「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

運転中の熱唱にはくれぐれもご注意を。

コミュニティ ゲームニュース
「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を
  • 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を
  • 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

あるSNSユーザーがアップロードした交通事故の動画が、まるで「KICKBACK」のミュージックビデオ(MV)のようであると話題を呼び、制作者の米津玄師さん本人も反応を示しています。

投稿者は、米津玄師さんの楽曲「KICKBACK」のラスサビ前部分を熱唱しながら自動車で交差点に進入したところ、信号無視をした別の自動車に突っ込まれてしまう様子をツイッターに投稿しました。これがまるで「KICKBACK」のMVのようであると、14万いいね(記事執筆時点)を超えるほど話題を集めています。

PlayStationのCMソングである「POP SONG」など、ゲーマーにも馴染み深い米津玄師さんが手がける「KICKBACK」は、TVアニメ『チェンソーマン』のOPテーマとして、また個性的なMVがネットミームとして注目を浴びました。MVでは、米津玄師さんの腕がムキムキになったり、大量の米津玄師さんが猛ダッシュする様子が描かれているほか、音に合わせて軽トラックに吹っ飛ばされます。

決して笑い事ではない交通事故ですが、確かにMVで米津玄師さんが軽トラックに吹っ飛ばされる様子と、投稿者が突っ込まれる様子がマッチしています。投稿者自身も「米津してた」と謎の動詞を添えてツイートしています。

このツイートが米津玄師さん本人の目にとまり「みんな気をつけてな、、、」と引用リツイートしています。交通安全に気をつけながら楽曲を楽しみましょう。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 加藤純一さんが配信で『ダンガンロンパ』クリア!「でんぢゃらすじーさん」漫画家によるファンアートが投稿されるなど、2010年の作品がトレンドに波及

    加藤純一さんが配信で『ダンガンロンパ』クリア!「でんぢゃらすじーさん」漫画家によるファンアートが投稿されるなど、2010年の作品がトレンドに波及

  2. もう配信でランクはできない?暗号通貨ギャンブルにゲームを台無しにされるストリーマーたち…「濃いめのあかりん」も反応を示す

    もう配信でランクはできない?暗号通貨ギャンブルにゲームを台無しにされるストリーマーたち…「濃いめのあかりん」も反応を示す

  3. 「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」楽曲カバーで活動を一時休止していた、にじさんじ「グウェル・オス・ガール」さんが活動再開へ

    「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」楽曲カバーで活動を一時休止していた、にじさんじ「グウェル・オス・ガール」さんが活動再開へ

  4. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

  5. 今からでも『アーマード・コア』って始められるんですか!?シリーズを俯瞰してオススメ作品を探してみた【特集】

  6. 『Dark and Darker』第4回プレイテストまで後6時間!今回はソロプレイヤー向けの新ダンジョンが実装

  7. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  8. うんこちゃん主催リアルイベント「加藤純一 presents 配信者ハイパーゲーム大会」が幕張メッセで開催決定!人気配信者が多数集結

  9. ゲーム実況者「TOP4」によるイベント「TOP4 in TOKYO DOME」開催決定!キヨ・レトルト・牛沢・ガッチマンの4人が東京ドームに立つ!

  10. 「けんき」がプロデュースする新作FPS『Project F』先行試遊会が開催決定!開発は最終段階か

アクセスランキングをもっと見る

page top