加藤純一「ワザスクは知らないし、情報商材は死ぬほど嫌い」―ムラッシュがピザラジへスポンサーした“ワザスク”について説明

「MURUSH」の代表である辻村先氏が、「ワザスク」設立の経緯に「ピザラジ」関係者と加藤純一さんは関わっていないことを説明。現在「ワザスク」の「ピザラジワンコイン写真館」は削除されています。

コミュニティ クリエイターニュース
加藤純一「ワザスクは知らないし、情報商材は死ぬほど嫌い」―ムラッシュがピザラジへスポンサーした“ワザスク”について説明
  • 加藤純一「ワザスクは知らないし、情報商材は死ぬほど嫌い」―ムラッシュがピザラジへスポンサーした“ワザスク”について説明
  • 加藤純一「ワザスクは知らないし、情報商材は死ぬほど嫌い」―ムラッシュがピザラジへスポンサーした“ワザスク”について説明
  • 加藤純一「ワザスクは知らないし、情報商材は死ぬほど嫌い」―ムラッシュがピザラジへスポンサーした“ワザスク”について説明

人気配信者加藤純一さんが業務提携する芸能事務所「MURUSH」は、月額課金動画編集教材「ワザスク」についての事情を説明し、加藤純一さんら「ピザラジ」関係者は「ワザスク」に関しては一切関わりがないことを明かしました。

ことの発端は、加藤純一さんと、アニソンシンガーのオーイシマサヨシさんが出演するラジオ番組「ピザラジ」を、「ワザスク」がスポンサーしたことにあります。この「ワザスク」について、運営元が芸能事務所「MURUSH」の辻村先氏であることから、自作自演であり、加藤純一さん自身も関わっているのではないか?という噂が浮上したのです。「ワザスク」とは、動画編集初心者に対してその技法を伝えるサイトであり、一部コンテンツは有料となっています。

噂に対し、加藤純一さんは自身のツイッターで一切の関与を否定し、“情報商材は死ぬほど嫌い”と投稿。

一連の騒動を受け、「MURUSH」の辻村氏は、「ワザスク」は自身が代表を務めている「おふぃすーJ」が運営していることを認めたうえで、加藤純一さん及び、ピザラジの関係者は、「ワザスク」の立ち上げには一切関わりがなかったと説明しました。

また、「ワザスク」内に設置された「ピザラジ」とのコラボコンテンツ「ピザラジワンコイン写真館」については、9月28日の放送直前に台本に追記され、出演者は、放送時に初めて見る内容であったとしています。そして現在、「ピザラジワンコイン写真館」のコンテンツは削除し、登録ユーザーの情報の削除、課金が発生しないような措置を取ったとのこと。文書の最後には、事の重大さを理解せず、丁寧に企画を遂行できなかったことを謝罪し、締めくくりました。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

コミュニティ アクセスランキング

  1. VTuberグループ「ぶいすぽっ!」が研究生制度を開始―誰とは公表せず、既に活動を開始している人がいる!?

    VTuberグループ「ぶいすぽっ!」が研究生制度を開始―誰とは公表せず、既に活動を開始している人がいる!?

  2. 『VALORANT』世界トップランクに到達したのは14歳の若き青年!?でも大会には出られない訳とは

    『VALORANT』世界トップランクに到達したのは14歳の若き青年!?でも大会には出られない訳とは

  3. 『ポケモンSV』最強レイドで「ヤドラン」が大躍進!エースバーン、ゲッコウガを立て続けにソロ攻略

    『ポケモンSV』最強レイドで「ヤドラン」が大躍進!エースバーン、ゲッコウガを立て続けにソロ攻略

  4. VTuber・小森めとが「774inc.」から「ぶいすぽっ!」への移籍を電撃発表!2月1日から活動拠点を新たに

  5. 『オーバーウォッチ 2』に悪質な“セクハラシミュレーター”が登場してしまう―「HOT」としてオススメされる始末

  6. うんこちゃん主催リアルイベント「加藤純一 presents 配信者ハイパーゲーム大会」が幕張メッセで開催決定!人気配信者が多数集結

  7. 人気YouTuber「日常組」の公式サイトがオープン!スツ星人や盛られた身長のほか『マイクラ』データパック配布も

  8. じゃすぱー・SPYGEAなど、総勢40名以上の豪華配信者が集結!うんこちゃんのリアルイベント「加藤純一 presents 配信者ハイパーゲーム大会」出演者とチケット情報が公開

  9. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

  10. 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

アクセスランキングをもっと見る

page top