『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】

VALORANT Champions 2023のUpper Bracket準決勝でPRXに敗北したLOUDO。チームのキャプテンSaadhak選手に試合の振り返りやPRXへの印象を伺いました。

e-Sports インタビュー
『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】
  • 『VALORANT』LOUD・Saadhakが見たPRXは「5人全員が強い」―事前の対策はまず“メンタル”【インタビュー】

アメリカ・ロサンゼルスで『VALORANT』年間王者を決める国際大会「VALORANT Champions 2023」が開催中です。プレイオフも大詰めに差し掛かったDay12では、Upper Bracket準決勝にて昨年のChampions王者「LOUD」がPacific1位の「Paper Rex(PRX)」と対決し、マップスコア2-1でPRXが勝利しました。

LOUDはこの敗北によってLower Bracketに落とされ、翌Day13にて中国・EDward Gaming(EDG)と戦うことになりました。

本稿では、PRX戦後に実施したSaadhak選手へのインタビューの模様をお届けします。PRXへ抱いた印象と対策、AMERICASリーグでのIGL変更などを伺いました。

◆PRXの戦い方は“新鮮”

――試合お疲れ様でした。試合を振り返っていかがですか?

Saadhak:難しい試合だったよ。PRXのプレイスタイルは独特だから、最初のマップでは慣れるのに時間がかかってしまったね。スプリット(2ndマップ)では慣れたおかげで大差をつけて勝ったけど、パール(3rdマップ)では彼らが戦い方を変えてきてまた困惑していたよ。結果的にはPRXが勝ったけど、僕らにとっても良い試合だったと思うよ。

――そのスプリットでは、13-2と大きな差をつけて勝利することができました。どのような要因があったと思いますか?

Saadhak:KRÜ対PRXの試合を何度も観て、彼らの戦術を把握していたんだ。いくつか想定外のプレイがあったけど、大まかな流れは把握していたので焦らず戦うことができたんだ。

――PRXにはどのような準備をして挑みましたか?特に警戒していたプレイヤーはいますか?

Saadhak:PRXは5人全員が強いので、PRX戦に向けては、まずメンタル面での準備をしていたんだ。PRXはノンストップで攻めてくるから、激しいせめぎ合いになると想像していた。だからできるだけ落ち着いて戦えるように準備していたんだ。

――次戦はEDGとの対戦です。どのように臨みますか?

Saadhak:EDGはこの大会を通して、ZmjjKKだけじゃなく全員が強いことを証明していると思う。彼らの強気なプレイスタイルは、今回のPRXと似ている部分もあるけど、PRXよりも一人で戦いに挑む傾向が強いんじゃないかな。僕らも今回のようにメンタル面での準備をしながら練習して次戦に備えるよ。

◆リーグでIGLをLessに変えたワケ

――LOUDは毎試合多くの歓声が客席から飛んでいます。どのように感じていますか?

Saadhak:正直に言うと、応援は耳に入れないようにしているんだ。というのも、僕らへの応援より、敵チームへの応援のほうがいつも多いからね。ロサンゼルスでは、ブラジルチームへの応援は他会場より少ないんじゃないかな。でも私たちを応援してくれる声があるのはとても嬉しく思うよ。

――そんなことありません。LOUDへは毎回熱狂的なファンが注目を集めていますよ。

Saadhak:それなら良かったよ(笑)。特に応援されるチームがアンバランスな感じがするけどね(笑)

――Americasリーグでは一時的にIGLをLess選手に変更したと耳にしました。どのような理由があったのでしょう。

Saadhak:リーグの途中ではなくファイナルでLessに変えたんだ。ファイナルの相手は僕のコールを把握していたから、LessをIGLにして奇襲してやったんだ。Lessは元から僕のコールを助けてくれていたので不安はなかったね。

――今はSaadhak選手に戻っているんですね?

Saadhak:そうだね。でもLessがサポートしてくれる体制は残ってるよ。このChampionsでも彼がずっと支えてくれているんだ。

――今残っているベスト6のチームのなかで、注目しているチームはいますか?

Saadhak:今日戦ったけどPRXかな。彼らのプレイスタイルは新鮮だよ。僕のチームもFNATICも、戦術に重きを置いたスタイルだけど、PRXは火力特化のスタイルなんだ。彼らの試合は観るのも楽しいし、今回のように実際に戦ってみるともっと楽しかったよ。EDGもRPXに似たアグレッシブなプレイスタイルだから、とても楽しいね。

――では最後に日本のファンにメッセージをいただけますか?

Saadhak:日本の皆さん、ありがとうございます!「(日本語で)ありがとう」だよね?今大会で僕らの試合を楽しんでもらえていたら嬉しいよ。


このインタビューの翌日、LOUDはEDGに勝利。ベスト4へ駒を進めました。Champions2連覇とFNATICのグランドスラムを阻止することができるのか、まだまだChampionsは終わりません。

《Okano》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

「最高の妥協点で会おう」 Okano

東京在住ゲームメディアライター。プレイレポート・レビュー・コラム・イベント取材・インタビューなどを中心に、コンソールゲーム・PCゲーム・eスポーツについて書きます。好きなモノは『MGS2』と『BF3』と「Official髭男dism」。嫌いなものは湿気とマッチングアプリ。

+ 続きを読む

編集部おすすめの記事

特集

e-Sports アクセスランキング

  1. 『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

    『LoL』レジェンド選手“Faker”、アジア競技大会での金メダル獲得で兵役免除のチャンス…韓国ではBTSファンを巻き込んだ議論が勃発

  2. Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

    Crazy Raccoonのrion選手が競技シーン引退を発表…「やれることはやった」そのきっかけと決意を語る【独占インタビュー】

  3. Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

    Crazy Raccoon・Ras選手が12月12日から兵役へ就くことを報告…CR.おじじ「いつまでも待ってます」と温かい言葉をかける

  4. DetonatioN FocusMe(DFM)がCrazy Raccoon(CR)との業務提携を発表…課題であったインフルエンサービジネス拡大を目指す

  5. 加藤純一がオーナーを務める「ムラッシュゲーミング」の『スマブラ』部門で“イジメ”が発覚―大会運営スタッフも関わって陰口を叩く行為に憤りをみせる

  6. ZETA DIVISION「メルトン」さんが“厄介”扱い?『レインボーシックス シージ』に実装された「評価システム」でプレイヤーの素行が試される

  7. 『Apex Legends』CR「カワセ」&ZETA「すでたき」&DTN「むかい」によるチーム「むかわきん」がボーダーギリギリで“ALGS APAC-N”出場決定― プロリーグ出場チームが出揃う

  8. これさえ読めば2023年の『VALORANT』競技シーンがわかる!VCTとVCJの違いとは?ZETAはいつ出る?大きく変わったフォーマットをおさらい

  9. 差別的発言で問題となった『VALORANT』プロゲーマー2名、正式処分が決定―TenTenは4試合の出場停止、かたやfl1pzjderには警告文のみ

  10. 日本からUSGが出場―『LoL:ワイルドリフト』のアジア大会「Wild Circuit Asia Invitational 2022」が9月5日(月)から開幕

アクセスランキングをもっと見る

page top