Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】

「間違いなく2023年のどこかで「Crazy Raccoonが最強」という流れがあった」と語るmakiba選手。2023年最高のスタートを切ったチームがどんな課題を抱えていたのか伺いました。

特集 インタビュー
Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】
  • Crazy Raccoon・makibaに訊く“勝ち続ける”ことの難しさ…「2023年は最悪の年だった」と振り返る一方で、チームが得たモノとは【インタビュー】

さまざまなドラマを産んだ今年の日本競技シーン「VALORANT Challengers Japan」は、Split 1のCrazy Raccoonリーグ無敗から始まったと言っても過言ではありません。圧倒的な強さで完璧な試合を魅せました。

ところが、Split 1プレイオフでは決勝でFENNELに破れて2位。Split 2でもFENNELに敗北しオフラインへの道を絶たれ4位という結果に終わりました。その中でも、makiba選手は2022年12月にrion選手のプレイヤー引退と入れ替わる形で加入。コントローラーとしてチームを支えました。

そして、makiba選手は9月16日-17日に幕張メッセで開催された「RAGE VALORANT 2023」のDay2に出演。豪華なプロプレイヤーと共にエキシビションマッチに挑んだり、チームブースではファンと交流したりしました。

本稿では、そんなイベント後に実施したインタビューの模様をお届けします。イベントの感想や2023年の振り返りなどを語ってもらいました。

――イベントお疲れ様でした。「RAGE VALORANT 2023」はいかがでしたか?

makiba:プロゲーマーは顔を合わせて直接会うことがあまりないので、いろんなプロと話せて良かったです。あとはファンの方を見て「本当にいるんだなあ」と実感できて、嬉しかったですね。

――出演していたプロのなかで印象に残った方などいますか?

makiba:やっぱりTenZ選手ですね。「この人には勝てないな」と思ってしまうほどでした。

◆リーグ無敗から学ぶ“勝ち続ける”ことの難しさ

――改めて今年のVALORANT Challengers Japanを振り返ってみていかがですか?

makiba:今年のChallengersは体調を崩してしまったことを含め、自分にとって一番最悪の年だったと思います。今年得た経験を活かしていきたいです。

Split 1が始まった頃は、まだチームのポテンシャルが未知数でした。でも実際始まってみると想像以上に勝つことができました。ただSplit 2では結果が出せず、申し訳ない気持ちがあります。周りのチームが成長していることを感じましたね。

――周りの成長と自分たちの成長の齟齬は、実際に感じるところがありましたか。

makiba:『VALORANT』は運要素もややあったりしつつ、少しのミスでひっくり返ってしまうので、どんどんと新しいことをやっていく必要を感じました。僕としては既存のものを学ぶことができたのが大きな収穫だったと思います。

――今年はやはり、Split 1のリーグ無敗が印象的でした。

makiba:間違いなく2023年のどこかで「Crazy Raccoonが最強」という流れがあったと思います。でもそれを維持するのはとても難しかったですね。トップを取ってから、また先に進まないといけないのはとても難しいです。

――『VALORANT』において「勝ち続ける」ことは、世界に目を向けてもあまり見られないことでした。どのようなことが必要なんでしょうか。

makiba:新しいことをどんどんし続けることが、やっぱり一番大事でしょうか。でも“新しいこと”とは言うなれば“逆張り”みたいなものでもあるので、リスクでもあります。バインドのヨルとかもそうだと思います。

――新しいことを作っていくために、どのようなものがあれば理想だと思いますか?

makiba:筋肉とエイムだと思います。撃ち合いが強ければ作戦はシンプルでも良いです。ただそんなプレイヤーはいないので、撃ち合いに負けたあとのプランを考えられることが大事だと思います。

◆来年はまず“健康第一”

――ちなみに、来年のことでお話しできることはあったりしますか?

makiba:自分からは言いにくいですね。負けてしまうと変えなきゃいけないところがどうしてもあるので、チームはガラリと変わっていると思います。

――では来年の抱負を教えてください。

makiba:そうですね、まずは健康第一で頑張ります!

――最後にファンへメッセージをいただけますか?

makiba:一年間応援ありがとうございました。来年はどうなるかわかりませんが、これからも応援していただけると、めちゃくちゃ嬉しいです。よろしくお願いします。

――ありがとうございました!



誰もが認めるパーフェクトな状態だったCrazy Raccoonは、勝ち続けること、新しいことを生み出し続けることの難しさに直面していたようです。Crazy Raccoonとmakiba選手の今後は、未だに明かされていません。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集 アクセスランキング

  1. FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

    FNATICも太鼓判を押す!INZONEから新型ヘッドホンと完全ワイヤレスイヤホンが発表…Boasterから日本のファンへメッセージも

  2. 「日本におけるeスポーツの観念をアップデートしていきたい」…合同会社ライアットゲームズの社長/CEOが語る“トレンドの変化”とこれから

    「日本におけるeスポーツの観念をアップデートしていきたい」…合同会社ライアットゲームズの社長/CEOが語る“トレンドの変化”とこれから

  3. 「ZETA DIVISION」XQQコーチ曰く「各々のパフォーマンスを出せる環境になってきた」―チーム“立て直し”や「闇crow」を紐解く【独占インタビュー】

    「ZETA DIVISION」XQQコーチ曰く「各々のパフォーマンスを出せる環境になってきた」―チーム“立て直し”や「闇crow」を紐解く【独占インタビュー】

  4. 『VALORANT』新エージェント・ゲッコーは新感覚イニシエーター!可愛いお手軽索敵と凶悪なダメージソースがカギ【先行プレイレポート】

  5. ストリーマーとしても大人気「𝑮𝑶𝑵 𝑴𝑨𝑪𝑯𝑰𝑵𝑬…」がプロを続ける理由とは…やっぱり悔しいnethの1v5、FENNELとして迎える2024年についても【インタビュー】

  6. 『サイバーパンク2077』がこんなに快適!ウルトラ設定でもサクサクな“最強スペック”搭載のゲーミングPC「GALLERIA UA9C-R49」の実力がヤバい

  7. 『Apex Legends』ファンは必見!コラボメニューたっぷりのタワーレコード渋谷店2階「ネッシーカフェ」を体験してきた

  8. ロサンゼルスのライアットゲームズ本社に潜入…全ての家庭用ゲーム機が集まる部屋やゲーセンまで完備?ゲーム愛に溢れる社屋をレポート

  9. 『Apex Legends』イベント「ALDS ver.4」では大逆転劇に魅入られる白熱したバトルが展開!主催コミュニティリーダーへ今後の展望も聞いてみた【イベントレポ】

  10. crow「今まで体験したことがないくらい大変だった」―惜しくも「Masters Tokyo」へ届かなかったZETA DIVISION、T1戦後に語るリーグを通じた苦労と収穫【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る

page top