ホロライブが異例の謝罪をした「沙花叉クロヱ 生誕記念配信」本人が配信で補足説明―新スタジオでの新たな挑戦にトラブルはつきもの

主なものは音声トラブルであったと説明。対応はとても良かったとしています。

コミュニティ クリエイターニュース
ホロライブが異例の謝罪をした「沙花叉クロヱ 生誕記念配信」本人が配信で補足説明―新スタジオでの新たな挑戦にトラブルはつきもの
  • ホロライブが異例の謝罪をした「沙花叉クロヱ 生誕記念配信」本人が配信で補足説明―新スタジオでの新たな挑戦にトラブルはつきもの
  • ホロライブが異例の謝罪をした「沙花叉クロヱ 生誕記念配信」本人が配信で補足説明―新スタジオでの新たな挑戦にトラブルはつきもの

ホロライブは、2023年5月18日に行われた「沙花叉クロヱ生誕LIVE」について、配信上のトラブルにより、タレントが本来のパフォーマンスを発揮することが難しい結果となったことを謝罪するツイートを投稿しました。これについて沙花叉クロヱさん本人が配信で事情を語っています(6:10あたりから)

まず、主なトラブルのなかで本人にとってクリティカルな問題は、音声の問題だったとのこと。縁者は一般的に、音楽ライブにおいてイヤーモニター(イヤモニ)を装着しています。これは自身の声(いわゆる“返し”)や、楽曲の他の音が聞こえるものです。これがリハーサルの時点で飛んでいたり、返しの音がとても小さかったりと、沙花叉クロヱさん曰く「わりと絶望的」だったとのこと。イコライザーで声の音域のみを大きくするなどの工夫を講じていました。

また。詳しい事情は明かされなかったものの、運営サイドでも予期せぬトラブルによって事前のテストがしっかり行えなかったなど、“誰も悪くない事情”によって、起きてしまったものであることを説明しています。

そして、数日後にマネージャーの勧めもあり、トラブルについてフィードバックを運営側に伝えると、公式からの声明を出すことや、“詫び石のようなもの”を貰ったようです。

新スタジオという条件もあり、トラブルが起こるのはしょうがないことでしたが、スタッフはさまざまな方法で対応し ライブ後の対応もとても親切なものであり「ホロライブで良かったな」と振り返っています。

沙花叉クロヱさんはもちろん、スタジオスタッフも運営も、みんな「成功させたい」という思いの元で行われているライブにおいて得た経験は、今後のライブ開催に活かされることでしょう。また、“詫び石”がなにを示すかは不明ですが、沙花叉クロヱさんの今後の展開にも期待したいところです。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

    Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  2. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  3. 加藤純一さんが妄想する「ムラッシュゲーミング」が、設立前に「VAULTROOM」によってTシャツ化

    加藤純一さんが妄想する「ムラッシュゲーミング」が、設立前に「VAULTROOM」によってTシャツ化

  4. TikTokで“失神ゲーム”をした12歳少女が死亡―意図して危険な行為をする「バイラルチャレンジ」とは

  5. 加藤純一のXに元サッカー選手「ジェラール・ピケ」が日本語でリプライ…eスポーツチーム創業者という共通点はあるものの、謎は深まるばかり

  6. 『NEEDY GIRL OVERDOSE』まさかのショートアニメ化!夢か現か「超てんちゃん」が僕らのもとにやってきた

  7. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  8. EAのPCプラットフォーム「EA app」が正式リリース!「Origin」は2022年後半に終了

  9. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

  10. なぜ、選ばれなかったビアンカは独身を貫いたのか?その切ない理由を『ドラクエ』生みの親、堀井雄二氏が語る

アクセスランキングをもっと見る

page top