「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい

エムエスアイコンピュータジャパンによるZ790マザーボード製品の発表会をチェック!

ハード ニュース
「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい
  • 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい

2022年10月20日、日本時間22時より発売が行われているインテル®最新CPU「第13世代 Core(TM) プロセッサ」シリーズ。「Raptor Lake」の開発コードネームで知られる同シリーズですが、デスクトップ・プロセッサと同時に、「インテル® Z790」チップセットを搭載したマザーボードが各社から発売されています。

本稿では2022年10月17日に行われた、エムエスアイコンピュータージャパンによる、Z790搭載マザーボードのメディア向け発表会の模様をお届けしましょう。

CPUと同時に発売される製品は以下の5機種となります。機種名の前に★がついているモデルは、担当者の方曰く「とくにイチオシのモデル」とのことで要チェックです。

★「MPG Z790 CARBON WIFI」ATX(税込79,980円前後)
MSI伝統の“カーボン”の名を冠するモデル。形式上はミドルレンジに位置するモデルではありますが、スペック、価格ともに上位グレードに匹敵します。Z790シリーズのATXフォームファクタで最上位となるモデルでもあるので、使用ケースなどの環境によっては本モデルが最高の選択となる場合もあるでしょう。

・「MPG Z790 EDGE WIFI DDR4」ATX(税込62,980円前後)
白と銀を基調とする外観が特徴のEDGEシリーズ。PCを家具の一つとして取り入れたり、“魅せる”PCなどのニーズを踏まえ、本製品よりこのようなカラーリングへ変更したとのこと。

★「MAG Z790 TOMAHAWK WIFI DDR4」ATX(税込50,980円前後)
おなじみ「TOMAHAWK」シリーズ。過去の「UNIFY」シリーズで得られたフィードバックからLED装飾を排し、代わりに上位グレードに匹敵する電源回路を実現した質実剛健なマザーボードに仕上げているとのこと。

★「PRO Z790-A WIFI DDR4」ATX(税込46,580円前後)
「“スタンダードなマザーボード”というコンセプトに立ち返った」というPROシリーズ。ビジネス用途はもちろん、ゲーミング用途にも問題ないスペックです。

・「PRO Z790-P DDR4」ATX(税込37,580円前後)
Z790の中では最も安価なモデルですが、必要十分な性能を確保しているZ790-P DDR4。「安価にZ790環境を構築したい!」といったニーズに応えられる製品です。

また、国内への投入を見込む、E-ATXフォームファクタのZ790シリーズ最上位モデル「MEG Z790 GODLIKE」の展示も行われており、フラッグシップたる強烈な存在感を放っていました。

・「MEG Z790 GODLIKE」(価格未定)
E-ATXフォームファクタのフラッグシップモデル。「詰め込めるだけ詰め込みました」と言わんばかりの強烈なスペックを誇り、モダンかつ品のあるデザインもいい感じ。気になる価格は未定とのことですが、“それなり”の出費は覚悟しておいたほうがよさそうです。

日本市場で人気の高い「小型ゲーミングPC」にも対応するため、Mini-ITXフォームファクタの製品である「MPG Z790I EDGE WIFI」も登場予定。

・「MPG Z790I EDGE WIFI」(価格未定)
裏面も含めた計3基のM.2スロットを備えつつ、MSIのZ790製品では唯一となる小型ファン(ダブルボールベアリング)を内蔵したヒートシンクや、12層基盤により、コンパクトながらハイエンドCPUの運用も可能なモデル。ぶっ飛んでいる(誉め言葉)「MEG Z790 GODLIKE」を見た後だと、小さくてかわいく見えるレベルです。だけど性能は引けを取らない。そこがいい。

MSIのZ790製品の特徴として、強力な電源回路が挙げられます。ATXフォームファクタで最上位のモデルとなる「MPG Z790 CARBON WIFI」では19+1+1フェーズ 105A SPSを搭載、最も再安価なモデルの「PRO Z790-P DDR4」でも14+1+1フェーズ 55A Dr.MOSを搭載するなど、最大消費電力が大きいハイエンドCPUでも安定した動作を実現。全モデルに大型のヒートシンクが装着され、上位モデルには加えてヒートパイプが併用されており、電源回路周りの徹底的な強化が施されています。

上位モデルは対応しているメモリスロットがDDR5のみとなりますが、下位モデルはDDR4とDDR5双方に対応したラインナップとなります(製品名に“DDR4”がつくモデルは“DDR5”モデルも存在する模様)。これは現状の市場ニーズを踏まえたものであり、売れ行きや今後のニーズを考慮しつつ、DDR5モデルの投入を検討するそうです。

