『ストリートファイター6』“クラック版”の所持・プレイに対してカプコンが「厳重な処罰」を警告

クローズドベータテストのソフトウェアを不正にプレイする“クラック版”が問題視されていました。

コミュニティ ゲームニュース
『ストリートファイター6』“クラック版”の所持・プレイに対してカプコンが「厳重な処罰」を警告
  • 『ストリートファイター6』“クラック版”の所持・プレイに対してカプコンが「厳重な処罰」を警告
  • 『ストリートファイター6』“クラック版”の所持・プレイに対してカプコンが「厳重な処罰」を警告

カプコンは、『ストリートファイター6(Street Fighter 6)』クローズドベータテストのソフトウェアを改ざんしてのゲームプレイに対する警告を、CAPCOM eSports公式Twitterアカウントにて公開しました。

2022年に実施されていたクローズドベータテスト

本作は人気対戦格闘シリーズの最新作であり、コマンド入力が苦手なプレイヤー向けの操作タイプやシングルプレイヤー用のストーリーモードが導入されるなど、ジャンルの従来ファンだけでなく新規プレイヤーにも期待されてきました。2022年には2度のクローズドベータテストが実施されており、プレイヤーの分身として作成できるアバターの設定自由度が非常に高いということでも話題となりました。





“クラック版”の問題

当選したプレイヤーはそんなシリーズの新しい一作を楽しんだクローズドベータテストでしたが、開催期間を過ぎてもトレーニングモードなどをプレイできるように改ざんした“クラック版”の存在が問題視されていました。記事執筆時点では誰でも触れられる体験版が配信されていますが、そちらではプレイ可能なキャラクターが「ルーク」「リュウ」の2体のみ。計8体をプレイ可能なクローズドベータテストの“クラック版”を利用するプレイヤーは、優勝賞金100万ドルとして発表された大会「CAPCOM CUP X」において不当に有利であるとの意見が多く見られました。

そうした事態を受けて発表されたのが今回の警告であり、この“クラック版”はクローズドベータテストの募集概要で禁止されていたと明言。声明公開以降に“クラック版”を所持あるいはプレイしていることが明確な物証とともに確認されれば『ストリートファイター』関連大会への無期限出場停止など「厳重な処罰」を下すとしています。


『ストリートファイター6』は、PS5/PS4/Xbox Series X|S/Windows(Steam)向けに6月2日に発売予定です。


【PS4】ストリートファイター6
¥7,191
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《いわし@Game*Spark》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

コミュニティ アクセスランキング

  1. VTuberグループ「ぶいすぽっ!」全メンバーのゲーミングキーボードが発売決定!ラピッドトリガー対応のテンキーレスモデル

    VTuberグループ「ぶいすぽっ!」全メンバーのゲーミングキーボードが発売決定!ラピッドトリガー対応のテンキーレスモデル

  2. 「CR FES 2023」詳細発表…天月やRasに、じゃすぱーも登場!?望月けいが手がけるビジュアルも公開

    「CR FES 2023」詳細発表…天月やRasに、じゃすぱーも登場!?望月けいが手がけるビジュアルも公開

  3. 世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

    世界初AI・VTuber兼ストリーマー「Neuro-sama(ネウロ様)」がすごい!AIがゲームをプレイし、チャットでコミュニケーションを取る

  4. にじさんじ・勇気ちひろ「ストグラ」と『マイクラ』で最後の配信を終える…ストグラでは特別なロード画面やサプライズアイテムでお見送り

  5. ティファに“別人疑惑”が!? 『FFVIIリバース』最新映像で新要素が判明し、謎は深まる!─担架で運ばれる新シーンも不可解

  6. 「KICKBACK」MVのような交通事故映像に米津玄師さん本人が反応―運転中の熱唱にご注意を

  7. “スト鯖GTA”ことVCRGTAが閉幕!開催週の世界視聴者ランクを日本人ストリーマーが席巻し、Steam売上ランキングに『GTAV』がのぼる

  8. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  9. 2023年のVTuber平均同接ランキングトップ3は宝鐘マリン、兎田ぺこら、湊あくあ…ホロライブとにじさんじがトップ10を総なめ

  10. 【2023年7月~9月】最も視聴された世界のストリーマーランキングに日本人が多数登場…釈迦、兎田ぺこらなど常連組に加え、ピーク数では舞元啓介の活動休止の発表配信が世界2位に

アクセスランキングをもっと見る

page top