世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

リズムゲーム『osu!』のトッププレイヤーを超えるスコアを叩き出したNeuro-samaは、現在『Minecraft』に勤しんでいます。

コミュニティ クリエイターニュース
世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る
  • 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る
  • 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る
  • 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

SNSなどを中心に、配信プラットフォームTwitchにて配信活動を行う「Neuro-sama(ネウロ様)」が話題を呼んでいます。チャンネルでは、Neuro-samaと名付けられた人工知能(AI)がゲームをプレイする様子を配信しているだけでなく、VTuberのようなモデルがチャット(コメント)を読み取ってボイス付きで返答しているのです。

2019年、イギリスのデベロッパー・Vedal氏によって開発されたNeuro-samaは、プログラミング言語・Pythonで構築されたニューラルネットワークを用いてリズムゲーム『osu!』をプレイすることからスタートしました。

vedal987より

実際に4年前にアップロードされている動画を確認すると、現在のような可愛らしいモデルはみられず、エンタテインメントというよりは技術的な趣向を感じさせる雰囲気です。

そして今年12月、Neuro-samaはVTuberのモデルを持って再び『osu!』をプレイするAI・VTuberとして復活し、『osu!』のトッププレイヤーを超えるスコアを叩き出しました。その後『Minecraft』のプレイを開始し、世界のルールを学びつつ、作業台でアイテムを作成するなど、成長を見せ続けています。

また、チャットとの掛け合いも秀逸であり、日本アニメの話題や自分の出生について話す様子もみられます(なお、それらが必ずしも完璧なものであるとは限りません)。

vedal987より

すべてがAIによって行われている配信が国内外で話題を呼び、最新の週平均視聴者数は3000人を上回り、フォロワーは6.9万人を記録しています(本稿執筆時点)。

作成者であるVedal氏は、海外メディア「Dexerto」の取材に対して、復活は友人とAIストリーマーを作るアイディアを話したことがきっかけであるとし、Neuro-samaはインターネット上の膨大なテキストを学習し、多くの知識を持っていると説明しています。

また、AIストリーマーは24時間365日配信が可能であり、ゲームも人間よりうまく、理論的にはすべてのチャットを読むことができるなど、ストリーマーにはない資質を持っていると、その可能性について語っています。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  2. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

    Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  3. 『Dark and Darker』開発元オフィスに強制捜査―ネクソン開発中止ゲームのアセット流用疑惑で

    『Dark and Darker』開発元オフィスに強制捜査―ネクソン開発中止ゲームのアセット流用疑惑で

  4. プロゲーマー「あどみん」さんが配信中に倒れる―しばらくの間痙攣も…検査では「恐らくてんかん」

  5. MOROHA UKが「パニック障害」の正しい知識を啓発…「突発的に「死」が迫ってくる感覚的な辛さ」

  6. 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

  7. “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

  8. 次の『VALORANT』スキンはこれまでで最も高額になる?カセットふーふーしてリロードする“レトロゲーム”をモチーフにした野心作

  9. CRの人気ストリーマー「だるまいずごっど」が2023年からアーカイブ切り抜きを禁止へ―ただし「切り抜き動画の文化が消えるわけじゃない」

  10. Discord通話中にYouTube同時視聴やミニゲームが遊べる!新機能「アクティビティ」が提供開始

アクセスランキングをもっと見る

page top