DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】

Anthem選手に現在のチームの状況やDRX戦について伺いました。

特集 インタビュー
DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】
  • DRX戦のIGLはReitaが担当していた―LCQを見据え試行錯誤を試みるDFMを、Anthem選手に訊く【インタビュー】

『VALORANT』のインターナショナルリーグ「VALORANT Champions Tour 2023: Pacific League」のWeek7。日本チームの「DetonatioN FocusMe(DFM)」が挑んだのは、未だ負け無しのリーグ首位「DRX」です。

フラクチャーの防衛などでは、アジア最強との呼び声高いチームに喰らいつくも、結果はマップスコア2-0で残念ながら敗北。それ以前の試合でもところどころで良い内容は見せつつも、DFMはなかなか“勝利”に結びつかない苦しい状況が続きます。

そこで今回は、DRX戦を終えたAnthem選手にインタビューを実施。現在のチームの状況や課題、メンタル面での負荷などを話してもらいました。

◆見据えるのは“LCQ”

――本日の試合お疲れ様でした。率直な感想をお願いします。

Anthem:Suggestが体調不良のなか、結果は悪かったですがやることはやってきました。やはりDRXはリーグで負けていないチームなので、レベルの差というか、練度などの面でレベルの高さを実感・再認識させられた試合でした。

――フラクチャーの防衛は上手くいってる場面が多くありました。手応えとしていかがですか。

Anthem:ピックマップということもあって、いろいろ作戦や形を用意していたので、7-5というスコアで折り返せたことに繋がったと思います。

――チームとしての変化はなにかありましたか。

Anthem:今日の試合のIGLはReitaさんがやっていたんです。チームとしてはLCQに向かって試し試しでやっている部分が多いのですが、今週はそれによって自分たちのスタイルが変わったと思います。それは相手チームにも「先週とは違うな」という印象を少し与えられているんじゃないかと。

――ピック含めロール変更に関しては、Suggest選手の体調不良による影響というよりは、いろんなことを試す意味合いが強かったのでしょうか。

Anthem:そうなりますね。

――IGLではないことで、試合の見え方は変わってきますか。

Anthem:試合に臨む姿勢は変わりません。とはいえ、センチネルから見る景色はイニシエーターとは全然違うので難しかったですね。情報を取るには、身体でリスクを背負う必要があります。味方のVCを聴きながらどこが取れそうとか、身体でプレッシャーかけるべきなのかなど、どちらからといえば情報を受けた上で動くので全然違いますね。

◆他チームとの差、メンタルの負荷

――プレイオフへの道が絶たれたなかでの試合でしたが、どのような気持ちで臨んだのでしょうか。

Anthem:プレイオフへの出場はもうできませんが、もちろん勝ちは目指します。チームとしてはLCQもあるので、リーグの先を見据えてやっています。

――プレイしていくなかで、チームとして足りないもの、他チームとの差を感じると思う部分はどこでしょうか。

Anthem:今日に限ってはチームの練度の面でもSuggest選手がいない分、その差が広がったように感じました。普段やってないメンバーで頑張ってコミュニケーションは取りましたが、プレイしてきた時間はそれだけでは埋まらないですね。

試合を見返したらわかることがもっとあると思いますが、体感しているのは、やはりスキルの合わせ方やチームの練度ですね。

――メンタル面での負荷も大きいでしょうか。

Anthem:正直しんどいですが、必ず試合はやってくるものです。ここに出たくても出られない選手も日本国内にたくさんいますし、応援してくれる人の声にも応えたいと思っているので、毎試合全力を尽くしてやるしかありません。他のメンバーも同じように感じていると思います。

――次戦への意気込みと読者へのメッセージをお願いします。

Anthem:いつも応援ありがとうございます。試合結果含め見ていてキツい状況のほうが多いと思いますが、僕たちも全力を尽くしてプレイしているので、引き続き応援してくれたら嬉しいです。


ここまで試行錯誤の末、未だ勝ちを掴めないDFM。やはり一番辛いのはさまざまな思いを持って挑んでいるプレイヤーたちです。来週のSUPER WEEKでは、5月13日に「Global Esports」。5月16日に「Talon Esports」と対戦します。彼らが悔いの残らない試合になるよう、引き続き惜しみのない応援を送りましょう。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. グラボのない「ゲーミングChromebook」でクラウドゲームを快適プレイ!ASUSが「Chromebook Vibe CX55 Flip」を発表

    グラボのない「ゲーミングChromebook」でクラウドゲームを快適プレイ!ASUSが「Chromebook Vibe CX55 Flip」を発表

  2. ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

    ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

  3. FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

    FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

  4. DFM・Reita選手には“髪デバフ”がある?ZETA DIVISION戦後に訊く、Seoldam登場やチームの現状について【独占インタビュー】

  5. 「押されていようが、かかってこい」…PRX戦を振り返るLaz選手、“リーグならではの戦い方”と“懸念”を語る【インタビュー】

  6. 『VALORANT』新デュエリスト「アイソ」は“楽しい”けど“ピックしにくい”トリッキーキャラ…チームプレイに組み込めるかはエイム次第【先行プレイレポート】

アクセスランキングをもっと見る

page top