ホロライブ人気VTuber「兎田ぺこら」さんが法廷画家の手によって描かれる―配信企画“もしぺこらが犯罪をおかしたら”で破壊力抜群の絵が登場

ホロライブの人気VTuber兎田ぺこらさんが、法廷画家によって犯罪者のようなタッチで描かれ、それを用いたユニークな配信企画を行い、話題を集めています。

コミュニティ クリエイターニュース
ホロライブ人気VTuber「兎田ぺこら」さんが法廷画家の手によって描かれる―配信企画“もしぺこらが犯罪をおかしたら”で破壊力抜群の絵が登場
  • ホロライブ人気VTuber「兎田ぺこら」さんが法廷画家の手によって描かれる―配信企画“もしぺこらが犯罪をおかしたら”で破壊力抜群の絵が登場
  • ホロライブ人気VTuber「兎田ぺこら」さんが法廷画家の手によって描かれる―配信企画“もしぺこらが犯罪をおかしたら”で破壊力抜群の絵が登場

VTuber事務所「ホロライブプロダクション(hololive production)」に所属する人気ライバー、兎田ぺこらさんが、法廷画家の榎本よしたか氏の絵を用いた配信企画を行い、話題を呼んでいます。

榎本よしたか氏は、撮影に特別な許可が必要な法廷において、その様子を「絵」を用いて伝える「法廷画」などを手掛けるイラストレーターです。7.5万をこえるいいねを獲得した件のツイートでは、VTuberの兎田ぺこらさんがもし出廷していたら、というシチュエーションがリアルなタッチで描かれています。ちょっとやつれた表情の兎田ぺこらさんがじわじわきますね。

この法廷画は、兎田ぺこらさんの配信企画「もしも兎田ぺこらが犯罪をおかしてしまったら・・・ぺこ!」に用いるために作成されたものです。その内容は、ツイートの絵だけでなく、さまざまなシチュエーションの法廷画から、兎田ぺこらさんが用意された罪状を読み上げ、有罪か無罪か、視聴者がアンケート機能を使ってジャッジするというもの。

罪状のなかには、「配信ネタに困窮した兎田ぺこらが、ホロライブメンバーの有りもしない過去を捏造する暴露系YouTuberとなり、それをネタにほかメンバーへ恐喝をした罪で逮捕」など、とんでもないものもみられ、配信は大いに盛り上がっていた様子。多くの法廷画が登場する配信アーカイブを確認してみましょう。


《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

    『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

  2. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

    令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

  3. ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

    ゲーセンマシンの取り合いがあわや刃傷沙汰…最悪の事態防いだ店員に茨城県警から感謝状

  4. 公式警告!「使用者をBANする予定」―『VALORANT』APIを不正利用するサードパーティアプリに要注意

  5. 加藤純一さんが妄想する「ムラッシュゲーミング」が、設立前に「VAULTROOM」によってTシャツ化

  6. 「ちいかわ」作者が『ポケカ』のバオッキーを描く!新パック「VSTARユニバース」でイラストを担当

  7. ソニーが「モバイルモーションキャプチャー」新商品発表を予告―11月29日12時より公式YouTubeチャンネルにて

  8. CRの人気ストリーマー「だるまいずごっど」が2023年からアーカイブ切り抜きを禁止へ―ただし「切り抜き動画の文化が消えるわけじゃない」

  9. 『荒野行動』と「BreakingDown(ブレイキングダウン)」が異種コラボ!朝倉未来や瓜田純士、こめお、10人ニキらがプロゲーマーとサバゲーで本気の勝負

  10. “サ終にブチ切れる夢見りあむ”が、来年3月にサービスを終了する『デレマス』に登場し話題―カード特技は「永遠に推してくれ」

アクセスランキングをもっと見る

page top