FPSで最低ランクから最高ランクへ上げるストリーマーのチャレンジに論争勃発―見てる人は面白い、けどマッチした人はつまらない

グラマスマーシーはどんなゴールドをも倒す。

コミュニティ クリエイターニュース
FPSで最低ランクから最高ランクへ上げるストリーマーのチャレンジに論争勃発―見てる人は面白い、けどマッチした人はつまらない
  • FPSで最低ランクから最高ランクへ上げるストリーマーのチャレンジに論争勃発―見てる人は面白い、けどマッチした人はつまらない
  • FPSで最低ランクから最高ランクへ上げるストリーマーのチャレンジに論争勃発―見てる人は面白い、けどマッチした人はつまらない

『オーバーウォッチ 2』『Apex Legends』など、ランク制モードが導入されているシュータータイトルにおいて、「低ランクから最高ランクへ上げる」チャレンジは国外を中心に人気ストリーマーが度々行っている人気コンテンツのひとつです。

代表的なものは、アメリカのストリーマーであるiiTzTimmyさんが『Apex Legends』で行った、一度の配信でブロンズからApexプレデターまでランクを上げるというものでしょう(実際に60時間ほどかけて達成している)。彼はその後『VALORANT』でも同様の企画を行うものの、途中でアカウントがBANされるトラブルも発生しています(BANの理由は明かされていないが、スマーフ行為によるBANと考えられている)。

『オーバーウォッチ 2』においてこのようなチャレンジに対する痛烈な批判がRedditに投稿され、波紋を呼んでいます。投稿者はこのようなチャレンジは悪質なスマーフ(*)であり「ばかばかしい」と一蹴。解説コンテンツなどと謳われていますが、最上位プレイヤーが低ランク帯を蹴散らす姿を見せることにその意味はないと主張しています。

(*)スマーフ=意図的に本来の実力よりも低いランク帯でプレイすること

このようなチャレンジは高ランク帯が強い力をもってなぎ倒していくことがほとんどであり、たまたまその挑戦者とマッチしてしまったプレイヤーにとって良い記憶に残らないのは確かでしょう。しかし、装備なしや武器縛りなど、同じチームとしてマッチした際には迷惑行為のように感じられるチャレンジなど、物議を醸しながらも視聴者にとって楽しいコンテンツとして成立しているようです。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

    【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

  2. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

    しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  3. XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

    XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

  4. 「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

  5. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

  6. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  7. 「はんじょう」スプラトゥーン甲子園の出場辞退はチームの内部分裂によるもの―メンバーの遅刻や寝落ちが発端に【UPDATE】

  8. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  9. 『原神』ティナリ・海外声優が未成年への性犯罪スキャンダルで交替へ―発覚から9日でスピード降板

  10. Snow Man「佐久間大介」がホロライブ「星街すいせい」との関係を「噂されるようなことは一切ない」と否定

アクセスランキングをもっと見る

page top