『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る

「スタートダッシュ杯」が示したのは現ブキ環境の結論か、それとも…。

コミュニティ ゲームニュース
『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る
  • 『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る
  • 『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る
  • 『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る
  • 『スプラトゥーン3』の主役は「スクスロ」じゃない!環境ブキ大暴れの大会を別の角度から振り返る

現在、全54種類のブキが実装されているアクションシューティングゲーム『スプラトゥーン3』。その中でもとくに猛威を振るっているブキの1つが、「スクリュースロッシャー」です。「Nintendo Live 2022」の中で開催された初の公式大会「スタートダッシュ杯」では、そんな今のゲーム環境を象徴するような出来事が起きていました。

洗濯機が大暴れした公式大会

「スタートダッシュ杯」は、4vs4のナワバリバトルによって優勝者を決めるトーナメント形式の大会。とくに“環境ブキ”が目立っていたのは、10月9日に行われた「一般チーム部門」です。

勝ち進むチームはほとんどが「スクリュースロッシャー」を採用しており、“3枚積み”という光景が見られる試合も。スペシャルに「マルチミサイル」をもつ「LACT-450」の採用率も高く、準々決勝以降は「スクリュースロッシャー」とセットで編成に組み込んでいるチームが多かったようです。

また準々決勝の第1試合では、「スクリュースロッシャー」×2、「LACT-450」、「リッター4K」(スコープ)によるほぼミラー状態のマッチが成立したことも話題に。全体として、ブキ編成に偏りが生じていたことは間違いないでしょう。

実はリリース当初から「スクリュースロッシャー」の性能は高く評価されており、大会のみならず、バンカラマッチでもよく使用されています。

その強みは、メインウェポンの性能に加えて、サブウェポン「タンサンボム」の塗り性能、スペシャル「ナイスダマ」の打開力などがバランスよく備わっている点。撃ち合いと塗りの強さを兼ね備えていることから、幅広い場面で活躍できるポテンシャルがあります。

しかしながら、「スタートダッシュ杯」一般チーム部門では、必ずしも「スクリュースロッシャー」が主役だったわけではありません。


《サワディ大塚@インサイド》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

コミュニティ アクセスランキング

  1. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

    Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  2. ゲーム実況グループ「三人称」ドンピシャさん、心臓部の胸痛により一時的に活動休止へ―コミュニティからは温かい声が寄せられる

    ゲーム実況グループ「三人称」ドンピシャさん、心臓部の胸痛により一時的に活動休止へ―コミュニティからは温かい声が寄せられる

  3. 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

    「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

  4. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  5. 次の『VALORANT』スキンはこれまでで最も高額になる?カセットふーふーしてリロードする“レトロゲーム”をモチーフにした野心作

  6. しぐれうい本人も「なぜ?」と困惑…BMWなど高級車メーカーが「ロリ神レクイエム」ミームに乗っかる

  7. TikTokで“失神ゲーム”をした12歳少女が死亡―意図して危険な行為をする「バイラルチャレンジ」とは

  8. 46歳ストリーマー・蛇足さんが20代の一般女性との婚約を発表!

  9. 『NEEDY GIRL OVERDOSE』まさかのショートアニメ化!夢か現か「超てんちゃん」が僕らのもとにやってきた

  10. 米大手VTuber事務所「VShojo」から人気ライバー3名が相次いで脱退―うち一人は“経済的に意味のないもの”だったと契約更新に不満か

アクセスランキングをもっと見る

page top