レジェンドプレイヤー「shroud」プロを続ける意向を示す―2023年も『VALORANT』で活動

2023年も『VALORANT』競技シーンでshroudを観られる!

e-Sports ニュース
レジェンドプレイヤー「shroud」プロを続ける意向を示す―2023年も『VALORANT』で活動
  • レジェンドプレイヤー「shroud」プロを続ける意向を示す―2023年も『VALORANT』で活動
  • レジェンドプレイヤー「shroud」プロを続ける意向を示す―2023年も『VALORANT』で活動

NA地域を拠点に活動するプロゲーミングチーム「Sentinels」の『VALORANT』部門に所属する、レジェンドプレイヤー「shroud」選手は自身の配信で、“確実に”プロプレイヤーとして続けたいと語りました。

『Counter-Strile: Global Offensive(CS:GO』でプロゲーマーとして活躍したshroud選手は、2016年に競技シーンから一度引退し、ストリーマーに転向。人気ストリーマーとしての姿を見せていました。ところが今年7月、『VALORANT』のプレイヤーとして「Sentinels」に所属することを発表。shroud選手が挑んだ復帰後初のトーナメント「VCT 2022 North America Last Chance Qualifier」初戦では、60万人以上が見守るなど大きな話題を集めました。

しかし、結果として「Sentinels」は敗北。「The Guard」に破れた「Sentinels」は、ローワーブラケットで「Shopify Rebellion」に勝利するも、続く「100 Thieves」との戦いに破れ、トーナメントから敗退しました。これによりshroud選手、そして「Sentinels」の2022年の公式大会は終了してしまいます。

「Sentinels」のメンバーとしてかは不明ではありますが、プロプレイヤーを続けていく意向を示したshroud選手。大きな話題を集めた彼が、2023年に大きな転換を迎える(関連記事)『VALORANT』の競技シーンにおいてどのようなキャリアを歩んでいくのでしょうか。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

e-Sports アクセスランキング

  1. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  2. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  3. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

    加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  4. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  5. 『VALORANT』アグレッシブな「PRX」はどうやって作られるのか―台パン発動条件やJingggの兵役、smthの評価など気になることをalecksコーチに全部訊いてみた【インタビュー】

  6. Ras選手の徴兵(兵役)による影響―Crazy Raccoonが『Apex Legends』国際大会「ALGS 2023 Championship」を辞退

  7. ImperialHalも祝福!名門チーム「DarkZero」がAPEX部門を設立。元「Reignite」の3名が加入

  8. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  9. 『Apex Legends』「ALGS Year 3 Championship」インペリアルハル率いるTSMが逆境からの3連続チャンピオンで優勝―実況・平岩康佑が魅せた“語り”にも注目

  10. マクロとミクロが強いのはどっちだ!加藤純一率いるムラッシュゲーミングとSengoku Gamingの公開スクリムが決定!実況解説まで用意される豪華っぷり

アクセスランキングをもっと見る

page top