『Destiny 2』や『レインボーシックス シージ』が“マウサー”への取り締まり強化―家庭用ゲーム機での競争力を損なうデバイスは御法度

一部タイトルでは認められているものもありますが、競争力を損なうものにはなんらかの措置を受けます。

コミュニティ ゲームニュース
『Destiny 2』や『レインボーシックス シージ』が“マウサー”への取り締まり強化―家庭用ゲーム機での競争力を損なうデバイスは御法度
  • 『Destiny 2』や『レインボーシックス シージ』が“マウサー”への取り締まり強化―家庭用ゲーム機での競争力を損なうデバイスは御法度
  • 『Destiny 2』や『レインボーシックス シージ』が“マウサー”への取り締まり強化―家庭用ゲーム機での競争力を損なうデバイスは御法度
  • 『Destiny 2』や『レインボーシックス シージ』が“マウサー”への取り締まり強化―家庭用ゲーム機での競争力を損なうデバイスは御法度

Destiny 2』を手掛けるBungieは、家庭用ゲーム機におけるマウス・キーボードなどのデバイスやマクロの使用などの取り締まりを強化することを表明しました。また、『レインボーシックス シージ』ではマウスを使用した際にユニークなデバフがかかるようになるアップデートが実装されています。

Bungieは4月13日(木)に発表した開発ブログにて、プログラム可能なコントローラー、キーボード・マウス、マクロなどを禁止することを明言。なお、開発が意図するゲーム体験を実現するためのアクセシビリティ機器、つまりハンディキャップを持つプレイヤーが本来の体験を得るための助けとなるデバイスに関しては、もちろん許されています。

前述したデバイスやプログラムなどを用いて、反動を減らしたりエイムアシストを増強するなど、プレイヤーが乗り越えるべき課題を軽減することが違反となります。これらを悪用するプレイヤーは通常よりもはるかに早くPvPランクを上げることができてしまうとのこと。

違反行為に対して警告や制限、BAN(アクセスの禁止)を行っていくと説明しています。

また、タクティカルシューター『レインボーシックス シージ』の家庭用ゲーム機版では、マウス使用者に関するデバフ「マウストラップ」をY8S1.2アップデート(4月11日)で実装。

このシステムは、ゲーム内でマウスを検知すると照準を動かす速度が徐々に遅くなっていくというもの。逆にマウスを外してコントローラーで操作することによって、徐々に速度が戻っていく点がユニークです。とりわけ『レインボーシックス シージ』はエイムアシストが搭載されておらず、精確なエイムを簡単に行うマウスとの差は激しいものです。

『フォートナイト』や『ボーダーブレイク』など、一部のタイトルではマウスが認められているものもありますが、そうでないタイトルではコントローラーで遊ぶか、PC版で遊ぶのが吉でしょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

    【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

  2. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  3. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

    しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  4. XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

  5. “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

  6. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

  7. 「はんじょう」スプラトゥーン甲子園の出場辞退はチームの内部分裂によるもの―メンバーの遅刻や寝落ちが発端に【UPDATE】

  8. 「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

  9. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  10. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

アクセスランキングをもっと見る

page top