“トトロ・ゲーミング”を名乗る『VALORANT』中国チームが強い!ロゴはどう見ても......?過去には米で“ゼニガメ分隊”も

2020年から活動するトトロ・ゲーミングは、国際大会に出場経験のあるチームとしのぎを削っています。めちゃくちゃ強い。

e-Sports ニュース
“トトロ・ゲーミング”を名乗る『VALORANT』中国チームが強い!ロゴはどう見ても......?過去には米で“ゼニガメ分隊”も
  • “トトロ・ゲーミング”を名乗る『VALORANT』中国チームが強い!ロゴはどう見ても......?過去には米で“ゼニガメ分隊”も
  • “トトロ・ゲーミング”を名乗る『VALORANT』中国チームが強い!ロゴはどう見ても......?過去には米で“ゼニガメ分隊”も

タクティカルシューター『VALORANT』の中国大会にて「Totoro Gaming(トトロ・ゲーミング)」なるチームが頭角を現しています。その名の通りのキャラクターを模したようなチームロゴが特徴的です。なお中国において、映画「となりのトトロ」は2018年に正式に公開されています。

Totoro Gamingは『VALORANT』サービス開始当初の2020年から活動しているチームで、ロースターの3名はチーム結成時から変わっていない模様。中国国内では最近まで公式大会が行われていませんでしたが、国内のコミュニティ大会などでは度々優勝を収めるなど、結果を残している実力派チームです。

現在出場中の中国大会「FGC Valorant Invitational 2023」でもEDward Gamingと並びグループステージ突破を決めています。EDward Gamingといえば過去に国際大会にも出場経験のある強豪チームです。

画像はImbaTV Fearless Invitational Cupのもの

よく見ると、チームロゴはその特徴をモチーフにしているように思えます。特徴的な長い髭とお腹の模様はそのままに、ちょっとイカツイ表情をしたアレンジが加えられている様子。

過去には、アメリカ地域予選にて「Squirtle Squad(ゼニガメ分隊)」を名乗るチームが、任天堂の商標を侵害する恐れがあるとし、ライアットゲームズよりチーム名称の変更を求められる出来事もありました。チーム名は後に「Turtle Troop(カメ部隊)」に変更されました。

今年6月に日本で行われる国際大会「VCT:Masters Tokyo」では、中国から2チームの出場枠が設けられることが発表されています。もしTotoro Gamingが出場枠を勝ち取った場合、どのような処遇となるのでしょうか。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  4. ZETA・Laz選手は、どんな経緯でIGLになったのか…そして表情が豊かになった?―TS戦後に話す「チームが成長する喜び」【インタビュー】

  5. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  6. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  7. 「父ノ背中」プロゲーマーが配偶者のクレジットカードを不正利用した挙げ句失踪―チーム代表は「このままでは契約解除せざるを得ない」

  8. 差別的発言で問題となった『VALORANT』プロゲーマー2名、正式処分が決定―TenTenは4試合の出場停止、かたやfl1pzjderには警告文のみ

  9. 新ヘッドコーチCarlaoに訊く新生ZETA DIVISION―ACADEMY組のパフォーマンスは“期待をはるかに超えた”【インタビュー】

  10. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

アクセスランキングをもっと見る

page top