うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

イベント開始早々、MOTHER3さんが自信満々に宣伝した「全勝」は達成されたのか!河野海樹さん、yueさんを\mc・解説に、濃いめのあかりんさん、Kamitoさん、はつめさん、hNtさん、MOTHER3さんが出演したその模様をレポートします。

特集 イベントレポート
うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA
  • うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

「RUGs Supported by Intel」オープンを記念し、PCブランド「GALLERIA」の協賛によって6月18日(土)に実現したイベント「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

公募で募った一般参加者と、人気ストリーマーがeスポーツパーク「RED° TOKYO TOWER」をオフライン会場に、タクティカルシューター『VALORANT』で激闘を繰り広げました。ストリーマーサイドの出演者は『VALORANT』コミュニティではお馴染みの以下の面々です。

出演者(敬称略)
MC:河野 海樹 https://twitter.com/akxm_fps
解説:yue https://twitter.com/64xk

STREAMERSチーム
濃いめのあかりん https://twitter.com/AKARINdaooo
Kamito https://twitter.com/kamito_otaku
はつめ https://twitter.com/hatsumememe
hNt https://twitter.com/hnt_valo
MOTHER3 https://twitter.com/mother3rrd

本イベントで採用されたモードは『VALORANT』でも特殊な「レプリケーション」。こちらは、1チーム5名全員が同じエージェントを使う5ラウンド先取の特殊モードであり、一般的な大会とは異なり、同じアビリティがいくつも飛び出すような楽しいモードです。

試合前には意気込みとして「オペレーターを使えば勝てるのでよろしくお願いします」と自信を見せるはつめさん。「ランクマッチの勝率が奮わなくて色々溜まってるので、ボッコボコにします!」と全勝宣言をするのはMOTHER3さん。果たして全勝なるのか!?

ヨルでめちゃくちゃーマッチ1:CHALLENGERS「むこぺんなっとう神」チーム

STREAMERチーム:ヨル vs CHALLENGERSチーム:キルジョイ

全員ヨルとなったSTREAMERチーム、デコイであるフェイクアウトや、テレポートを駆使してフィールドをめちゃくちゃにし、CHALLENGERSチームを圧倒。一般参加者の1v3クラッチなども見られるも、ラウンドスコア5-3でSTREAMERチームの勝利となりました。試合後に「ちょろいっすね!」MOTHER3さんが余裕を見せます。

驚異の10個モロトフ!マッチ2:CHALLENGERS「Bull’s Eye」チーム

STREAMERチーム:ヴァイパー vs CHALLENGERSチーム:ブリムストーン

防衛サイドスタートのSTREAMERチームは、あかりんさんのスネークバイトの3キルでスムーズな滑り出しを見せます。2ラウンド目以降も、MOTHER3さんとあかりんさんのコンビネーションやKamitoさんのグレイトエイムが見られ、ラウンドスコア5-1でSTREAMERチームの快勝。hNtさんは試合を振り返って「モロトフ(スネークバイト)が合計10個あったので、その差が出ましたね」と語りました。

遂に出たフェニックス!マッチ3:CHALLENGERS「やまでぃ」チーム

STREAMERチーム:フェニックス vs CHALLENGERSチーム:チェンバー

遂にフェニックスが出ました!ブレイズ(カーテン)とカーブボール(フラッシュ)を組み合わせたり、一度倒されても戻れるラン・イット・バックなどを駆使してCHALLENGERSチームを翻弄するSTREAMERチーム。CHALLENGERSチームもヘッドハンターによってクレジットの少ないラウンドを確実に取るも、ラウンドスコア5-2でSTREAMERチームの勝利。

ここまで4連勝と、全勝が見えてきました。というか、STREAMERチームは容赦がありません。試合後にあかりんさんは「フェニックス強いかもしれないです!」と元気に答えるも、「コンペティティブでも使いますか?」と聞かれると「使わないです」と弱々しく手のひら返し。フェニックスがコンペティティブで日の目を浴びるときは来るのでしょうか。

算数ができずにオペレーターの購入に失敗するはつめさん

「バッキーなんだよねえ!」マッチ4:CHALLENGERS「ジャッジなんだよね~」チーム

STREAMERチーム:フェイド vs CHALLENGERSチーム:セージ

防衛サイドからスタートしたSTREAMERチームは、Kamitoさんのバッキーが猛威を振るいます。後半でもKamitoさんがオペレーターでバシバシと倒していき、順調にはつめさんのオペレーターの出番を減らしていきます。

攻撃サイドに転じても勢い止まらず、合計10つのプラウラーとバッキーでCHALLENGERSチームを恐怖に陥れ、ラウンドスコア5-1で快勝。

Kamitoさんは「バッキーなんだよねえ!」となにかに目覚めた模様。その一方で見せ場がないと嘆くはつめんさん。最後にはつめオペレーターは見られるのか。

あかりん狙い撃ち!?マッチ5:CHALLENGERS「打倒あかりん」チーム

STREAMERチーム:ネオン vs CHALLENGERSチーム:KAY/O

チーム名「打倒あかりん」に対し「許せないです、ボコボコにします」と可愛い声で凶悪な宣言をするあかりんさん。

ネオンのリレーボルト(スタン)でスピーディかつカオスな防衛・攻撃を見せるSTREAMERチーム。CHALLENGERSチームも上手く返すラウンドを見せますが、序盤で付けたラウンド差を生かしてラウンドスコア5-3でSTREAMERチームの勝利。最後はKamitoさんのオペレーターが試合を決めました。はつめさんは今後二度とオペレーターは持たないらしいです。

結果はSTREAMERチームが5戦5勝という結果に。試合後、Kamitoさんは「『VALORANT』楽しいですね」とコメント。MOTHER3さんも全勝宣言を達成してホッとした様子。普段とは違うレプリケーションというモードを舞台に、カオスで楽しい試合が繰り広げられました。会場ではCHALLENGERSチームのコミュニケーションや拍手など、とても温かく、熱い雰囲気が感じられました。

最後に編集部では、イベントを終えた直後の出演者へインタビューを敢行。本日の感想を語っていただきました!

