「ナンジャモ」から「ライザ」まで!人気イラストレーター・Mika Pikazo氏による“10枚のファンアート”を一気見

『FE エンゲージ』キャラデザ、『FGO』清少納言などで知られるMika Pikazo氏が、全10枚でおくる「イラストリクエスト企画」を完走!全作品をひとまとめ。

コミュニティ ゲームニュース
「ナンジャモ」から「ライザ」まで!人気イラストレーター・Mika Pikazo氏による“10枚のファンアート”を一気見
  • 「ナンジャモ」から「ライザ」まで!人気イラストレーター・Mika Pikazo氏による“10枚のファンアート”を一気見
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。
  • ※画像はMika Pikazo氏のTwitterより引用。

イラストレーターのMika Pikazo氏は、自身のTwitterフォロワー数100万人突破を記念し、全10枚でおくる「イラストリクエスト企画」を実施。その10枚目が5月28日に投稿され、企画を完走しました。

Mika Pikazo氏は、キービジュアルやキャラクターデザイン、アパレルに書籍など、幅広い分野で活躍する著名イラストレーター。ゲーム関係では『ファイアーエムブレム エンゲージ』のキャラデザ、『Fate/Grand Order』の清少納言、謎の蘭丸Xなどを手がけています。

最後の第10弾は、同氏がキャラデザを担当したVTuber「輝夜月」「ピンキーポップヘップバーン」「ハコス・ベールズ」をデザイン。この他にも本企画では、『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』のナンジャモ、『ライザのアトリエ』のライザなどが描かれています。

本稿では企画完走にあわせ、Mika Pikazo氏の描いた10枚のイラストをひとまとめで紹介。ゲーマーにも馴染み深いキャラたちを要チェックです。

◆第1弾『機動戦士ガンダム 水星の魔女』スレッタ・マーキュリー、ミオリネ・レンブラン

◆第2弾『リコリス・リコイル』錦木千束、井ノ上たきな

◆第3弾『NARUTO』うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ

◆第4弾『チェンソーマン』パワー、マキマ

◆第5弾『ポケモンSV』ナンジャモ

◆第6弾『ジョジョの奇妙な冒険』岸辺露伴

◆第7弾『ぼっち・ざ・ろっく!』結束バンド

◆第8弾『ライザのアトリエ』ライザリン・シュタウト

◆第9弾『ファイアーエムブレム 風花雪月』エーデルガルト、ディミトリ、クロード

◆第10弾『VTuber』輝夜月、ピンキーポップヘップバーン、ハコス・ベールズ


イラストリクエスト企画を完走し、Mika Pikazo氏は「描きたかったキャラも描けて楽しかったし 10枚描こうって最初決めてたので無事終わってよかったです」とコメント。また、「たくさんのリクエストやお祝いの言葉、ありがとうございました!」と感謝を伝えています。


MikaPikaZo
¥3,300
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン@インサイド》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

コミュニティ アクセスランキング

  1. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

    Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  2. TikTokで“失神ゲーム”をした12歳少女が死亡―意図して危険な行為をする「バイラルチャレンジ」とは

    TikTokで“失神ゲーム”をした12歳少女が死亡―意図して危険な行為をする「バイラルチャレンジ」とは

  3. 海外ストリーマーが福島・帰還困難区域に侵入し配信...逮捕され約1ヶ月拘留

    海外ストリーマーが福島・帰還困難区域に侵入し配信...逮捕され約1ヶ月拘留

  4. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  5. 「V最」ことVTuber最協決定戦『VALORANT』第1回のメンバー・チーム分けが発表!葛葉、ローレン・イロアスなど人気VTuber40名が集う

  6. 『Apex Legends』にそっくりのスマホ向けバトロワ『高能英雄』が誕生?あまりにも既視感のある光景

  7. 「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

  8. “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

  9. 人気ストリーマー加藤純一さんの「ムラッシュゲーミング」志願者が濃すぎる―元Crazy Raccoon『VALORANT』部門から、ポケモン世界大会常連、パラグライダー日本記録保持者まで

  10. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

アクセスランキングをもっと見る

page top