『VALORANT』プロチームと賭博関連企業のスポンサーシップが許可されたと報道―しかしライアットゲームズは真っ向から否定

インターナショナルリーグ開幕直前の報道に、コミュニティは敏感になっています。

e-Sports ニュース
『VALORANT』プロチームと賭博関連企業のスポンサーシップが許可されたと報道―しかしライアットゲームズは真っ向から否定
  • 『VALORANT』プロチームと賭博関連企業のスポンサーシップが許可されたと報道―しかしライアットゲームズは真っ向から否定
  • 『VALORANT』プロチームと賭博関連企業のスポンサーシップが許可されたと報道―しかしライアットゲームズは真っ向から否定

『VALORANT(ヴァロラント)』プロチームと賭博関連企業のスポンサーシップ締結が許可されたとの報道に対し、ライアットゲームズは今のところその事実はないとを表明しています。

事の発端は『VALORANT』プロチームに対するポリシーが変更され、これまで禁じられていた賭博関連企業との提携が可能になったとの報道。ライアットゲームズは、同社が手掛ける『League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)』や『VALORANT』のプロeスポーツチームに対して、提携してはいけない企業についてのポリシーを定めています。そこには賭博だけでなく、アルコールやたばこ、ファンタジーeスポーツ(実在の選手を題材にした仮想ゲーム)関連企業などが含まれています。

この報道を受けコミュニティの一部は反発。『VALORANT』のプレイヤーが若年層で構成されていることや、競技の公平性を保てなくなると懸念されていました。

ところが、ライアットゲームズは海外メディアに対して「チームのスポンサーカテゴリーに関するポリシーに変更はありませんが、我々は世界的なeスポーツエコシステムの成長をサポートし、安全安心かつ有意義な体験を提供する機会を検討し続けています」と回答し、この報道を否定しています。

The Guardが全従業員を解雇したとの報道や、Faze Clanが従業員の20%をレイオフするなど、一部のeスポーツチームは良いとは言えない経営状況が続いています。ポリシーの変更によって、より多くの企業からの援助を受けることができれば(勢いのある分野であればなおさら)一部のチームにとってはプラスに働くことは間違いありません。

しかし、ストリーマーの配信で行われる試合の賭けによる悪質な荒らし行為など現状をみるとコミュニティの反発は避けられないでしょう。

念のためお伝えすると、日本国内では認められた賭博以外は法律で禁じられています。



《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  2. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  3. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

    DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  4. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  5. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  6. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  7. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  8. 『スマブラ』コミュニティ大会「篝火」スタッフが除名処分―人気選手のアンケート回答を漏洩し誹謗中傷する

  9. 『Apex Legends』国内最強IGLは誰だ!トッププロが争う「IGL MASTERS」が開催決定

  10. 「闇落ちcrow」という呼び名には“ノーコメント”―体調不良のなか「TS戦」で存在感を示したZETA・crow選手にインタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top