)

その後無事伝わった模様
謝るOooDaさん
何も悪くないJUINマネージャー

ーーそれにしても、今日のMeteor選手は凄まじく強かったですね!

Derialy選手:強かったですね(笑)。ヘイヴンは「やばいー!」という感じだったんですが、スプリットではそれを感じさせないぐらい活躍してくれて、とても頼もしいなと思います。

ーーそれでは最後に、このあとのLCQへの意気込みをお願いします

Derialy選手:もう何度目かわからないCR戦ですが、今日見せたような2-0で快勝して、もっと上へ行けるように頑張るので、引き続き応援していただけると嬉しいです!


MASTERSで得た悔しさと経験を糧に、さらなる結束力とパワーを持って中国チームを倒したNORTHEPTIONは、8月11日(木)に日本チームのCrazy Raccoonと対戦します。そして、日本から出場するNORTHEPTION、Crazy Raccoon、REJECTの3チームが初戦を勝ち上がるという、ファンには嬉しい結果となりました。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

    『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  4. 『VALORANT』スーパースター・aspasが「ZETA」Depと日本サーバーに降臨!「アスパスデース」と日本語を学びながらランクマッチを楽しむ

  5. プロゲーミングチーム「DFM」コーチ2名が選手への恫喝で契約解除―tol2選手がTwitterでパワハラを訴える

  6. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  7. 「白雪レイド」ら所属のVTuber事務所「ネオポルテ」、二期生を発表!4人のシルエット公開に、「渋谷ハル」も大興奮でコメント

  8. 『LoL』Worlds 2023でFaker率いる「T1」が優勝…韓国大統領が祝辞を公開、eスポーツ史上最高のピーク視聴者数を記録するなどお祭り騒ぎ

  9. 『VALORANT』ファン感涙!超豪華な会場・演出・ライブ・ファンフェスタ…これが「VALORANT Champions 2023」だ

  10. 『VALORANT』公式試合でチート疑惑…対策ソフトが不正を検出し没収試合に。その前に負けたチームのオーナーが怒り心頭

アクセスランキングをもっと見る

page top