懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】

80年代生まれに刺さるかもしれない加齢臭企画。

コミュニティ ゲームニュース
懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】
  • 懐かしゲームCMも発掘! ビデオテープをPCに取り込んでみた【年末年始特集】

私は結構な『Mortal Kombat(モータルコンバット)』のファンでして、コレクションの中には日本版『Mortal Kombat II』のプロモーションビデオもあったりします。しかしこれが記録されているのがVHS、いわゆるビデオテープなんです。

若い世代だと使ったことがない、それどころか実物を見たことがないという方もいると思うので説明すると、ビデオテープは磁気テープを使用したアナログの映像記録メディアで、その規格の1つVHS(Video Home System)はテレビ番組の録画用途で80~90年代に広く普及していました。

環境にもよりますがビデオテープの寿命は約30年と言われており、磁気テープの劣化によりそのうち再生することができなくなってしまいます(再生を繰り返すだけでも劣化する)。前述のプロモーションビデオをコレクションしていても映像が見れなければ意味がないということで、この機会にPCへの映像取り込みに挑戦してみました。

こんなにあった……

ビデオデッキに寿命が来ている場合も。筆者のビデオデッキはコンデンサの交換で持ち直しました

取り込みは単純にビデオデッキでビデオテープを再生し、その映像をキャプチャでPCに録画します。ビデオテープのキャプチャを目的として専用ソフトを備えた機器はいくつかのメーカーから発売されていますが、なるべく高画質で取り込みたいということで今回はStarTechのビデオキャプチャ「USB3HDCAP」から、ゲーム配信でも多用されるソフト「OBS Studio」を通して録画しました。

キャプチャには過去に使ってたPCを再利用

本来VHSの解像度は640x480程度ですが、どうもジャギーが目立ったので1440x1080(ワイド画面のものは1920x1080)で取り込み、「OBS Studio」のフィルタ機能でシャープと色味調整をかけて録画しました。恐らく使用するビデオデッキやキャプチャデバイス、取り込み設定によっても画質は変わるので、追求しだしたらキリがないですね。

「バトル・ロワイアル」はノイズまみれだったので結局諦めました

今回はHDDの空き容量とも相談して約1時間半の映像で5GB前後になるようにしました(詳しく調べればもっと良い設定があるかも)。ちなみにビデオテープの記録時間は約2時間、画質を犠牲にして長く記録できる3倍モードでは約6時間となります。当然6時間の映像の取り込みには6時間かかるので大変です。

夜なべするキャプチャPC

ビデオテープが無事取り込めたらここからが大変。映画のビデオはともかく、テレビ番組の録画はCMも入っているので編集ソフトを使用して動画を切り分けます。今回はペガシスのカット編集ツール「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 6」で行いました。編集中に懐かしい番組やCMを発見してじっくり見てしまうことも……。

「世にも奇妙な物語」はついつい見ちゃう
1本のビデオテープだけでこんなに。CMが大量です。

今や過去の遺物となっているビデオテープ。懐かしのテレビ番組やCM、諸事情でDVD化されていない映画などが残っているかもしれないので、家にビデオテープがあるという方は劣化して再生できなくなる前にチェックすることをオススメします(環境が揃えばPCに取り込んでおくことも)。なお、余談ですが現在アットアイデア社はテープに負荷をかけない新型VHS再生機の開発を進めているそうです。

DVD化されていない「スウィートホーム」「最後の弾丸」
キャプチャついでに整理。ロゴに凝ってみました。
VHSケースが欲しくて探したらなんと鉄道模型の車両用ケースに生まれ変わっていました

《RIKUSYO@Game*Spark》

コミュニティ アクセスランキング

  1. 加藤純一さんが配信で『ダンガンロンパ』クリア!「でんぢゃらすじーさん」漫画家によるファンアートが投稿されるなど、2010年の作品がトレンドに波及

    加藤純一さんが配信で『ダンガンロンパ』クリア!「でんぢゃらすじーさん」漫画家によるファンアートが投稿されるなど、2010年の作品がトレンドに波及

  2. もう配信でランクはできない?暗号通貨ギャンブルにゲームを台無しにされるストリーマーたち…「濃いめのあかりん」も反応を示す

    もう配信でランクはできない?暗号通貨ギャンブルにゲームを台無しにされるストリーマーたち…「濃いめのあかりん」も反応を示す

  3. 「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」楽曲カバーで活動を一時休止していた、にじさんじ「グウェル・オス・ガール」さんが活動再開へ

    「ぺこーらに、告白しようと思ってる。」楽曲カバーで活動を一時休止していた、にじさんじ「グウェル・オス・ガール」さんが活動再開へ

  4. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

  5. 今からでも『アーマード・コア』って始められるんですか!?シリーズを俯瞰してオススメ作品を探してみた【特集】

  6. 『Dark and Darker』第4回プレイテストまで後6時間!今回はソロプレイヤー向けの新ダンジョンが実装

  7. 人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ―オープンテスト中『Dark and Darker』ゴブリン弱体化パッチ配信!

  8. うんこちゃん主催リアルイベント「加藤純一 presents 配信者ハイパーゲーム大会」が幕張メッセで開催決定!人気配信者が多数集結

  9. ゲーム実況者「TOP4」によるイベント「TOP4 in TOKYO DOME」開催決定!キヨ・レトルト・牛沢・ガッチマンの4人が東京ドームに立つ!

  10. 「けんき」がプロデュースする新作FPS『Project F』先行試遊会が開催決定!開発は最終段階か

アクセスランキングをもっと見る

page top