「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!

真田佑馬さん、萩谷慧悟さんによるカスタムPC作製の模様とインタビューをお届け!

特集 イベントレポート
PR
「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!
  • 「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」参加アーティスト「7ORDER」真田佑馬さん、萩谷慧悟さんがBYOCカスタムPC作製にチャレンジ!

2023年5月13日から5月14日にかけて、幕張メッセで「DreamHack Japan 2023 Supported by GALLERIA」が開催されます。

「DreamHack」は1994年にスウェーデンで始まったLANパーティー。日本初上陸となる本イベントでは、自らのPCを持ち寄ってゲームを楽しむ「BYOCBring Your Own Computer」から、eスポーツの公式大会を始めとした様々なアクティビティが催されます。

「Live Area」のステージでは、数々のゲームエキシビションと共にアーティストのLIVEパフォーマンスも開催。2日間にわたって「Creepy Nuts」「日向坂46」「岡崎体育」などを始めとした豪華アーティストの数々が会場を彩ってくれます。

そしてなんと今回、それにあわせて出演アーティストの一組である7ORDERに「BYOC」のキモとなる“持ち込みPC”を作製して頂けるとの企画が実現!

今回は「7ORDER」のメンバーの中から長妻怜央さん、阿部顕嵐さん、真田佑馬さん、萩谷慧悟さんにお越しいただき、それぞれPCの組み立てに挑戦して頂きました。

本項では真田佑馬さん萩谷慧悟さんによるカスタムPC作製の模様とインタビューをお届けしていきます。

◆“PC組み立て経験あり”な真田佑馬さんが挑んだのはアップグレードの楽しさの余白を残したパーツ構成のマシン!

真田さんはDTM用のカスタムPCを愛用しているとのことで、チャレンジ前からかなりの頼もしさ! パーツ知識があるということで、マザーボードを始めとした各パーツに注目しつつ、PCを組み上げていきました。

マザーボードを入れる際には真剣な空気が流れました!

マザーボード:
GIGABYTE Z690 UD AX DDR4

CPU:
Intel Core i7 13700K

GPU:
GIGABYTE GV-N208TGAMING OC-11GC

CPUクーラー:
NZXT KRAKEN X53 RL-KRX53-01

メモリ:
CFD W4U3200CM-16GR (DDR4 PC4-25600 16GB 2枚組)

SSD:
CFD PG3NF2 CSSD-M2B1TPG3NF2 (M.2 2280 1TB)

電源:
玄人志向 KRPW-BK750W/85+ (750W)

ケース:
GIGABYTE AORUS C300 GLASS (GB-AC300G)

OS:
Windows 11 Home

協力:日本ギガバイト株式会社

このカスタムPCでは、ゲーミングブランド「AORUS」のケースを採用。全てのパーツが最新モデル……というわけではありませんが、CPUを最新に持っていくようにパーツを継ぎ足していく「アップグレードの楽しさ」をコンセプトとしました。

カスタマイズの楽しみはユーザーの拡張にあるとして、「CPUと水冷クーラーをアップグレードした」というストーリーをもとに、“長く付き合っていく相棒”が出来上がりました。


《高村 響》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. 『VALORANT』大学対抗戦開幕!“学生eスポーツチームの頂点”を決める「VALORANT Campus Summit」の結果やいかに!【イベントレポ】

    『VALORANT』大学対抗戦開幕!“学生eスポーツチームの頂点”を決める「VALORANT Campus Summit」の結果やいかに!【イベントレポ】

  2. ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

    ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

  3. 人気ストリーマー・yunocy&はつめに訊く!ゲーミングPC選びに必要なものとは…PCとの馴れ初めや周辺アイテムの意外なベストバイなども

    人気ストリーマー・yunocy&はつめに訊く!ゲーミングPC選びに必要なものとは…PCとの馴れ初めや周辺アイテムの意外なベストバイなども

  4. 『VALORANT』デュエリスト強化後の新パッチで行われたコミュニティ大会「RUGsコミュニティCUP #2」レポート…アイソ、ネオン、レイナも大暴れ

  5. FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

  6. 『VALORANT』の実況解説は画面のどこを見ているのか?世界に誇る日本のVCTキャスター・岸大河さん、OooDaさん、yukishiroさんに訊く【独占インタビュー】

  7. 『第五人格』4周年記念!オフラインイベント「真夏の植物幻想曲」をレポート…プロゲーマーの試合観戦、参加型ミニゲームに大満足のひととき

  8. 『CoD ウォーゾーン 2.0』はPS5コントローラーを圧倒的に推奨!エイムアシスト以外でエキスパートが支持する理由

  9. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

  10. 『VALORANT』に移行した印象は?『レインボーシックス シージ』名キャスター・ふり~だに訊く「既存コミュニティに入り込む」ということ

アクセスランキングをもっと見る

page top