飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか

来るVCT 2023に向け、どのチームがインターナショナルリーグへ出場するのでしょうか。

e-Sports コラム
飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか
  • 飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか
  • 飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか
  • 飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか
  • 飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか
  • 飛び交う噂、困惑するコミュニティ―VCT 2023でインターナショナルリーグへ出場する日本チームはどこなのか

まずはじめに、本稿で扱う内容は公式の発表ではないものを含んでいることをご留意ください。

2023年から『VALORANT』の競技シーンを取り巻く環境は大きく変化します。来るVCT 2023に向けて、「Crazy Raccoon」や「REJECT」、「ZETA DIVISION」などの人気チームがインターナショナルリーグへ出場できるか否かというのは、コミュニティの注目の的です。

そんななか、シンガポールのプロゲーミングチーム「Bleed eSports」のアナリスト、Ominous氏は、自身のツイッターで日本チーム「Detonation Gaming」がインターナショナルリーグの枠を持つ可能性が高いとし、「REJECT」「Crazy Raccoon」「FENNEL」がすべて落選したと報告しています。これはあくまで公式発表ではなく、ツイートの内容の真偽は未だは不明であることは覚えておく必要があるでしょう。

このツイートは瞬く間に日本の『VALORANT』コミュニティで拡散され、さまざまな声が挙がっています。

その前に、VCT 2023の概要をお伝えすると、これまでの「Challengers」はリーグ制へ変化し、そのうえで勝ち上がったチームがAPAC地域のインターナショナルリーグへ2年間の出場権をかけた戦い「Ascensionトーナメント」へ挑むという形です。インターナショナルリーグの出場枠は2023年の時点では地域あたり10チームであり、「Ascensionトーナメント」を経てチーム数は徐々に増え、最大14チームとなります。発足時の具体的なチームや、日本からいくつのチームが出場するのかなどは発表されていません。

また、APAC地域は10地域の「Challengersリーグ」に分かれ、そこから「Ascensionトーナメント」を勝ち抜くことでインターナショナルリーグへようやく漕ぎ着けるとなると、初年度の内定はとても重要なものであると考えられます。

つまるところ、インターナショナルリーグは大きな地域のトップリーグという場というわけです。そこへ、「Detonation Gaming」が出場するのかという声が多く見られます。「Detonation Gaming」は、2022年に良い戦績を残せたとは言い難く、Stage2でも国内予選Main Eventで初戦で敗退するなど厳しい一年となりました。そのようなチームがトップリーグに出場するとは思えないという声や、他チームのロースターがまるごと移籍するのでは?という憶測などが飛び交っています。

また、人気チーム「Crazy Raccoon」の落選もひとつの物議を醸しており、過去には選手・オーナーがモラルに反する行動をしたとしてチームから処分を受けるなど、不祥事の影響があるのでは?という声も見られます。直近では「G2 Esports」のインターナショナルリーグ落選が報道されており、これはオーナーのスキャンダルによるものではないかと指摘されていることから持ち上がった噂と考えられます。

またそもそも、仮に「ZETA DIVISION」がインターナショナルリーグへ出場するとなると、公式大会で「ZETA DIVISION」と他の国内チームが戦う機会が減ることなどから、「Challengersリーグ」の新設によってかえって小さな地域とトップリーグの差が開いてしまうのでは?という懸念や、どのような基準でインターナショナルリーグのチームを選出しているのか、といった声も見られます。

いずれにせよ、現時点ではライアットゲームズ、それぞれのチームからの公式発表を待つのみです。

《Okano》
Okano

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』ALGSで“バンガロール”が注目を浴びる―その理由はパッドのエイムアシストへのカウンター?

    『Apex Legends』ALGSで“バンガロール”が注目を浴びる―その理由はパッドのエイムアシストへのカウンター?

  2. 『LoL』レジェンドプレイヤー“Faker”が「T1」との3年の契約延長を発表

    『LoL』レジェンドプレイヤー“Faker”が「T1」との3年の契約延長を発表

  3. Ras選手「dr1p選手とは、性格的に一緒にプレイするのは難しい」-ALGSに出場中の人気チーム「Crazy Raccoon」がロースター変更へ

    Ras選手「dr1p選手とは、性格的に一緒にプレイするのは難しい」-ALGSに出場中の人気チーム「Crazy Raccoon」がロースター変更へ

  4. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  5. RIDDLE456から『Apex Legends』L1ngが加入―naohiro21が外れてストリーマー・リザーブへ

  6. 3年目に突入する“ALGS”が10月8日から開幕―『Apex Legends』プロリーグへの出場をかけた戦いが始まる

  7. CR所属の人気ストリーマー「Seoldam(ソルダム)」が競技シーンに復帰か―海外ジャーナリストが報じる

  8. 8月に来日を控えるチーム「Torrent」のEuriece(ユリース)さん、ストリーマーへの転向を発表

  9. 『LoL』のレジェンドプレイヤー“Faker”が現在のチームを離れる可能性―最強ミッドレーナーが北米へ?

  10. 『LoL』元世界チャンピオンが薬物売買で4年2ヶ月の実刑判決―昨年9月に薬物取引・取引未遂の疑いで逮捕された台湾の元プロプレイヤー

アクセスランキングをもっと見る

page top