ファンの存在を体感できるオフラインイベントの魅力

ーーオフラインということで、たくさんの観覧者の前でのプレイはどのようなものでしたか?

MOTHER3:不思議な感覚でしたが、やっぱり楽しいですね。客席も近かったり、新しい経験だなと感じました。

hNt:何度か大会やイベントを経験していますが、やっぱり楽しいです。実際に相手のお顔を見れますし、ワイワイ集まってやるのは楽しかったですね。

はつめ:普段私たちはモニターに向かって、その向こうのファンの方々とお話するんですが、やっぱり実際に応援してくれているファンの皆さんが実在することを体感することで、仕事のモチベーションにもなりますし、素直に嬉しいなと思います。

Kamito:久しぶりのプレイで不安だったのですが、全試合勝ててよかったです。運営スタッフ様をはじめ、一緒に戦ってくれた出演者の方々、会場に来ていただいた方々、本当にありがとうございました!

あかりん:初めてのオフラインイベントで緊張してしまったのですがオフラインイベントならではの雰囲気感を楽しめました。

ーー今日はレプリケーションが舞台でしたが、あまり触れることのないモードでしたが、実況・解説の視点から見て如何でしたか?

河野 海樹:はちゃめちゃでしたねほんとに(笑)。5人全員がひとつのエージェントを使うので、よりそのエージェントの個性が色濃く出ていて、試合自体すごい面白いと思いましたね。一般来場者の方とのエキシビションマッチということで、ファンの方も喜んでいるような表情をされていました。時勢としてあまりできていなかった、とても良いイベントだったと思います。

yue:今回は解説というより盛り上げ担当に近かったのですが、負けてしまったCHALLENGERSチームも、負けて落ち込んでいるというよりも、楽しい空間を共有できて、最終的にみんな笑顔でした。オフライン独特の雰囲気を含めて喜んでいただけたらそれが一番ですね。

配信を見てくれていた方も、これを見て、面白そうだなと伝えることができて良かったと思っています。

ーー今日の5人のメンバーでプレイしてみていかがでしたか?

MOTHER3:hNtくんは10年前からゲーム内で知り合いで、はつめさんも何年も前から知っています。ゲームが盛り上がってくれることでこのようなインタビューの場や、初めて実際に会える場などができて嬉しいですね。あかりんさんとKamitoさんは魂だけの出演でしたがそんな絡みも面白いです。この5人でできてよかったなと思います。

あかりん:みんな優しくて、はじめましての方が多かったのですが楽しくゲームができました。みんなすごいノリが良かったので盛り上がりましたね。

Kamito:初めてお話しする方ばかりで緊張しましたが、新モードのわちゃわちゃ感のおかげで楽しくプレイすることができました!

ーーフェニックスの可能性はどうでしょうか?

hNt:アルティメットは最強レベルだと思ってますが、フラッシュが避けやすいし効果時間が短いし、モロトフも弱く、スキルが絶望的に弱すぎるので、スキルが強化されれば使われるんじゃないですかね。もしくはアルティメットポイントが5とかになったらアルティメット運用とかで使われるかもしれないですね(笑)

ーー今日一番強かった武器はなんでしたか?

あかりん:ヴァンダルです!

MOTHER3:ジャッジじゃないすか?

はつめ:バッキー?

河野 海樹:Kamitoさんのバッキー輝いてましたね。

Kamito:バッキーなんだよねぇ!

ーー(はつめさんを見ながら)オペレーターは…...?

はつめ:いや、自分は使ってないです。一回も買ってません。

ーーそれは失礼しました……!(汗)


イベントの模様はYouTubeのRUGsチャンネルにてアーカイブが残っているので、見逃してしまった方は是非ともチェックしてみましょう。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. 熟練者向け「メル・ゼナ」を倒すことができるのか...!RUGs Supported by Intelオープン記念「討伐依頼!サンブレイクで狩り尽くせ!」イベントレポート

    熟練者向け「メル・ゼナ」を倒すことができるのか...!RUGs Supported by Intelオープン記念「討伐依頼!サンブレイクで狩り尽くせ!」イベントレポート

  2. 『第五人格』プロリーグ「2022 夏季 IdentityV Japan League(IJL)」が6月4日より開幕中!編集部が注目する選手をピックアップ

    『第五人格』プロリーグ「2022 夏季 IdentityV Japan League(IJL)」が6月4日より開幕中!編集部が注目する選手をピックアップ

  3. うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

    うわっ…ストリーマーチーム、強すぎ…?ジャッジならぬ「バッキーなんだよねえ!」が飛び出した「VALORANT Exhibition Match」Supported by GALLERIA

  4. 驚異の940g!日常に溶け込むコンパクトデザイン「dynabook R8」で、どこでもSteam版『モンスターハンターライズ』を快適プレイ

  5. コミュニケーションとマップ理解度がモノを言う!?『VALORANT』新マップ「パール」を散歩してみる【先行プレイレポート】

  6. パッド派ゲームライターの「はじめてのマウス操作」体験記―『VALORANT』『PUBG』『バトルフィールド2042』で感じた“新たな選択肢”

アクセスランキングをもっと見る

page top