豊富なM.2スロットを備えているのも特徴で、「MPG Z790 CARBON WIFI」、「MPG Z790 EDGE WIFI DDR4」といった上位モデルでは5基のM.2 SSDスロット、「MAG Z790 TOMAHAWK WIFI DDR4」、「PRO Z790-A WIFI DDR4」、「PRO Z790-P DDR4」といったメインストリームのモデルでも4基のM.2 SSDスロットを搭載。フラッグシップの「MEG Z790 GODLIKE」では最大7基のM.2スロットを搭載するなど、今や主流になったNVMe SSDの運用を見据えた設計になっています。上位モデルには「ヒートシンク、サーマルパッド、SSD、サーマルパッド、ヒートシンク」の構造が採用されており、これによって従来製品から最大5%の温度低下を実現しているとのこと。高性能ながら発熱の大きいNVMe SSDでも安心して運用が可能です。

上位モデルはヒートシンクカバーとSSDをツールレスで着脱可能です
サーマルパッドが確認できます

また、全モデルでインテル® 2.5G LAN対応の有線LANポートを搭載し(「MEG Z790 GODLIKE」は加えて10G Super LANも搭載)、「PRO Z790-P DDR4」を除き、6GHz帯を利用する無線LAN規格インテル® Wi-Fi 6Eに対応。後者は日本国内ではまだ使用ができませんが、各メーカーと対応を協議中とのことで、一刻も早い運用を行いたいもの。

なお記事冒頭のデモ機は以下のような構成になっていました。

発熱も大きいと思われるi9-13900KでもTOMAHAWKで運用できるとの自信が伺えます

実際にベンチマークテストなどを含めた動作デモを見せていただくことができましたが、終始安定した稼働を見せており、負荷が大きくなることもあるハイエンドCPUでも安心して運用ができそうという印象を受けました。

堅牢な設計で安定した運用に期待が持てる、MSIのZ790チップセット搭載マザーボード。もちろん「第13世代インテル® Core(TM) プロセッサ」だけでなく、「第12世代インテル® Core(TM) プロセッサ」にも対応しているので、“最新のPCをがっつり組みたい!”というケースは勿論のこと、“CPUは後からにして先にマザーボードをアップグレードしたい”といったニーズにも応えることが可能です。詳細が気になった方はぜひ公式ホームページをチェックしてくださいね!

《夏上シキ》

編集部おすすめの記事

ハード アクセスランキング

  1. ゲーミングマウス「G502 X」シリーズが11月24日より発売―ロジクールの人気マウスが高速化&新スイッチを搭載してパワーアップ

    ゲーミングマウス「G502 X」シリーズが11月24日より発売―ロジクールの人気マウスが高速化&新スイッチを搭載してパワーアップ

  2. ゲーミングノートPCを水冷で静音化!外付けユニットで効率的に冷却する「G-Tune H5-LC」レビュー

    ゲーミングノートPCを水冷で静音化!外付けユニットで効率的に冷却する「G-Tune H5-LC」レビュー

  3. 『スプラトゥーン3』デザインの「Nintendo Switch(有機ELモデル)」発表!プロコン、ケースも同日発売

    『スプラトゥーン3』デザインの「Nintendo Switch(有機ELモデル)」発表!プロコン、ケースも同日発売

  4. 「リアルフォース」の東プレが“リストレスト”を発表―アルミ合⾦素材で⼼地良いタイピングをサポート

  5. 「Z790」搭載マザーボードが披露されたMSI製品発表会をレポ!最大7基のM.2 SSDスロットを備える最上位モデルから、より進化を遂げたエントリーモデルも勢ぞろい

  6. 『スプラトゥーン3』デザインの「Nintendo Switch(有機ELモデル)」本日26日発売!プロコン、ケースも登場

  7. 年末商戦に向けた販売・マーケティング戦略をインテルはどう考えているのか―同社マーケティング本部長による説明会をレポート

  8. 見た目だけでゲーミング感MAX!MSIから11世代インテルCoreプロセッサー搭載のゲーミングJoshin web限定モデルPCが発売

  9. ながらゲーミングからガッツリやり込みまでこれ一台!インテル最新プロセッサー搭載ゲーミングノート「OMEN 16」の快適さを『FIFA 22』で体験

  10. 併せて約19万円!ソニーの新型スマホ「Xperia 1 IV」と専用ゲーミングギアがセットになった「Xperia 1 IV Gaming Edition」発表―スマホも遂に、ゲーミングエディションの時代へ

アクセスランキングをもっと見る

page top