新情報をリークしたとしてストリーマーがBANされるも、本人は関与を否定―開発側は「反論の余地のない証拠」があると強調

漏洩していた映像、メッセージ、画像など“反論の余地がない証拠”を確認していると強調しています。

コミュニティ ゲームニュース
新情報をリークしたとしてストリーマーがBANされるも、本人は関与を否定―開発側は「反論の余地のない証拠」があると強調
  • 新情報をリークしたとしてストリーマーがBANされるも、本人は関与を否定―開発側は「反論の余地のない証拠」があると強調
  • 新情報をリークしたとしてストリーマーがBANされるも、本人は関与を否定―開発側は「反論の余地のない証拠」があると強調

Bungieは、オンラインアクションRPG『Destiny 2』の最新情報がリークされたことを確認。この漏洩に関わったとして、コミュニティで著名なストリーマー、Ekuegan Teko-AgboさんをゲームからBANしました。しかし、Ekueganさんは関与を否定しています。

上記のツイートにおいて、『Destiny 2』の開発チームはコンテンツクリエイターなど、コミュニティの限られたメンバーを非公開の会議におけるポリシーの違反があったことを明かし、信頼が損なわれることで今後の開催が危ぶまれるとしています(もちろん参加にあたって秘密保持契約が結ばれているとしても)。そして、このポリシーの違反に対する措置を講じたと述べています。

この投稿では個人名は挙げられていませんが、Ekueganさんは海外メディア(Forbes)の取材に対して、このツイートで“措置”を講じられたのは自分であることを話しています。彼はゲームをBANされた(アクセスを禁じられた)のです。

Ekueganさんはリークへの関与を否定。多くの機密保持契約を結んでいるなかでそれを破る理由はないとし、Bungie側の言い分は、リークされた内容に含まれていたデスクトップのアイコンが一致したことだと明かしています。

これを受けてか、『Destiny 2』の開発チームは再び声明を発表。ここでも個人名は挙げていませんが、ある人物が複数年にわたって会議の機密上を漏洩していた映像、メッセージ、画像など、“反論の余地がない証拠”を確認している強調しています。

前作と合計で20,000時間以上本作を配信してきたストリーマーということもあり、コミュニティは騒然。どのような展開を迎えるのでしょうか。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

    XQQは、何故コーチへ転身したのか―「ZETA DIVISION」を世界ベスト3へ導いた影の立役者【独占インタビュー】

  2. 「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

    「配慮に欠けていた」…ぶいすぽっ!一ノ瀬うるはが“投げ銭”禁止の『SEKIRO』配信直後に別枠を設けたことに対し謝罪

  3. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

    令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

  4. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  5. 高難度アクション『Only Up!』が33秒でクリアされ話題に―一気に飛び上がって苦難をスキップして

  6. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  7. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  8. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  9. 「はんじょう」スプラトゥーン甲子園の出場辞退はチームの内部分裂によるもの―メンバーの遅刻や寝落ちが発端に【UPDATE】

  10. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

アクセスランキングをもっと見る

page top