元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも

モハメド・アリさんとの「世紀の一戦」で知られる元プロレスラーです。

コミュニティ ゲームニュース
元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも
  • 元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも
  • 元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも
  • 元プロレスラー・アントニオ猪木さん死去―GBAソフトプロデュースや格闘ゲームキャラのモデルにも

元プロレスラーのアントニオ猪木(本名:猪木寛至)さんが10月1日に心不全のため、死去したと国内メディア各社が報じています。79歳でした。

「1、2、3、ダー!」のフレーズでも知られるアントニオ猪木さんは新日本プロレスを立ち上げた元プロレスラーで、当時のプロボクシング統一世界ヘビー級チャンピオンであったモハメド・アリさんとの異種格闘技戦が「世紀の一戦」として有名です。

そんなアントニオ猪木さんですが、ゲーム業界との関わりとしては『ファイヤープロレスリング』シリーズでの「ビクトリー武蔵」などプロレスゲームでモチーフとされたキャラクターが登場しています。初代PSの格闘アクション『エアガイツ』でも「ダッシャー猪場」のモチーフのうちの1人となるなど、広く「闘う人物」として認知されています。またPS2タイトル『闘魂猪木道 ~ぱずるDEダァーツ!~』では対戦型アクションパズルゲームにもなるなど親しまれた人物でもあり、GBAではプロレス・ライブ・アクション『闘魂ヒート』のプロデュースも担当しています。

ゲーム以外にも、漫画やアニメに登場する数多くのキャラクターのモチーフになっていた猪木さんの死は、一つの時代が幕を閉じたことを感じさせます。

《いわし@Game*Spark》

コミュニティ アクセスランキング

  1. 主演声優・青山吉能さんの“スパムバーガー愛”がコラボに繋がる…TVアニメ「ぼっち・ざ・ろっく 」とフレッシュネスバーガーのコラボが発表

    主演声優・青山吉能さんの“スパムバーガー愛”がコラボに繋がる…TVアニメ「ぼっち・ざ・ろっく 」とフレッシュネスバーガーのコラボが発表

  2. 人気ストリーマー加藤純一さんの「ムラッシュゲーミング」志願者が濃すぎる―元Crazy Raccoon『VALORANT』部門から、ポケモン世界大会常連、パラグライダー日本記録保持者まで

    人気ストリーマー加藤純一さんの「ムラッシュゲーミング」志願者が濃すぎる―元Crazy Raccoon『VALORANT』部門から、ポケモン世界大会常連、パラグライダー日本記録保持者まで

  3. 『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

    『レインボーシックス シージ』新シーズンY7S4「SOLAR RAID」発表―防衛版IQのような新オペレーターほか、遂にハード間スキン共有が可能に!

  4. ホロライブ所属「ラプラス・ダークネス」さんが活動休止―精神的不調を受け、当面は療養に専念

  5. 加藤純一さんが妄想する「ムラッシュゲーミング」が、設立前に「VAULTROOM」によってTシャツ化

  6. 『荒野行動』と「BreakingDown(ブレイキングダウン)」が異種コラボ!朝倉未来や瓜田純士、こめお、10人ニキらがプロゲーマーとサバゲーで本気の勝負

  7. マルノームが“裏稼業の後始末”に利用されている可能性…『ポケモン スカーレット・バイオレット』で「黒いゲーフリ」がまた1つ

  8. 「ちいかわ」作者が『ポケカ』のバオッキーを描く!新パック「VSTARユニバース」でイラストを担当

  9. 『VALORANT』マッププール変更でコンペ&アンレに「スプリット」復帰予定―“プレイ環境を不健全にしている”チェンバーの変更も

  10. 小島秀夫監督の「リコリス・リコイル」愛が止まらず、ついに声優ラジオに手を出す―監督が帯コメントを寄せるスピンオフ小説も10万部突破

アクセスランキングをもっと見る

page top