『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン

1月12日に『ポケモンSV』の公式サイトが更新。マスカーニャの“公式設定”が追記され、まさかの「嫉妬深いポケモン」だと明らかになりました。

コミュニティ ゲームニュース
『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン
  • 『ポケモンSV』マスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだった!?公式の「爆弾設定」が効果バツグン

1月12日に『ポケットモンスター スカーレット・バイオレット』の公式サイトが更新され、これまで未公開だった新キャラクターや新ポケモンの情報が追記されました。

追記された中には「ニャオハ」の最終進化形である「マスカーニャ」も含まれるのですが、あわせて判明した“公式設定”にトレーナーたちが衝撃を受けている模様。なんとマスカーニャは“嫉妬深い”ポケモンだったのです。

◆他のポケモンを可愛がっていると…

公式設定によれば、マスカーニャは「トレーナーに対する強い執着」を持っているとのこと。嫉妬深くもあり、トレーナーが他のポケモンを可愛がっているのを見ると、機嫌が悪くなってしまうといいます。

マスカーニャといえば、スラッとした見た目やネコっぽさを残す可愛らしいデザインから、発売前の「ニャオハ立つな」を払拭し一躍大人気に。特にマジシャンがテーマゆえの優雅さや、顔を前に突き出す待機モーションが「キスのように見える!」と、多くのトレーナーをキュンキュンさせてきた魔性のポケモンです。

その見た目や仕草に違わず、性格はプライドが高く目立ちたがり屋。しかし繊細さも併せ持っており、まさにトレーナーを振り回すネコといったところ。そんなマスカーニャが嫉妬深いポケモンだったと分かり、トレーナーたちからは「効果バツグンすぎる…!」の反応が。

マスカーニャの心理に気づき、SNS上で「嫉妬深いの可愛い…。ツンデレさんじゃん…」「あざとい動きがあるなとは思っていたけど、あれはトレーナーへの執着を表していたのか」「執着して!嫉妬も大歓迎だよ!むしろわざと意地悪したい!」などの声があがっています。

◆ニャオハの頃から見せていた片鱗

ちなみに公式設定では、ニャオハの頃から“嫉妬深さ”の片鱗を確認可能。当初は「トレーナーが自分以外のポケモンをかわいがっていると、拗ねてしまう」と紹介されていました。

これが「ニャローテ」に進化すると、「やんちゃで目立ちたがり、また寂しがり屋。トレーナーに構ってもらえないと、トレーナーが寝ている間にツタでぐるぐる巻きにするなど、意地悪をして気を引こうとする」に変化。手を出してくるようになります。

そしてマスカーニャは前述した通り。寂しがり屋な一面に嫉妬が入り混じってしまった模様。トレーナーと長らく時間を共にしたからこそ、ポケモンとしての進化だけでなく、執着心もパワーアップを遂げていったのかもしれません。


公式設定を受け、意外な事実が明らかとなったマスカーニャ。その性格でさらに人気を増しそうです。


ポケットモンスター スカーレット -Switch
¥5,673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
ポケットモンスター バイオレット -Switch
¥5,673
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《茶っプリン@インサイド》
RUGs公式Discordサーバー開設!
参加はこちらから!

コミュニティ アクセスランキング

  1. Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

    Discordのユーザー名方式が変更へ!「@」で始まるID式になり「#」に続く識別子は廃止に

  2. 『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

    『バイオハザード RE:4』モデルとなったコスプレイヤーが実況プレイを投稿―アシュリーがアシュリーを撃ち抜く

  3. 目力凄まじい強烈VTuber「わたがしうのう」誕生!キャラデザは「鈴原るる」らのママ・さいねさん

    目力凄まじい強烈VTuber「わたがしうのう」誕生!キャラデザは「鈴原るる」らのママ・さいねさん

  4. 『スト6』で開催の「きのこの山vsたけのこの里」投票企画、吉田沙保里さんがたけのこ派と判明―きのこ派は絶望へ

  5. キルジョイとレイズの“キス”が国内外で話題―『VALORANT』に登場するキャラクター同士の公式カップリング(?)に注目集まり累計60万いいねを超える

  6. 2023年のVTuber平均同接ランキングトップ3は宝鐘マリン、兎田ぺこら、湊あくあ…ホロライブとにじさんじがトップ10を総なめ

  7. 「ふふっ、ほらヘッドラインがあったね」VCT公式キャスターyueさんによる“yue構文”が話題に!にじさんじ・叶さんら著名人が続々と怪文書を読み上げる

  8. にじさんじ・葛葉がたった18秒で配信を終了するハプニング…プレイするゲームがメンテ中でもファン笑顔に

  9. 『ストリートファイター6』キンバリーとジュリが“表情”で個性バリバリ発揮―「ゲームフェイス」機能トレイラー

  10. 令和最新版『A.V.A』がついに登場!人気オンラインFPS『A.V.A Global』Steam版サービス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top