「本当に『VALORANT』すごいな」…オフライン大会を終えたキャスターyukishiroさんに会場の様子やグランドファイナルの展開を訊く

さいたまスーパーアリーナでの解説を終えたばかりのキャスターyukishiroさんにミニインタビュー。「Northeption」が変わった瞬間や、オフラインならではの臨場感を語っていただきました。

e-Sports インタビュー
「本当に『VALORANT』すごいな」…オフライン大会を終えたキャスターyukishiroさんに会場の様子やグランドファイナルの展開を訊く
  • 「本当に『VALORANT』すごいな」…オフライン大会を終えたキャスターyukishiroさんに会場の様子やグランドファイナルの展開を訊く
  • 「本当に『VALORANT』すごいな」…オフライン大会を終えたキャスターyukishiroさんに会場の様子やグランドファイナルの展開を訊く
  • 「本当に『VALORANT』すごいな」…オフライン大会を終えたキャスターyukishiroさんに会場の様子やグランドファイナルの展開を訊く

さいたまスーパーアリーナにて開催された『VALORANT』の国内大会「VALORANT Champions Tour 2022: Japan Stage 2 Challengers Playoffs」。そのグランドファイナルは、「ZETA DIVISION」vs「Northeption」が激闘を繰り広げ、マップスコア3-1で「Northeption」が勝利。「Northeption」は2022年7月10日~25日にかけて、デンマーク・コペンハーゲンで行われる「2022 VCT Masters Copenhagen」に出場することが決定しました。

そんな激闘をわかりやすく観戦できるのは、キャスター陣のおかげです。今回編集部では、キャスターのひとりであるyukishiroさんにミニインタビューを刊行。「Northeption」が変わった瞬間や、オフラインならではの臨場感を語っていただきました。

ーーはじめて会場に入ったとき、どのように感じましたか?

yukishiroさん:準備日に入らせていただきまして、まずひとつは大きいなという印象を受けましたよね。本番中にも触れたように、自分が選手だった時代にはこんなに多くのお客さんが入れるハコ(会場)でのイベントなんてありませんでした。「こんなたくさん椅子があるのに、本当に埋まるの?」と思っちゃいましたね(笑)

ーー実際にお客さんで埋まってる情景を見て如何でしたか?

yukishiroさん:実際にその椅子が埋まっていて、みなさんがバルーンスティックを叩いてくれて。本当に『VALORANT』すごいなと。

僕らは選手でなくキャスターという立場ですが、実況席へ僕らが移動しようものなら、横にいたお客さんから「頑張ってください!」「写真を撮ってください!」と囲まれたり、手を降ってくださって「どうなってるんだ!?」と驚きました(笑) ふわふわして変な気持ちと言いましょうか、おかしな感覚ですよね。

ーーオフラインだからこその盛り上がりは感じられましたか?

yukishiroさん:すごく感じられましたね。スティックバルーンの音の大きさで僕らの声が入らないので、鳴り止むまで待っておこうというシーンもあったくらいで。ACEなどすごいプレーが見られると、実況席の前の席のお客さんから声が漏れるんです。肌でお客さんの熱気を感じられました。

ーーグランドファイナルではNthが勝利しました。この結果、試合の展開をどうお考えですか?

yukishiroさん:今までの結果を踏まえるとZETAのほうが勝率が高いかなとは思っていました。ただ、それがわからなくなったのは、Day4(オフライン初日)のCR戦でした。初戦はZETAがNthを2-0で下したという結果でしたが、CR戦ではNthの動きがガラッと変わっていて、ラウンド数的に競っていた部分はありましたが、試合の内容としてはNthが圧倒していた印象を受けました。Nthは自分たちの「より強い姿」をこのオフライン会場で見つけたんだなと感じました。それを見てグランドファイナルの勝敗が少し読みにくくなったなと。

また、グランドファイナルでは1stマップがNthが固定でBANしていたアイスボックスでした。ZETAとしてもここは取れるマップだと思っていたのではないでしょうか。そのアイスボックスをNthが取ったとき、これはNthの勝ち筋が見えてきましたね。

どうしても普段あまり練習をしていないマップというのはあるんですよ。Nthとしても他のマップよりも自信を持ちにくいアイスボックスで勝ち切れたのは素晴らしかったですね。全てのチームがそうできるわけではありませんし、あの大一番でやってのけたあのアイスボックスが一番大きかったかなと思っています。

ーー世界戦でNthと戦ったら面白そうだなと思うチームはありますか?

yukishiroさん:Nthからしたら嫌かもしれませんが「FNATIC」ですね。EMEAの強豪チームです。前回はメンバーが突如変更になったという背景もあってZETAに倒される結果となりましたが、FNATICは連携面がとても丁寧なことが特徴的です。Nthはスピードを重視した攻撃的な姿勢を取っていたので、それをFNATICにぶつけたらどうなるか気になりますね。


yukishiroさんの感慨深そうに語る姿が印象的なインタビューはあっという間に終わってしまったものの、試合の展開をしっかりと読み取って伝えてくれるその姿勢は、『VALORANT』コミュニティがVCTを軸に発展していくことを強く感じさせるものでした。

次の公式大会は2022年7月10日~25日にかけて、デンマーク・コペンハーゲンで行われる「2022 VCT Masters Copenhagen」です。日本から出場する「Northeption」へ、惜しみない応援を送りましょう!

<取材・執筆:岡野朔太郎/編集・撮影:矢尾新之介>

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  2. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

    これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  3. RIDDLEが『VALORANT』部門を設立!元ZETAアカデミーのyatsuka、Caedye、Aace、VorzにSeoldamとMaufinが合流

    RIDDLEが『VALORANT』部門を設立!元ZETAアカデミーのyatsuka、Caedye、Aace、VorzにSeoldamとMaufinが合流

  4. 『Apex Legends』ALGS出場プロが過去の“ランク代行”で6ヶ月の給与50%カット…チームは契約企業にスポンサー料を全額返金

  5. 『VALORANT』公式キャスター・yueさん、預金残高139円で仕事を辞める―たっぷり課金した原神を配信しながら退職理由や今後を語る

  6. Crazy Raccoonに「スマブラ部門」新設!プロトバナムさんが初期メンバーとして加入へ

  7. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  8. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  9. 『Apex Legends』で最も稼いだ男“インペリアルハル”が「今後Apexをほとんどプレイしない」と投稿―精神的に疲弊している様子

  10. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

アクセスランキングをもっと見る

page top